2021年04月02日

Vol.3056「他業種からのアナロジーを活用しましょう」


事業について考える際、

他業種からのアナロジー(類推)を用いると

かなりのヒントが得られる

と思っています。



弊社であれば、最近、

事業構造的に類似していて

模倣対象になると気付いたのが、

学習塾です。



ご存知の通り、学習塾は、

学校のように多人数制の画一的な授業

とは異なり、

少人数制あるいは個別指導で、

生徒1人ひとりの学力レベルや学ぶ意欲など

に応じて柔軟に対応します。



授業で使うテキストも、

国の検定を受けたものに限らず、

学ぶ目的や内容によって多種多様です。



両者の差は、

学校がすべての生徒に

できるだけ平等に教育を行うのに対し、

学習塾は、

1人ひとりにフォーカスし、

生徒の持つ可能性や個性を生かし、

才能を開花させ、ゴールへと導く

といったスタンスの違い

と言えるでしょう。




そして弊社が目指しているのも、

この学習塾のようなスタンスです。



お客様の社長や幹部を

生徒に例えるのはおこがましい

かもしれませんが、仮に

そのように置き換えるとすれば、

少人数制(=幹部会議)または個別指導(=社長の個別レッスン)

によって、

お客様の理解度に応じた説明を行い、

その可能性を引き出し、経営のゴールへと導く、

そんなイメージになります。



その際に用いるテキストは、

画一的なものではなく、

お客様用にカスタマイズされた

あんの式月次決算書。



お客様からいただく

月々の顧問料(またはコンサル料)は、

月謝(授業料)のようなものでしょうか。



もちろん、

コロナによって主流となりつつある、

オンライン個別指導も可能です。



まさに、弊社の事業は、

会社(大人)版の学習塾といえます。


*だからこんなサービスを付け加えました(笑)
http://annokaikei.com/service




そして、そのように考えると、

何より重要となってくるのが、

所属する講師陣(=社員)の教える技量でしょう。



しっかりと相手を観察しながら、

1人ひとりを正しく導くだけの

授業(=説明)ができるのか?



聞く所によれば、学習塾の中には、

授業の満足度について

生徒が講師に対する評価点をつけ、

人気講師とそうでない講師とを明確にする塾

もあるそうですね。



その結果、

人気講師にばかり生徒が集まり、

不人気講師のクラスには閑古鳥が鳴く・・

みたいな。



お客(生徒)のニーズを考えると、

本来はそれが正しい姿なのでしょう。



まあ、弊社では、

さすがにそこまで

(ある意味)残酷なことはしませんが、

ただ、社員全員が講師となり得る以上、

導く立場としての緊張感を持って仕事に取組み、

少しずつでも技量を上げてもらう

必要があります。



このように、

学習塾のアナロジーを用いることで、

弊社としてやるべきことが

はっきりとしましたし、

今後、学習塾について研究すれば、

弊社に転用できるヒントが

さらに見つかるでしょう。




抽象度を高め、構造として捉えれば、

他業種であっても、いや、

他業種だからこそ、

事業のヒントは眠っているはず。



そういう意味において、

現在の業種の枠組みの中だけで

思考するのは、

非常にもったいないと思っています。



以上、何かのご参考までに。


*******************************


【本日のまとめ】

■ 抽象度を高め、構造として捉えれば、

  他業種であっても、いや、他業種だからこそ、

  事業のヒントは眠っているはず。

■ 現在の業種の枠組みの中だけで思考するのは、

  非常にもったいない。



<<<  お知らせ  >>>

「桃栗(ももくり)メルマガ」(無料)を始めました。

毎週月曜日の配信予定です。

メルマガでしかないご案内もあります。

よろしければ、こちらからご登録下さい!

https://prime.shien-juku.com/index.php?action=R1&a=78&g=4&f=8


posted by 安野 広明 at 22:44| 島根 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月01日

Vol.3055「経営計画書(サンプル版)のご案内です」


弊社では、数年前より、

経営計画書を経営に活かすこと

を強くおすすめしており、

当ブログにおいても、しつこく(!?)

ご案内してきました。



そして、ご興味をお持ちいただいた方には、

弊社の経営計画書をサンプルとして

お見せしています。



ただ、最初期に比べれば

かなりボリュームを削ったものの、

それでも弊社の経営計画書は90ページあり、

多くの方は、初見で、

高いハードルを感じられるようです。



そこで、以前から、


「読み手の心理的なハードルを下げ、

 行動に移していただくために、

 もっとライトな形のものを作れないか?」


と思案しておりました。



また、伝説の経営コンサルタントであり

「社長の教祖」の異名を持つ、故・一倉定先生も、

経営計画書は20ページ以下で作るように

とおっしゃっています。




・・上記を踏まえて、この度、

約20ページの経営計画書(サンプル版)

を製作いたしました。



こちらであれば、

お気軽に手に取っていただける

と思いますし、

弊社としても配布しやすいです。



とりあえず

ニュースレターかけはしの送付先には、

4月発送予定の春号に同封いたしますので、

ぜひご覧になってみて下さい。



それ以外の方で、

ご興味ある場合には、

お問合せいただければ

無料で贈呈いたします。

(数量限定、郵送料のみご負担下さい)


* お問合せはこちら
http://annokaikei.com/contact



以下は、チラ見せです(笑)。


IMG_4013.JPG


IMG_4012.JPG


IMG_4014.JPG


IMG_4015.JPG


IMG_4016.JPG


IMG_4017.JPG



よろしくお願いします!



<<<  お知らせ  >>>

「桃栗(ももくり)メルマガ」(無料)を始めました。

毎週月曜日の配信予定です。

メルマガでしかないご案内もあります。

よろしければ、こちらからご登録下さい!

https://prime.shien-juku.com/index.php?action=R1&a=78&g=4&f=8

posted by 安野 広明 at 21:30| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月31日

Vol.3054「逆転ホームランを目指して、フルスイングすべし!」


経営を行う上で、

「こうすればきっと上手くいく!」

と期待して取組んだところで、

思い通りになることは

ほとんどありません。



分かりやすい例で言えば、

広告宣伝のための新聞折り込み。



最初の頃は、


「広告を打てばたくさんの人の目に触れて、

 ジャンジャンお申込みいただけるだろう」


といった希望的観測を抱くものですが、

たいていは、梨のつぶて状態に・・。



私(安野)なんて、

空振りだらけです。



実際、広告や企画など、

こちらから何かを仕掛けた時に、

「無反応」ほど

モチベーションが下がることはない

訳でして・・。



過去には、私自身、

(反応に対する)期待値が高ければ高いほど、

何度も心が折れそうになりました。



まあ、この点に関しては、

もはや慣れてしまい、

アイアンハート(=鉄の心臓)に

なりつつありますが w。




それはさておき、

同じ空振りでも、

中途半端にバットが出ちゃった

ような空振りなのか、

フルスイングなのかによって、

その後につながるかどうかが

大きく変わってきます。



上記の新聞折り込みの例であれば、

ただ単に印刷会社に任せてチラシをまくのか、

それとも

ターゲットや訴求ポイントを明確にし、

そこから逆算した作り込みや

そのための情報収集を行い、

エリアや曜日までリサーチした上でまくのか。



やはり、どうせやるなら徹底的に、

自分の中でやり切ったと思えるまで

取組むべきでしょう。



私自身、

いまだ空振りだらけではありますが、

それでも、フルスイングできた時には、

その空振りから

知恵や経験やご縁などが得られ、

それらを次の打席に活かすことで、


スイングするバットとボールの距離が

徐々に縮まり、

そのうち、バットをボールに当てて

ファールを打てるようになり、

やがて、

内野ゴロくらいは返せるようになり、

さらに、たまーに

ぼてぼてのヒットを打てるようになった、

そんな感覚がございます。



選球眼が身に付いた

とまではいきませんが、少なくとも、

初めて打席に立った時に比べれば、

打率は高まったのかなと。



おそらくこれが、

毎回、中途半端な空振りばかり

していたとすれば、いまだに

ファールすら打てていないと思います。



まあ、将来的にステージが変わり、

ピッチャー(=取り組むべき経営課題)のレベルが

一段も二段も上がれば、

また、ボールにかすりもしなくなる

のでしょうけど(汗)。



ただ、それはそれで、

成長の証ではないかと、

前向きに捉えています。




ヒットやホームランが打てたかどうか?

はもちろん大切ですが、

それ以上に、


自分なりにフルスイングできているか?


にフォーカスしてみてはいかがでしょう。



いつの日か、

一発逆転ホームランを打っているイメージ(!)

を胸に抱きつつ、

これからも1つ1つの取組みに、

フルスイングしたいものです。



そんなことを考えました。


********************************


【本日のまとめ】

■ 成果はもちろん大切だが、

  自分なりにフルスイングできているか?

  にフォーカスしてみてはどうだろうか。

■ 打席に立ち、フルスイングを続けていれば、

  成長できるはず(!)。



<<<  お知らせ  >>>

「桃栗(ももくり)メルマガ」(無料)を始めました。

毎週月曜日の配信予定です。

メルマガでしかないご案内もあります。

よろしければ、こちらからご登録下さい!

https://prime.shien-juku.com/index.php?action=R1&a=78&g=4&f=8


posted by 安野 広明 at 23:00| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする