2017年10月01日

Vol.1777「リーダーに求められる条件とは?」


リーダーになるための条件の1つに、


「自己犠牲の精神」


があると思います。



「自己犠牲」と聞くと

何だか重苦しく感じるかもしれませんが(汗)、

具体的には、


会社の方針や、社内における自分の役割を理解し、

その上で、


「自分の感情」と「リーダーとしての役割」

とがぶつかった時に、

役割を優先することができるか?


ということです。



リーダーの立場になると、


いままで見えなかったことが見えてきたり、

いままでスルーしてよかったことが

スルーできなくなったりするため、


その度に自分の感情が揺らぎます。



そして、それがプラスの感情ならまだしも、

マイナスの感情の場合には、


「まあ、いいか・・」

という自分への甘えの気持ちや、


「あの人のせいで・・」

という自分以外の他者への怒りの気持ちが

湧き起こったりするものです。



まあ、それ自体は

人間だから仕方ないし、

実は、私(安野)自身も、

頭の中ではそんなことばかり(!?)考えています。



ただし、その感情を

そのまま流した(吐き出した)とすれば、

リーダーとしての役割は果たせない訳であって、


感情と役割のせめぎ合いになった時に、

「いや、待て待て・・」

と、いったん感情の波を静め、

役割を思い出し、

自分が今とるべき行動に

フォーカスしなければならない、


というか、

そういう思考の癖(習慣)をつける必要がある

と考えています。



私は7年間、経営者をやらせてもらっていますが、

7年やっても、

自分の感情が優先してしまいそうになる

のが正直なところ(汗)。



真のリーダーへの道は、

まだまだ長そうです・・


********************************************


【本日のまとめ】

■ リーダーには、「自己犠牲の精神」が求められる。

■ 「自分の感情」と「リーダーとしての役割」との

  せめぎ合いになった時に、「いや、待て待て・・」と、

  いったん感情の波を静め、役割を思い出し、

  自分が今とるべき行動にフォーカスできるのが、

  真のリーダーである。









posted by 安野 広明 at 08:13| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

Vol.1776「熱誠講演7000回!田中真澄先生講演会のご案内」


日本一の熱誠家である田中真澄先生(*)より、

ご講演の案内を頂戴したので、

紹介させていただきます。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1756「価値を決めるのは、何を言っているかではなく、何を実践しているか」
http://bplan.seesaa.net/article/453370541.html



田中先生は、

御年81歳にして生涯現役を貫いていらっしゃる、

私(安野)が尊敬してやまない先生です。



弊社の特別講演会では、

過去4回、ご登壇下さいました。



今回のご講演テーマは、

新刊のタイトルでもある、


『商人道に学ぶ時代がやってきた』


です。



どなたでもご参加可能な

一般向けの講演会は最近少ないようですので、

今回の講演会は、またとないチャンス。



ちなみに私は、

田中先生へのご挨拶を兼ねて、

福岡会場にお邪魔しようと思っています。




詳しくは、以下をご参照下さい。


東京会場 → http://www.pulse-p.co.jp/tanaka/index.asp


福岡会場 → http://www.sminet.jp/




よろしくお願いいたします!









posted by 安野 広明 at 18:22| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

Vol.1775「理想の社風にするには、とことん向き合うしかない」


昨日は、

静岡県浜松市都田(みやこだ)町にある

都田建設様(*)の会社見学ツアーに参加。


http://www.miyakoda.co.jp/



数か月前、知り合いの経営者から

「浜松市に凄い会社がある」

と同社のことを紹介され、

大変興味を持ったので、


代表をつとめていらっしゃる蓬台(ほうだい)浩明社長のご著書

を読み漁ったところ、

そのお考えや取組み内容、地域を巻き込んだ活動などに感銘。



<おすすめ本>

「お客様に選ばれる社風力をつくる」(蓬台浩明 著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4534050208/

「社員をバーベキューに行かせよう! ―結束と成果はこうすれば生まれる」(蓬台浩明 著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4492521844/

「吉田松陰の言葉に学ぶ本気の生きざま」(蓬台浩明 著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4774515051/

「誇りとなる会社の作り方 地方の中小企業が、なぜ国連に認められたのか?」(蓬台浩明 著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4774516228/



いつかは訪れてみたいと思っていたところ、

たまたまチャンスが巡って来たので、

強行スケジュールではありましたが、

思い切って行って参りました。




実際に訪れてみての感想は、


「このタイミングで行けて、本当に良かった〜」


です(笑)。



ツアーの参加人数が少なめだったので、

質疑応答タイムで質問できましたし、

蓬台社長とお話しすることもできました。



何よりも、

都田建設の社風を肌で感じられたのは、

非常に貴重な体験です。



現在の社風に至るまでには

かなりご苦労があったようですが、


蓬台社長の想いが社員1人1人に浸透している、

素晴らしい社風でした。



そのお陰もあって、自分の中で、

当社が将来目指したい、理想的な会社の姿

がくっきりと見えた、


そんな気がします。




今回の見学ツアーでの学びを

書き出せばきりがありませんが、

中でも印象に残ったものを1つ挙げるとすれば、


「社風は、何となくできあがるものではなく、

 明確な意図を持ってつくるもの

 であり、


 (自分にとって)理想の社風にするためには、

 メンバー1人1人と、とことん向き合うしかない」


ということ。



つまり、

経営者やリーダーが、

諦めず、時には我慢しながらも、

相手を信じ、想いを伝え続けるのです。



まあ、結局のところ、

経営に楽な道はない・・

ということですね(笑)。




そして、それを日々実践していらっしゃる

蓬台社長との出会いは、

私(安野)にとって、

大きな心の拠り所となりました。



いや〜、また、

凄い人に出会ってしまった・・。




本日は、

都田建設見学ツアーでの学び(のごく一部)を

書き記してみた次第。


****************************************


【本日のまとめ】

■ 社風は、何となくできあがるものではなく、

  明確な意図を持ってつくるもの。

■ (自分にとって)理想の社風にするためには、

  メンバー1人1人と、とことん向き合うしかない。










posted by 安野 広明 at 22:54| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする