2017年08月07日

Vol.1722「経営戦略の本質である“模倣困難性”を生み出すべく、積極的に“模倣”する」


昨日は、

わが益田市の気温が

今夏全国1位の39.3度を記録したということで、

全国ニュースで放送されました。



観測史上最高だそうです。



何事も、

「日本一」というのはインパクトがありますが、

猛暑での日本一は勘弁願いたいですね(汗)。



数年前、

週刊東洋経済の特集で、

「安全・安心な街」

として全国1位に選ばれた時(*)のような、

前向きな日本一だといいのですが・・



*ご参照下さい。
   ↓
2013年2月18日「イメージのギャップ」
http://bplan.seesaa.net/article/323643313.html


******************************************


「真似をする」とか「模倣する」


というと、

それが例え正しい選択であったとしても、

なんとなくズルさやネガティブさ

を感じてしまうものです。



また、一般的に、

「真似」や「模倣」は、

「独自性」や「創造性」とは逆の発想と捉えられがち

だと思います。



しかし、

例えば芸術の世界において、

独創的だと評価されるもののほとんどは、

過去の偉大な作品を参照している

みたいですし、


ビジネスの世界においても、

数々の業態革新を行った

ウォルマートの創業者は、


「私がやったことの大半は、他人の模倣である」


と公言しています。



また、iphoneを開発した

アップルのスティーブ・ジョブズですら、


「素晴らしいアイデアを盗むことに

 我々は恥を感じて来なかった」


という言葉を残しているそうです。




したがって、われわれはまず、

「真似」や「模倣」に対する捉え方や固定観念を

変える必要があると思います。



とりわけ

ビジネスにおいては、

積極的に同業や異業種の良いところを

(もちろん法律に抵触しない範囲で)

真似させていただき、


それらを結びつけることによって、

独創性を打ち出せないかを考える

べきでしょう。



そうやって、


真似して取り入れる、

また別の所から真似して取り入れる


といった営みを繰り返すことで、やがて、

どこにもないオリジナルの価値を確立できれば、

それがそのまま


「模倣困難性」や「代替不可能性」


となり、

同業他社に簡単に真似されることのない

競争優位を保てるはず。




「真似」や「模倣」は、

最高の創造性であり、

経営戦略の本質なのです。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 「真似」や「模倣」に対する捉え方や固定観念を

  変える必要があるのではないだろうか。

■ 「真似」や「模倣」は、最高の創造性であり、

  経営戦略の本質である。










posted by 安野 広明 at 23:01| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

Vol.1721「人生は続くよ、どこまでも」


昔から

ハッピーエンドで終わる映画やドラマを見ると、


「いいな〜、自分もあの主人公みたいになりたいな〜」


と思うことがあります。



そして、

主人公と自分とを重ね合わせ、

映画の世界に入り込む・・


そんな妄想を抱いたことがあるのは、

私(安野)だけではないはずです(たぶん)。



しかし、現実の世界は、

そう甘くはありません(当たり前ですけど 汗)。



何よりも、

直視せざるを得ない真実があります。



それは、


「人生は続く」


ということ。



映画やドラマのように、

ハッピーエンドで終了!とはならず、

その後も、物語りは続くのです。



例えば、

昔は成功者と呼ばれ

世間の憧れの的だった人が、

薬物依存や暴行事件で逮捕された

なんてニュースを耳にしますよね。



少し極端ではありますが、

そのように、

まったく想定外のストーリー展開となってしまう人も

中にはいらっしゃるかもしれません。



また、

スポーツや文化・芸術の世界で言えば、

仮に

日本新記録を樹立したり、芥川賞を受賞した人が、

直後に引退するのならまだしも、


現役を続ける以上は、

世間の期待値が上がり、


前回と同じ成果を出すのは当たり前、

もしも前回以上の記録や作品を出せなければ

「期待外れ」の烙印を押されるという、

物凄いプレッシャーに苛まれるはずです。



弊社で毎年主催しているセミナーやイベントですら、

お客様の期待値が上がるほど、

前回よりもよいものにしなければ

というプレッシャーを感じますので・・。




このように

映画やドラマと異なり、

「人生は続く」

という前提で捉えた場合、

やはり大事になってくるのは、


「日常の過ごし方」


だと思っています。



であるからこそ、私自身、

こうして地道にブログを書いたり、

空いた時間で本を読んだりしているつもりです。



はっきりいって

即効性はないし、地味だし、

誰かに評価されることもありませんが、

根気強く積み重ねていくことで、必ず、


後半からの伸びにつながる


と信じています。




これから先、続いていく人生ストーリーを、

楽しく、感動に満ちた展開にするべく、

日常における地道な努力を継続する。



そういう感覚を、

大切にしたいものです。





・・久しぶりに、

かなり感情移入できる映画と出会い、

そんなことを考えました。


*******************************************


【本日のまとめ】

■ 現実の世界は、

  映画やドラマのように、ハッピーエンドで終了!

  とはならず、

  その後も、人生の物語りは続いていく。

■ 「人生は続く」という前提で捉えた場合、

  やはり大事になってくるのは、

  「日常の過ごし方」ではないだろうか。










posted by 安野 広明 at 19:26| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

Vol.1720「“情熱”は、“論理”に勝る」


世の中には

様々なコミュニティ(勉強会・交流会など)が存在しますが、

多くの場合、

起ち上げ当初は盛り上がっても、

半年、1年、2年・・と時が経つにつれて、

マンネリ化し、参加者も徐々に減り、

やがて自然消滅してしまうものです。



そして、その原因は、

運営の仕方うんぬんではなく、


コミュニティの中心にいる人物の情熱


だと考えています。



人は、

情熱を持って何かに取組んでいる人に魅かれるもの。



▼ あの人と一緒にいると、自分の心に火を点けてくれそう

▼ あんなに頑張っているなら、応援してあげたい


みたいな感じで、

損得や論理的思考抜きにして、

周りの人が自然と集まってくるのです。



そういう意味において、


情熱は、論理性や合理性に勝る


と言えるでしょう。



いや、むしろ、

中心人物の情熱なしに

論理を振り回したところで、

そのコミュニティが活性化することはあり得ない

と思っています。




そして、このことは、

会社に置き換えても同じ。



勢いのある会社、成長している会社の経営者は、

例外なく

情熱をたぎらせているはずです。




中心にいる経営者が、

情熱を燃やし続けているのか?



私(安野)自身、経営者として、

こらからも情熱を燃やして参ります!


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 人は、情熱を持って何かに取組んでいる人に魅かれるもの。

■ 情熱は、論理性や合理性に勝る。










posted by 安野 広明 at 21:56| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする