2019年11月23日

Vol.2560「主従の関係は、固定されない」


あくまで個人的な意見ですが、

私(安野)は、

「従業員」という呼び方が

あまり好きではありません。


(ですので、「社員」と呼んでいます)



なぜなら、「従業員」という言葉は、

経営者が「主」、従業員は「従」という、

一方的・固定的な表現だからです。



まあ、確かに、

雇用契約という形式的な意味では

そうなのかもしれませんが、実際に、

仕事をする上では、


主従の関係は固定されるものではない


と思っています。



すなわち、時と場合によっては、

経営者が「従」となり、社員が「主」となる

こともあるのです。



例えば、弊社の場合、

現場でのお客様対応は社員が「主」で、

経営者の私は、

あくまでサポート役(=「従」)

に徹しています。



もちろん、

全社的な方向性を決定する際には、

私が「主」で、社員は「従」となりますが、

このように、

主が従となり、従が主となることがあるのは、

どんな組織でも同じでしょう。




少し話は変わりますが、

ご承知の通り、


「君たち、いいですか〜?

 人という字はねぇ、ひとと、ひととが支え合っているから、

 人なんですよ〜」


とは、

3年B組金八先生の名言です(古い!)。



でも、「人」の字の見方によっては、

「支え合っている」というか、

左側の「主」の棒が、

右側の「従」の棒から一方的に支えられている(=もたれかかっている)

ようにも見えます。



もしも「従」の棒が、

「支えるのは疲れた」

といって離れてしまえば、

「主」の棒は、コテンと倒れてしまうでしょう。



ただし、

逆のことも言えます。



つまり、「主」の棒が、

「分かった、もうあなたは結構だよ・・」と、

愛想を尽かして退いてしまえば、

「主」を支えていたはずの「従」の棒も、

コテンと倒れてしまうのです。



結局、形の上では、

「従」が「主」を支えているように見えても、

実質的には、


相手の存在があるからこそ、それぞれが生かされている


と言えます。



金八先生、なかなか深いですね〜(笑)。




そのように考えると、

社員のお陰で経営者が存在し、

経営者のお陰で社員が存在する

のだから、

そこにはお互い、感謝の気持ちが必要ですし、


さらには、経営者と社員とは、

それぞれが「主」となったり、「従」となることで、

時代の変化にも柔軟に対応できる、

「一枚岩の組織」に近づいていける

のでしょう。



・・そんなことを感じました。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 時と場合によっては、

  経営者が「従」となり、社員が「主」となる

  こともある。

■ 経営者と社員の、

  それぞれが「主」となったり、「従」となることで、

  「一枚岩の組織」に近づいていけるはず。


posted by 安野 広明 at 23:58| 島根 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月22日

Vol.2559「伝統産業に新風を吹き込む、梅乃宿酒造5代目からの学び」


昨日は、

致知出版社主催の『徳望塾』に参加。



毎回、くじ引きでテーブルが決まるため、

新たな出会いがあるのですが、

今回は、私(安野)の目の前の方が、

仙台で13店舗の飲食店を経営されている

というO会長(創業者)でした。



いただいたお名刺に記載された店舗名を眺めていると、

なんだか見覚えのある名前が・・



なんと、今年の6月に、

弊社の社員研修旅行で仙台を訪れた際、

2日目の夜に利用したお店ではないですか(!)



しかもO会長は、

今年の9月に弊社の特別講演会で講師をおつとめいただいた、

S・Yワークスの佐藤芳直先生の勉強会でも、

長年学んでいらっしゃるのだとか。



偶然にしては、

でき過ぎているような気がします。



実は、

先月参加した際にも、

目の前に座られた方が、

天明茂先生が主催される「立命塾」という、

激レア(!?)な塾の卒業生(←私も数年前に卒業)でいらっしゃって、

かつ、

今月、大阪で開催される天明先生と日本経営の小池先生との

コラボセミナーに、たまたま二人とも参加予定

という、偶然っぷり・・。



なんだか最近、

ご縁の「引き」が強くなったみたいです(笑)。




それはさておき、

昨日のゲスト講師は、

奈良にある梅乃宿酒造(*)の、吉田佳代社長。


https://www.umenoyado.com/



120年以上の歴史を持つ酒造メーカー5代目

として、

伝統産業に新風を吹き込み、

業績を7倍に飛躍させた、

その体験や考え方についてお話し下さいました。



吉田社長は、たまたま私と同い年で、

しかも、ご主人が税理士ということもあって、

(勝手に)親しみを感じています。



同世代経営者のご活躍ぶりに、

かなり刺激をいただきました。



以下は、ご講演の中で印象に残った言葉(の一部)です。


▼ アルコールの国内市場は、ビール類が60%、日本酒は6%に過ぎない

  ビールはほぼ4社が独占、日本酒は小さな市場を1500の酒蔵で競っている

▼ ラーメン(一風堂)を食べながら日本酒を飲むのが海外では人気

  → 「ラーメンにはビール」というのは、われわれの思い込み

▼ 日本酒は、飲まず嫌いな人が多い

  → いかにフラットな気持ちで飲んでもらうか

▼ 何が正解とか間違っているとかは無い

▼ 「自分が思っていることと、周りが思っていることが違う」と気づいた時、気持ちが楽になった

▼ リーダーは、「決めない」のが一番の罪悪

▼ 強い想いを持っていたからこそ、周りがサポートしてくれた

▼ 何が何でも叶えたいことは、人に宣言する

▼ 自分がすごいと思う経営者の真似をする

▼ 今がベストでなければ、変えてみる

  → 「昔からやっているから・・」はナンセンス

▼ すべての原因は自分にある

▼ 過去と他人は変えられない、変えられるのは未来と自分だけ


などなど。



吉田社長、ありがとうございました!



本日は、備忘録ということで。


posted by 安野 広明 at 23:33| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

Vol.2558「“第5回コメディ・クラウン・サーカスin益田”のご案内(再)」


表題のイベントについて、

やっと、市内の保育所・幼稚園に

案内が行き渡りました。



多くの皆様にお越しいただけると

嬉しいです。



それにしても、

5回も開催していると、

ポスターやチラシを渡す際に、

「いつものイベントですね!」

「来年のお正月もやるんですね!」

とおっしゃっていただくこともあり、

徐々に認知度が高まっている

と感じます。



あとは、

もっとイベントの魅力が伝わるように、

伝える工夫をしなければ・・



とりあえず、

当ブログでも再掲いたします(笑)。



(ここから)
 ↓


来年の1月3日に、

『コメディ・クラウン・サーカスin益田』

を開催します。



こちらは、


「10年・20年先を見据えた地域貢献活動」


として行っており、

今回で5回目になります。



大変光栄なことに、この活動を、

内閣府補助事業の地方創生「連携・交流ひろば」(*)

でも取り上げていただきました。


https://www.chihousousei-hiroba.jp/video/short_movie.html



こちらの映像をご覧になっていただければ、

なんとなく雰囲気は伝わるかと。


(注)音が出ます。



親子3世代で楽しめる、

おすすめのイベントですので、

いまのうちから、

日程を押さえておいて下さいね(笑)


*過去のご感想は、こちらからどうぞ → http://annokaikei.com/thankyou



お正月の初笑いは、

『コメディ・クラウン・サーカス』で!


チラシはこちら → http://annokaikei.com/news/1996



よろしくお願いします!!


posted by 安野 広明 at 22:58| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする