2020年07月24日

Vol.2804「アウトプットしなければ意味がない!?」


先日開催した次世代リーダーの会(*)では、

最近、私(安野)がWeb等で新たに学んでいる

マーケティング系のコンテンツについて、

そのポイントをざっとお話しさせていただきました。


http://annokaikei.com/leader



正直、私の中でも

まだまだ落とし込めていない状態

だったのですが(汗)、

人前で話すことによって、私自身、

だいぶ思考が整理できた気がします。



やはり、

アウトプットすることの効果は

絶大ですね。




・・ご存知の通り、

コロナの影響もあって、

Web上のコンテンツがかなり充実してきました。



私のように、

新たな情報を仕入れている方も

いらっしゃるでしょう。



ただし、

インプットしただけでは、

やがて消化不良となり、

なかなか自分の中に定着しません。



大抵は、

「分かった気になっているだけ」

です。



実際に喋ったり、書いたりと、

アウトプットしてはじめて、

自分がよく理解できていなかったことに

気付かされますし、

思考が整理されていきます。



「インプットしただけ」

と、

「インプットしたことをアウトプットする」

との間には、

大きな隔たりがあるのです。



というか、

(趣味や時間潰しでインプットする場合を除き、)

そもそも何のためにインプットしているのか?

と言えば、

お客様や社員や周りの人に対してアウトプットするため

のはずですので、


アウトプットを前提としたインプット

でなければ意味がない


と言ったら言い過ぎでしょうか?




大量にインプットして、

「あ〜、今日も学んだな〜」

と自己満足する人は多いです。



確かに、やった気になるし、

充実感も得られるかもしれません。



しかし、

その先にあるアウトプットへつなげない限り、

何の価値にもならないことを、

肝に銘じておきたいものです。



自戒を込めて。


********************************


【本日のまとめ】

■ インプットしただけでは、

  やがて消化不良となり、

  なかなか自分の中に定着しないもの。

■ アウトプットを前提としたインプット

  でなければ意味がない。



<<<  お知らせ  >>>

「桃栗(ももくり)メルマガ」(無料)を始めました。

週1〜2回の配信予定です。

よろしければ、こちらからご登録下さい!

https://prime.shien-juku.com/index.php?action=R1&a=78&g=4&f=8



posted by 安野 広明 at 21:40| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月23日

Vol.2803「世の中は、選別されていく時代へ」


あくまで私見ですが、

これから世の中は、

選別される時代へ入っていくのだろうな〜

と考えています。



例えば、飲食店。



コロナ禍で、やむを得ずに

テイクアウトを始めたところは多いでしょう。



当然ながら、

店内で食べていた時には、

そのお店の雰囲気や店員の人柄なども含め、

トータルで価値を感じていたものが、

テイクアウトだと、

料理そのものでの勝負となります。



つまり、

誤魔化しがききません(汗)。



しかも、思いっきり、

他店と比較されます。



そうなった際に、

提供されるお弁当のクオリティが、

「これなら、家庭でも作れるよね」

というレベルだったとしたら・・。



おそらく、そのお店は、

次から選ばれなくなるでしょう。



お客様が求めているのは、

家庭では簡単に作れない、

「その店ならではの味」ですので。



つまり、お店側としては、

「とりあえずテイクアウトをやっとくか」

とか

「こんなものでいいか」

ではなく、

新商品の開発やSNSを活用した情報発信など、

努力を怠ってはならない

ということだと思います。




そしてこれ(=選別)は、

飲食店のみならず、

あらゆる業種で起こるでしょう。



弊社の属する会計業界にしても、

コロナで中小企業が大変な時期に、

具体的にどのようなアクションをとっているのかは、

間違いなく試されていますし、

お客様から見られているはずです。



ここで、

「あの時、何もしてくれなかった」

という印象を持たれてしまえば、

長い目で見た時に、

お客様から選ばれなくなるでしょう。



私(安野)自身、

そういった緊張感を持ちながら、

運営しているつもりです。



あと、現在、

雨後のタケノコの如く、

Youtuberやウェブセミナーが増えていますが、

今は一時的なブームで

視聴者数を増やせたとしても、


これだけコンテンツが溢れてくると、そのうち、

圧倒的に勝てるプレイヤーと全く勝てないプレイヤーとに

選別される気がしています。



視聴者の目も

肥えていくはずですので。




・・まあ、何はともあれ、

コロナによって一気に時代が先へ進み、

戸惑いを隠せない中ではありますが、


事業を行う上では、

選別される時代に入ったことを

認識した方がよいのかなと。



その上で、

自社が選ばれるための努力を怠らぬよう、

私自身、意を新たにした次第です。



何かのご参考までに。


************************************


【本日のまとめ】

■ 事業を行う上で、あらゆる業界において、

  選別される時代に入った。

■ 自社が選ばれるための努力を怠らぬよう、

  心がけたいもの。



<<<  お知らせ  >>>

「桃栗(ももくり)メルマガ」(無料)を始めました。

週1〜2回の配信予定です。

よろしければ、こちらからご登録下さい!

https://prime.shien-juku.com/index.php?action=R1&a=78&g=4&f=8


posted by 安野 広明 at 19:48| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月22日

Vol.2802「コツコツの極み、田中真澄先生新刊のご案内」


以前、

弊社の特別講演会でもお世話になった、

社会教育家の田中真澄先生より、

新刊が届きました。



なんと、

96冊目のご著書になるそうです。



御年84歳にして現役の講演家で、

なおかつ、

執筆活動も行っていらっしゃる・・。


(それもゴーストライターではなく、

 すべてご自身で書かれています)



心より尊敬いたします。



ご著書の中で、田中先生は、

こんなことを書かれていました。


(ここから)
  ↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

書斎の本棚には、

これまで書いた拙著の96冊が発刊順に並べられていますが、

それを見る度に、

「よくこんなに書けたものだ」

と思うことがあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ↑
(ここまで)



これはまさに、

「地道にコツコツ」の極みですね。



「やるべきことに努力を集中し、かつ、継続実行するのが、

 事を成就する決め手である」


と田中先生がおっしゃっているように、

このシンプルだけれども難しい原理原則を、

肝に銘じておきます。



これからも、

(一生追いつけないし、比べること自体おこがましいのですが 汗)、

人生の大先輩である田中先生を目標とし、

私(安野)自身、

日々を歩んで参る所存です。




とても読みやすい本なので、

よろしければぜひ、ご一読下さい。



このコロナ禍で、

自分の生き方をもう一度根底から

考え直さなければならない時期だからこそ、

必読の書です。



『幸せな人生を歩むための8つの法則』(田中真澄 著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4827602557/




posted by 安野 広明 at 14:39| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする