2019年02月09日

Vol.2273「経営計画書は、人を幸せに導くツール」


人は「習慣の奴隷」だと言われます。



例えば、

講演会等を聴いて学びを得たり、

考え方が変わったとしても、

数日経てば元の生活に戻ってしまうのは、

習慣が以前のままだから。



結局のところ、

習慣自体に手を加えない限り、

何も変わらないのです。



そして厄介なことに、

習慣というのは容易には変わりませんし、

見直そうと思えば、


「長い時間軸」と「繰り返しの力」


を要します。



ここを乗り切れるかどうかが、

勝負の分かれ目と言えましょう。




少し話は変わりますが、

昨日のエントリ(*)でも書いたように、

職場は、社員さんの「幸福実現の場」でなければならない

と考えています。


* ご参照下さい。
   ↓
Vol.2272「職場とは、‶幸福実現の場”である」
http://bplan.seesaa.net/archives/20190208-1.html



したがって、社員さんには、

仕事を通じて


幸せを引き寄せるような良い習慣


を身に付けていただきたいというのが、

経営者としての私(安野)の想いです。



そしてそのためにも、

弊社の経営計画書には、「方針編」の中に、


▼ 全社員で取り組む11の行動指針

▼ お客様への正しい姿勢

▼ 接客・電話等に関する方針

▼ 環境整備に関する方針

▼ 報・連・相に関する方針


などが盛り込まれており、

社内会議で内容を確認しながら

「繰り返しの力」が働くようにしているつもり。



まあ、(私を含め、)

習慣が身に付くまでには

まだまだ時間がかかるとは思いますが、

それでも「長い時間軸」と共に

良い方向へと向かっていくはずです。



そういう意味では

「方針編」の入った経営計画書

というのは、


社員さんを幸せに導くツール


とも言えるのではないでしょうか。



だからこそ

「人を大切にする経営」には、

経営計画書が不可欠だと考えています。


********************************


【本日のまとめ】

■ 人は「習慣の奴隷」であり、

  習慣自体に手を加えない限り何も変わらない。

■ 習慣を見直そうと思えば、

  「長い時間軸」と「繰り返しの力」

  を要する。

■ 幸せを引き寄せるような良い習慣

  が書かれている経営計画書というのは、

  人を幸せに導くツール

  と言えるのではないだろうか。



posted by 安野 広明 at 19:58| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

Vol.2272「職場とは、‶幸福実現の場”である」


われわれは何のために生活しているのか?

というと、

幸せになるためです。



これ以外の目的は無い

と思っています。



お金はそれを実現するための手段

に過ぎません。



ただ世の中には、

お金に執着したことによって、

不幸になる人もいます。



いつの間にか

目的と手段とが逆転してしまうのです。



これは仕事でも同じで、

本当は幸せになるために働いている

はずなのに、

いつの間にかお金を稼ぐことが目的

になっている人が多いのは事実。



結果として

幸せを感じられていないとすれば、

何のための仕事なのでしょうか・・。




もしかするとその原因は、

職場環境をつくり出す経営側にも

あるのかもしれません。



なぜならば経営者の重要な役割の一つが、


社員さんが幸せに働ける環境づくり


だからです。



そしてその際、意識したいのは、

幸せの3要素。



仕事の幸せには、


▼ 生活面(給与面)での安心

▼ 人(お客様やメンバー)から必要とされること

▼ 仕事を通じて成長できること


の3つがあると言われますが、経営者は、

社員さんが職場の中で1つ1つを充足できるよう

努力しなければなりません。



そうすることで職場を、

「幸福実現の場」にする。



弊社で目指している

「人を大切にする経営」の本質も、

そこにあります。




・・縁あって出会ったメンバーに

幸せを感じていただけるよう、

これからも「人を大切にする経営」を追求したい

と思っています。


*********************************


【本日のまとめ】

■ 経営者の重要な役割の一つは、

  社員さんが幸せに働ける環境づくりである。

■ 「人を大切にする経営」の本質は、

  職場を「幸福実現の場」にすること。



posted by 安野 広明 at 17:18| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月07日

Vol.2271「まずはバッターボックスに立つ」


昨日は

職業訓練校の生徒の方々が弊社にお越し下さり、

「企業講話」をさせていただきました。



毎年恒例なのですが、今回も、

「好きなように喋って下さい」

というオファーでしたので(笑)、

生徒の皆さんのこれからの就職活動をイメージしつつ、

「中小企業が求めるジンザイ」について

自分なりの考えを伝えることに。



とりわけ、最後に付け加えた

スティーブ・ジョブズ氏の「コネクティング・ザ・ドッツ」(*)

のエピソードと、それに関連した、

物理学者である佐治晴夫先生の

「あなたのこれからがこれまでを意味づける」

という言葉には、

私(安野)自身、過去に勇気付けられたこともあり、

ぜひ、生徒の皆さんにも参考にしていただければ

という想いで、お話しました。



「企業講話」を通じて、

多少なりともお役に立てたなら幸いです!


* ご参照下さい。
    ↓
Vol.517「点と点がつながって線になる」
http://bplan.seesaa.net/article/395097330.html


* ジョブズ氏のスピーチ全編をご覧になりたい方は、こちらをどうぞ(注:音が出ます)
    ↓
https://www.youtube.com/watch?v=XQB3H6I8t_4


************************************


2002年に開催された日韓ワールドカップの際、

カメルーン代表のキャンプ地に選ばれた中津江村(なかつえむら)

をご存知でしょうか。



カメルーン選手団が計画よりも大幅に遅れて到着したことや、

村を挙げてカメルーン代表を歓迎したことが話題となり、

一躍有名になりました。



しかし、そもそもなぜ、

人口1300人、かつ、サッカーという競技の存在を知らない村民が多数

という中津江村が、キャンプ地に選ばれたのか?



それは、当時の

坂本村長の決断にあります。



おそらく、村全体としては、

「キャンプ地に立候補したって、どうせ無理」

という否定的な意見が多かったでしょう。



そんな中、坂本村長は、


「でも、やってみなきゃ分からない。立候補だけはしてみよう。」


と、勇気を出して手を挙げたそうです。


(以上、みやざき中央新聞を参照)



この、村長の思い切った決断が、

結果として、

中津江村を全国的に有名な村にしました。



まさに、リーダーの見本だと思います。




・・周囲の理解が得られない時や、

やったことのない挑戦をする時、

大抵の人は、行動に移す前に無理だと諦めて

バッターボックスに立とうともしません。



もちろん

バッターボックスに立ったところで、

一塁に出られる保証は無いのですが、

まずは打席に立たなければ

勝負にすらならないのは事実です。



とりわけ

経営者やリーダーであれば、

坂本村長のように、


「まずはバッターボックスに立つ」


という、貪欲にチャンスを狙い続ける姿勢

が不可欠であると、

改めて考えさせられた次第。



本日は、備忘録を兼ねて。


************************************


【本日のまとめ】

■ 経営者やリーダーには、

  「まずはバッターボックスに立つ」

  という、貪欲にチャンスを狙い続ける姿勢

  が不可欠である。


posted by 安野 広明 at 22:40| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする