2018年05月15日

Vol.2003「“成果”は、組織の外部にある」


先日参加させていただいた

ドラッカー学会主催のフォーラムにおいて、

いまの私(安野)の心に響いたのが、


「成果は組織の外部にある」


という言葉でした。



言わずと知れた

マネジメントの父、故ピーター・ドラッカー先生の言葉で、

改めて、深い言葉だと感じます。




例えば、


「たくさんのありがとうを集め、日本の中小企業を元気にする」


という経営ビジョンを掲げている

当社にとっては、


「ありがとうの数」


が「成果」です。



「ありがとう」をいただけるように努力し続け、

たくさん集めることができれば、

結果として、


「日本の中小企業を元気にする」


につながると信じています。



そして、その、

「ありがとうの数」という「成果」をもたらすのは、

外部にいらっしゃるお客様。



したがって、いくら

組織内部の管理体制を見直したり、

社内数値の分析をしたところで、

「成果」にはつながりません。



内部にあるのは「コスト」だけ

だからです。




考えてみれば当然なのですが、

長い間、経営をしていると、

いつの間にか内部にばかり

意識が向いてしまうから不思議。



実際、

内部の方が身近だし、目につきやすいため、

どうしても気になるんですよね(私を含め・・)。




だからこそ、

とりわけ中小企業において

必要不可欠だと思うのが、

社長によるお客様訪問。



5分でも10分でも、社長自身が直接、

外部のお客様と接触を図るのです。



かくいう私自身、

時間がある時には、

できるだけお客様へ表敬訪問するよう

心掛けています。



基本、アポなしでお邪魔するため、

立ち話しで終わる場合もございますが、


それでも、相手の表情などから、

お客様の「声なき声」のようなものを

感じ取ることができ、


「成果」を得るためのリアルな「課題」


が見えてきます。




まあ、正直、

「課題」を直視するのは、

勇気のいることです。



ただ、捉えようによっては、

「課題」をクリアしていくことで、

着実に「成果」につながりますし、


何よりも、

「課題」を「課題」として認識できていないリスク

の方が怖いと感じます。



そのまま放置しておけば、

「成果」が得られないばかりか、

お客様は無言で去って行かれるかもしれませんので・・。




「成果は組織の外部にある」



頭では分かっていても、

それを行動に移せている経営者は

案外少ないような気がします。



私自身、まだまだできていませんので、

引き続き、


お客様への表敬訪問を愚直に実践していきたい


と思った次第です。


*******************************


【本日のまとめ】

■ 長い間、経営をしていると、

  いつの間にか内部にばかり意識が向いてしまいがち。

■ 中小企業において必要不可欠なのは、

  社長によるお客様訪問である。

■ 「成果は組織の外部にある」と肝に銘じ、

  「成果」を得るための行動を愚直に実践していきたいもの。








posted by 安野 広明 at 23:04| 島根 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

Vol.2002「目指しているのは、互いの信頼をベースに指摘し合える社風”」


社風には、

以下の3つの段階があります。


@ メンバーが互いに無関心

A 関心が無い訳ではないが、見て見ぬふりをする

B 互いに関心を持ち、かつ、指摘し合える



組織としてのチーム力を発揮できるのは、

言うまでもなく、Bです。



逆に、

チームワークがバラバラで機能しない

のが、@でしょう。



そして、中小企業に最も多い

と感じるのが、

Aの社風です。




Aの場合、

メンバー同士の仲が悪い訳ではないので、

社内の雰囲気も、

まあまあ良かったりします。



ただし、社内の基準に照らして、

他のメンバーの言動に気になる箇所があった

としても、


相手に注意や指摘するなど、

お互い、一歩踏み込むことはしません。



気になっていたり、

よくないと思っていても、

見て見ぬふりをするのです。



まあ、誰だって、

波風立てたくないですし、

相手から嫌われたくないので、

「自分からあえて言わなくても」

となる気持ちは

分からなくはないのですが・・



とはいえ、

見て見ぬふりの社風が常態化すれば、

メンバーそれぞれが「自分基準」で動き、


本来あるべき「会社基準」で

動く人とそうでない人との意識の差は、

広がってしまいます。



結果として、

一見するとチームワークは良さそうに見える

けれども、その実態は、


メンバーの意識の差が大きく、

足並みの揃っていない、

脆弱なチームと言えるでしょう。



そのままでは、

とても時代の変化に対応できません。




この点、私(安野)は、

相手を想ってのことであれば、

メンバー同士で指摘し合うのは当然ですし、


そんな社風を目指したい

と強く願っています。


(私の場合、高校サッカー部時代に、

 「もっと声を出そう!」とか「最後まで頑張ろう!」などと相手を励まし、

 チーム全体の士気を高めるのが

 副キャプテンとしての自分の役割だったため、


 「相手(やチーム)のために言う(=指摘する)」

 という当時の感覚が染み付いている

 のもあるかもしれません 笑)



言う側は、相手を思いやる気持ちを持ち、


言われた側は、勇気を持って指摘してくれたこと、

気付かせてくれたことに感謝できる、


というのが理想です。



経営陣が、強制力を発揮して

メンバーを指摘するのは簡単ですが、


いつも経営陣が口を出すようだと、

それこそ、

窮屈な、さらには殺伐とした社風になりかねません。



社内のメンバーが、

お互いに関心を持ち、指摘し合えるような、


厳しさと優しさを兼ね備えた社風、

見せかけではない、

本当の意味でチームワークの良い社風


を目指したいものです。


************************************


【本日のまとめ】

■ 見て見ぬふりの社風が常態化すれば、

  一見するとチームワークは良さそうに見えるけれども、その実態は、

  メンバーの意識の差が大きく、足並みの揃っていない、

  脆弱なチームとなる。

■ メンバー同士で指摘し合う際、

  言う側は、相手を思いやる気持ちを持ち、

  言われた側は、勇気を持って指摘してくれたこと、

  気付かせてくれたことに感謝できる、

  というのが理想。








posted by 安野 広明 at 22:44| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

Vol.2001「“第7回 Next MASUDA ともしびプロジェクト”のご案内(再)」


昨日は、東京にて、

ドラッカー学会主催の


「ネクスト・ソサエティ・フォーラム2018」


に参加。



テーマは、


「マネジメント×いい会社 〜社会性と生産性をどう両立させるか?〜」


です。



2名の師匠(と私が勝手に思っている方々)

のご講演も拝聴できて、

非常に有意義な時間でした。



今回の学びや気付きは、

当ブログの中でも、

随時、言語化いたします。



それにしても、

益田から東京までを日帰り出張する人って、

私(安野)くらいかもしれませんね。



山口宇部空港からの帰りの車中で、

ふと思いました(笑)。




・・本日は、あと1ヵ月ちょっとに迫った、

以下の講演会のご案内です!


*******************************************


今年も例年のように、

「Next MASUDA ともしびプロジェクト」

と題し、


「次世代リーダーの会」(*)主催で

地域を元気にする講演会を開催したします。


* http://annokaikei.com/leader



日時は、6月19日(火) 19時〜20時半、

場所は、EAGA 3階大ホール。



講師は、

みやざき中央新聞 魂の編集長、水谷もりひと氏で、

テーマは、


「人生を劇的に変える 魔法のメッセージ」


です。


<おすすめ本>

「日本一心を揺るがす新聞の社説」(水谷もりひと 著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4341084607/

「いま伝えたい!子どもの心を揺るがす“すごい”人たち」(水谷もりひと 著)
https://www.amazon.co.jp/dp/434108609X/

「仕事に“磨き”をかける教科書!」(水谷もりひと 著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4341086960/



今回は、参加者全員に、

みやざき中央新聞の見本誌をプレゼントいたします。



ちなみに、

みやざき中央新聞、通称「みやちゅう」は、

「感動の共感を世界に広げる」ために発行されている、

宮崎県発の全国紙です。



したがって、その内容に、

暗いネタや時事ネタは一切含まれておらず、


全国各地で開催された感動の講演会のダイジェストが

毎週月曜日に届けられるという、

一風変わった新聞となっています。


*バックナンバーのタイトルは、こちらから → https://miya-chu.jp/latest/




今回、水谷編集長をお招きする理由は2つあります。



1つは、

25年以上、編集長として熱いメッセージ(=社説)を書き続け、

かつ、数多くの著名人との出会いの中から学ばれた内容を、

お話しいただきたいと思ったこと。



もう1つは、

講演会の参加者に、

みやちゅうを通じて、

講演会後も学びを継続していただきたいことです。




講演会というのは、

ある意味、栄養ドリンクと同じで、


一時的な興奮・ハイテンションによって、

その時はやる気に満ち溢れるものの、

一晩も経てば、元に戻ってしまいがち(汗)。



私(安野)は、主催者として、

参加者のそんな姿を、数多く見て来ました。



ですので、


講演会後も学びを継続することが何より大切


だと痛感しており、

そのためのツールの1つとして、

みやちゅうをおすすめしたい

と考えているのです。


(もちろん、私自身、みやちゅうの愛読者)



あと、水谷編集長とは、

過去に何度かお会いしたこともあり、

お話しの内容やお人柄からも、

いつかは益田にお招きしたいと目論んでおりました(笑)。



きっと、

参加された皆様にとっても、

素晴らしい出会いになると思います。




ということで(!?)、

チケットのお申込みは、お早めに。



よろしくお願いいたします!




*詳細については、こちらからご覧下さい。
        ↓
http://annokaikei.com/wp-content/uploads/news_2018_0409_tomoshibi0619.pdf







posted by 安野 広明 at 17:58| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする