2017年05月05日

Vol.1628「心の眼鏡を磨いていますか?」


「あの人の〇〇なところが苦手だ」

「あの人は〇〇するから嫌い」

「あの人とは性格が合わない」


などと、

人の悪いところや欠点は、

いくつも思い浮かぶものです。



しかし、それは、

原因を相手に求めることで、


「・・だから自分のやり方を変えたり、

 相手を知ろうと努力しなくていいんだ」


と、自己肯定するための言い訳

でもあります。



そして、

そのような状態を放置していると、

その人の心の眼鏡は徐々に曇り、やがて、

曇った心でしか相手を見れなくなってしまう

かもしれません。



「相手のやることなすことが気に入らない」


みたいな感じで・・(汗)



おそらく、そういう人に、


「欠点と同じ数だけ相手の良いところを挙げて下さい」


とお願いしても、

(曇って)見えていないから

困惑するのでしょうね。




まあ、

完全なるプライベートの場合は別として、

会社などのチームプレーが求められる中で

皆が曇った眼鏡をかけてしまうと、

もうそれは悲劇でしかありません。



社内は殺伐としますし、

その雰囲気は、

必ずお客様にも伝わります。



様々な場面において

負の波及効果ももたらすでしょう。




したがって、大切なのは、


1人1人が曇った心の眼鏡を磨く努力をする


ということ。



具体的には、日々、

自分の心と正対し、素直に向き合い、

あるがままの気持ちを言語化する(できれば書き出す)

のがよいと思います。



そうすれば、

曇りの原因が明らかになるでしょうし、

継続していく中でモヤモヤが晴れ、

眼鏡の透明度が増せば、


同じ事象であっても

相手の見え方や捉え方、そして自分のとる行動

が変わるはず。




私(安野)自身、

まだまだ曇っているのが現状ですが、これからも

相手に原因を求めるのではなく、

自分の心の眼鏡を磨く努力を続けたいものです。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 心の眼鏡が曇ると、やがて、

  曇った心でしか相手を見れなくなってしまう。

■ 日々、自分の心と正対し、素直に向き合い、

  あるがままの気持ちを言語化する(できれば書き出す)ことによって、

  曇った心の眼鏡を磨くことができる。

■ 相手に原因を求めるのではなく、

  自分の心の眼鏡を磨く努力を続けたいもの。








posted by 安野 広明 at 20:32| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

Vol.1627「“未来会計セミナー”のご案内」


「未来会計」とは、


「これからの経営に役立つ会計」


を意味します。



これに対し、

税務署や金融機関に提出する目的で作成する決算書を、

「過去会計」と呼んでいます。



この「未来会計」を用いることによって、


▼ どこに手を打てば利益が出るのか?


▼ 黒字にするために必要な売り上げはいくらか?


▼ 〇万円広告宣伝費をかけると、最低限いくらの売上アップが必要か?


▼ 競合会社が〇%安い価格で提示してきた場合、値下げしてでも受注するべきか?


などといった疑問を解消できるはずです。




弊社では、

上記の「未来会計」の考えを

中小零細企業に普及させることで、


「真の意味での経営へのお役立ちをしたい」


と願っています。



そこで、この度、

「未来会計」をテーマにしたセミナー

を開催することとしました。



セミナーの内容は、以下の通り。


▼ 未来会計の概要


▼ 利益が出る構造について

 (数字に苦手意識がある人にでも分かりやすい図を用いて説明します)


▼ 安易な値引きが利益にどのような影響を与えるのか?


▼ 何が打ち手となるのか?




「未来会計」を知っていただくことが目的ですので、

参加費は無料、

講師は私(安野)が務めます。




ご興味ある方は、

ぜひご参加くださいませ!



*詳細については、こちらからどうぞ。
      ↓
http://annokaikei.com/miraisemina29.5.pdf









posted by 安野 広明 at 17:33| 島根 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

Vol.1626「“ピラティス体操セミナー”のご案内」


突然ですが、

「ピラティス」をご存知でしょうか?



スポーツジムのように

体の一部分に負荷を加えて強くするもの

とは異なり、


体に負担をかけることなく、

ゆっくりと筋肉を鍛えられるのが「ピラティス」

だそうです。



「ピラティス」には、

例えば以下のような効果があります。



@ インナーマッスルを鍛え体の歪みが正常に戻る


A 固くなった体がほぐれて柔らかり、ケガをしにくくなる


B 血流がよくなり、代謝上冷え性の改善になる


C 胸呼吸法で自律神経を整え、身体の本来持っている力を高める


D 身体の深層部にある細かな筋肉を鍛え、結果的にダイエット効果が生じる




実はこの度、

弊社のお役立ちセミナーにて、

ピラティス体操を開催することになりました。



講師には、

田中美礼先生(*)をお招きします。



*講師プロフィール


島根県の津和野町生まれ

13歳の時に全国バレエコンクールジュニアの部で優勝

19歳でイタリアのバレエカンパニーに入団

2016年初めまでイタリア各地・国外でプロダンサーとして活動

2016年に帰国、バレエ指導、ピラティスの講師として活動ながら、ダンサーしての活動も継続中




本格的な経歴をお持ちの田中先生から

「ピラティス」のレッスンを受ける、

またとない機会です。



正直、運動不足極まりない私(安野)も受けたいくらい(笑)。




ご都合よければ、

ぜひご参加下さいませ!



詳細は、以下の通り。
    ↓
http://annokaikei.com/semina/29.5.pdf



 




posted by 安野 広明 at 07:57| 島根 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする