2017年02月15日

Vol.1549「否定的か、または(いったん)受け入れるのか、その反応の差は大きい」


何か新しい仕事を依頼すると、

まず否定から入る(もしくはそういう雰囲気を醸し出す)人が

たまにいます。



おそらく

変化に対する拒否反応というか、

否定的な思考習慣ができあがっている

のでしょう。



実は、私(安野)自身、

サラリーマン時代に似たような時期があったので

よく分かるのですが、

上記のような反応を示す背景には、

「自分に自信が持てない」という根深い問題

があるような気がします。



自信が無いから、新しいことを拒む訳です。



もちろん、

既に自分のキャパが目一杯なのであれば、

無理する必要はないと思います。



ただ、私が感じるのは、

いくら自信が無かったとしても、

いくらキャパが一杯だとしても、

最初から否定的な反応を示すのではなく、

とりあえず「ハイ」と言って受け入れてもらいたいな〜

ということ。



キャパ的に難しければ、

その後に話し合えばいいだけですので。



というのも、

逆の立場になって考えれば分かります。



依頼する度に否定的な態度をとられてしまうと、

その人に頼みづらくなるのは当然の心理ですし、

結果として、

頼みやすい人(とりあえず受け入れてくれる人)に仕事が集中し、

仕事の幅も経験も、差がついてしまうのです。



このことは、

組織としてもその人にとっても、

決して望ましいことではないはず。



私自身の過去を振り返ってみても、

上司から新しい仕事を振られることに対して

消極的・否定的で腰が引けていた頃は、

経験値も上がらず、全てにおいて停滞気味でした。



しかし、ある時、

「このままではいかん」と思い、

どんな仕事でもとりあえず前向きに受け入れてみようと

取り組み姿勢を切り替えてからというもの、

加速度的、雪だるま式に

経験値やできることが増え、

気が付いたら、それなりに自信もつきました。



まあ、そもそも

いまの仕事がつまらないしやりがいを感じない

ということであれば、

別の職場を探してもらった方がお互いのため

かもしれませんが(汗)、


そうではなく、

自信の無さから新しい仕事に対して否定的

になっているのであれば、どこかで


「とりあえずハイと受け入れる」


という発想に切り換えた方がよい

のではないでしょうか。



そんなことを考えました。


*******************************************


【本日のまとめ】

■ 新しい仕事の依頼に対して、

  否定的な反応を示すのか、とりあえずハイと受け入れるのか、

  その差は大きい。

■ 自分に自信をつけたいのなら、

  「とりあえずハイと受け入れる」

  という姿勢を心がけるべきではないだろうか。

  








posted by 安野 広明 at 12:49| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

Vol.1548「社内に“アウトプットの仕組み”はありますか?」


お客様や上司から

何かしらの報告を求められた際に、

「事実を正確に伝えること」

はもちろん大切ですが、

そこで思考を停止してはダメ

だと考えています。



自らの思考のフィルタを通し、

(事実に対して)どういう意見を持ったのか

まで言えてはじめて、

その仕事のプロと呼べるのではないでしょうか。



実は、弊社では、

毎朝の朝礼で「3分間スピーチ」を実施している

のですが、

こういった取組みも、(思考停止することなく、)


思考のフィルタを通して(自分ごととして)物事を捉え、

意見を伝えるための「訓練」


だったりします。



まあ、「3分間スピーチ」と聞くと、

どこの会社でもやっている、ありきたりな取組み

と思われるかもしれませんが、

私(安野)的にはけっこう重視していて、

上記のような目的のために

形骸化させることなく徹底し、


自社の社風や企業文化にまで高めていきたい


と願っているのが正直なところです。




・・だからといって、別に、

「3分間スピーチ」を推奨している訳ではありません(笑)。



ただ、

社内のメンバーがアウトプットする機会を

日常の仕組みとして取り入れることで、

(与えられたテーマ等について)常に考える習慣を身に付けていただき、


その結果として

1人1人が(思考停止せず)自らの意見を持つことが常態化すれば、


組織全体としても

「柔軟性」が高まったり、「成長の余地」が大きくなるのではないか

と思った次第です。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 自らの思考のフィルタを通し、どういう意見を持ったのか

  まで言えてはじめて、

  その仕事のプロと呼べるのではないだろうか。

■ 社内のメンバーがアウトプットする機会を

  日常の仕組みとして取り入れ、

  1人1人が(思考停止せず)自らの意見を持つことが常態化すれば、

  組織全体としても

  「柔軟性」が高まったり、「成長の余地」が大きくなるはず。









posted by 安野 広明 at 17:47| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

Vol.1547「“出会い力”を高める」


私(安野)はこれまで、

数多くの「良き出会い」に恵まれてきました。



島根の片田舎に住んでいる割には(?)、

けっこうな確率だと自負しております。



では、なぜそんなに「良き出会い」が生まれるのか

というと、


意識的に出会いの数を増やしているから


に他なりません。



出会いの数が多ければ多いほど、

「良き出会い」に巡り合う確率が高くなるのは、

当然でしょう。



しかも、

一流の人との出会いを求め、

チャンスがあれば飛び込んでいきますので、

必然的に、出会いの質も高まる訳です。




この点、


出会いというのは偶然的なものだ


と思い込んでいらっしゃる人も多いようですが、

出会いは

「待っていれば向こうからやってくるもの」

ではないと思います。



積極的に出会いを求め、

「良き出会い」のチャンスを多くつくれる人が、

「出会い力」のある人

であり、

良縁を手にするのではないでしょうか。




「人生は、出会った人で決まる」


と言われます。



私もまだまだですが、

これからも自分に可能な範囲で

出会いのための行動を起こし、

「出会い力」を高めていきたいものです。




もちろん、

知り合いが多ければよいというものではなく、

出会いを生かすためにも

常に自己研鑽を怠ってはならないことは

言うまでもありませんが・・。


****************************************


【本日のまとめ】

■ 出会いの数が多ければ多いほど、

  「良き出会い」に巡り合う確率が高くなる。

■ 出会いは、「待っていれば向こうからやってくるもの」ではない。

■ 人生は、出会った人で決まる。









posted by 安野 広明 at 20:36| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする