2018年10月05日

Vol.2146「日本的経営にルールや見える化は必要か?」


社内をルールでガチガチに固め、

ルール通りに動いたかどうかをひたすらチェックする

のは、

欧米的な思想に基づくやり方

だと言われます。



そして、その前提として、

欧米の人は、

「チェックしないと動かない」

「白黒はっきりさせる」

という国民性があり、なおかつ、

チェックされても平気

なのだそうです。



これに対して、日本人は、

(一説によると、)

チェックして白黒はっきりさせられること

への耐性が低く、

過度なチェックをすればダメになる

という国民性なのだとか。



したがって、

欧米の思想をそのまま社内に取り入れる

のは危険で、


必ずしも、

白黒はっきりさせない

グレー(=いい加減?)な領域を設けつつ、

承認してあげることが大事

と教わりました。



なるほど、

経営やマネジメントの手法については、

戦後、欧米から入ってきた思想

に洗脳されがちですが、

やはり、その国の国民性に合ったやり方

が正しいのでしょうね。



とはいえ、実際には、

弊社にもそれなりにルールはありますし、

チェックも行っています。



また、業務の見える化をして、

いままでグレーだったのが

白黒はっきりするようになった領域

もあります。



この点について、

「それって、どうなの?」

「国民性に反していない?」

と思われそうですが(汗)、


個人的には、

(国民性の話と)不整合は生じていない

つもりです。




そもそも

欧米型のチェックや見える化の目的は、

「管理」にあります。



「チェックしないと動かない」

訳ですので、

雇用主が従業員を管理するために

ルールをつくり、チェックをします。



これに対し、

弊社で行うルールやチェックの目的は、

「思いやり」です。



過去のエントリ(*)にも

書かせていただいたように、

期限を守ることや、報連相をすることは、

すべて、

自分以外のメンバーへの思いやり

だと考えています。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.2134「期限を守る=周囲への思いやり」
http://bplan.seesaa.net/archives/20180923-1.html



もしもここが疎かになれば、

必ず、誰かにしわ寄せが行きますし、

当然ながら、

社内全体の雰囲気にも影響を与えるでしょう。



それでは、

助け合いや和を大切にする

日本的経営の前提が崩れてしまいます。



お互いの信頼関係を仕事のベースに置く

からこそ、

お互い守るべきことは徹底できるよう

見える化したり、チェックを行っている

のです。



もちろん、それが行き過ぎてしまうと、

窮屈で働きにくい職場になってしまいますので、

そこは気を付けなければなりませんが、


少なくとも、

「思いやり」や「助け合い」といった日本的経営のためには、

組織のレベルに応じた

ある程度のルールは必要だと

考えています。


*******************************


【本日のまとめ】

■ 日本人の国民性からすると、必ずしも、

  白黒はっきりさせない

  グレー(=いい加減?)な領域を設けつつ、

  承認してあげることが大事。

■ とはいえ

  「思いやり」や「助け合い」といった日本的経営のためには、

  組織のレベルに応じた

  ある程度のルールが必要ではないだろうか。





posted by 安野 広明 at 20:44| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

Vol.2145「意識のアンテナは、お客様の方を向いていますか?」


会社が発展するかどうかは、常に、

お客様の要求を満たすかどうか

で決まります。



社内の状況は関係ない

とまでは言いませんが、

いくら社員満足度が高い会社であっても、


提供している商品・サービスが

お客様の要求とズレてしまえば、

お客様から必要とされなくなり、

事業の継続は困難になるでしょう。



会社にとって、

お客様の要求を見失うことほど怖いものはない

のです。



したがって、


どうすればお客様の要求をより満足させることができるか?


を考え続ける必要がありますし、

そのためにも、

意識のアンテナをお客様の方に向けなければなりません。



ところが、長年業務をしていると、

社長や幹部が内部管理に明け暮れたり、

社員が上司の目ばかり気にしたりして、

そこに「お客様の要求」が欠けてしまいがち。



それでは、

その会社の発展は困難です。




「企業の成果は外部にある、内部にはない」


とよく言われるように、


まずは、現場でお客様と接する社員が

お客様の要求を肌で感じ取り、

それを社内で共有する。



そして、社長自らが

お客様へ表敬訪問し、

そこでの会話から、


要求を満たせているか、ニーズの拾い漏れはないか


を感じ取らなければならない

と考えています。




・・私(安野)自身、ここ最近、

あまり表敬訪問できていなかったので(汗)、

自戒を込めて書かせていただきました。



意識のアンテナは、お客様の方を向いていますか?


***********************************


【本日のまとめ】

■ 会社が発展するかどうかは、常に、

  お客様の要求を満たすかどうかで決まる。

■ 意識のアンテナは、

  お客様の方に向けなければならない。





posted by 安野 広明 at 17:17| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

Vol.2144「信用は、約束を守ることによって生まれる」


10月1日の弊社経営計画発表会(*)で

基調講演をおつとめいただいた

経営コンサルタントの渡辺雅文先生は、

事務所が福島県福島市にございます。


<おすすめ本>

『根っこづくりの経営』(渡辺雅文 著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4861137748/


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.2143「第34期経営計画発表会、無事に終了しました!」
http://bplan.seesaa.net/archives/20181002-1.html



当初は、福島から東京までご移動の後、

羽田発萩石見空港着の飛行機で

当日入りしていただく予定だったのですが、


先般の大型台風の影響を考慮して、

東京から新幹線で前日入りして下さることになってました。

(その場合、新山口駅から益田までは、私(安野)の車で移動)



ただ、前日の朝になって

私がインターネットで状況を調べていると、

「台風により、東海道新幹線が東京から新大阪までしか動かない」

という情報が!



「これはまずい」と思い、

急遽、渡辺先生にお電話を差し上げたところ、


「もう益田に着いてますよ〜」


とのこと。



なんと、

前日移動でもリスクがあると判断され、

前々日のうちに新幹線と山口線経由で

益田にお越しになっていたのです。



しかも、

私に気を遣わせないよう、

あえて連絡を入れなかったのだとか。



これには本当に、驚きました。



ご多忙の中、

長時間かけて(10時間以上)移動して下さったこと

への感謝はもちろんのこと、


その危機管理意識の高さや決断力、

「頼まれた仕事(=講演)に穴をあける訳にはいかない」

というプロ意識の高さは、流石です。



また同時に、

こういった渡辺先生の行動そのものが、

渡辺先生への信用や信頼を生み出しているんだな〜

と、実感しました。




・・ご承知の通り、

仕事とは、つまるところ、

相手との約束を守ることです。



したがって、

仕事でお客様や社内のメンバーの信用を得ようと思えば、

まずは約束を守ること、これに尽きます。



相手と約束をしておきながら、やらない、

相手との約束を軽く考えている

ような人が、信用されるはずありません。



もしもそんなことを繰り返していれば、

その人やその会社の信用は地に落ちますし、

商売も上手くいかないでしょう。



今回であれば、

台風という天変地異に関わることですので、

もしも渡辺先生が当日に間に合わなかった

としても明確な理由はありますし、


正直、私の中で、

基調講演の中止やそれに伴う開始時間や会費の変更等

も想定していました。



しかし、渡辺先生は、

こちらの想定を超える行動で、

依頼者である私との約束を優先して下さった。



これがさらなる

強固な信用へとつながる訳です。



いや〜、本当、勉強になります!




しかも、結果的に、

前日のお昼と夜の食事も

渡辺先生とご一緒でき、色々なお話を聞けたので、

個人的にはかなりラッキーでした(笑)。



ということで(?)、

以下は、無事に開催できた

基調講演での学び(一部のみ)です。



▼ 人口減 → 人がいないなら呼べばよい

▼ 大きくないとダメ、ではなく、小さくても強ければよい

▼ どの業種でも一番困るのは、危機感が無いこと

▼ 老舗企業がつぶれている

▼ 虎屋のような500年企業 → ここまでくるのは革新の連続だった、味は変わっている、不易流行

▼ 小さくても会社に魅力があれば人は集まる

▼ 足運びが大事 → なぜあのお店に人が集まるのか?

▼ 農業に経営を学ぶ

▼ 会社に足を踏み入れただけで、儲かっているかどうかが分かる

▼ 言っていることとやっていることの一致

▼ いまやっている仕事はいずれ無くなる

  何もしなければいずれつぶれる

▼ いまいいから、将来もいいとは限らない

▼ 経営の目的は、社員を幸せにすること

▼ 若いうちに努力しないで、いつするのか?

▼ 税金を納めることがだけが地域貢献ではない

▼ 中小零細企業は高級品志向でいきなさい(by 一倉定氏)

▼ いいものを使って、お客様の支持を得ること

▼ 売上規模は追及しない、つぶれない会社をつくる

▼ 大きな努力で小さな成果

▼ 一般客、知人客、友人客、信者客

▼ 浮気しないお客様を7割つくる

▼ 社員を甘やかすのではなく、幸せにする → 誇りを持たせる

▼ 社員のモチベーションを高めることが最大のコストダウンにつながる

▼ よい師と友をつくること

▼ 出会いが人生を根底から変える


などなど・・



渡辺先生、ありがとうございました!


**********************************


【本日のまとめ】

■ 相手と約束をしておきながら、やらない、
  
  相手との約束を軽く考えている

  ような人が、信用されるはずはない。

■ 仕事とは、つまるところ、

  相手との約束を守ることである。





posted by 安野 広明 at 22:16| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする