2017年03月17日

Vol.1579「世の中の“マジックミラー構造”を認識する」


世の中には、どんな分野においても、


「見えている(気付いている)人」から、「見えていない(気付いていない)人」は見える


けれども、


「見えていない(気付いていない)人」から、「見えている(気付いている)人」は見えない


という、

マジックミラーのような構造があります。



これは、

人それぞれの「視点の高さ」や、「俯瞰できている範囲」

からもたらされるもの。



いい悪いは別として、

視野が狭い人にとっては

「見えているものが世界のすべて」

であり、

部分を全体だと錯覚してしまうため、


見えていない領域(=見えている人の世界)を

認識できないのです。




私(安野)は、こういった

世の中の構造を知ってからというもの、

安易に分かった気にならないよう

心がけているつもりですし、


積極的に外に出て、

価値観の異なる人や異業種の人に会うことで、

自分の見える範囲を広げられるように

意識してきました。



まだまだ見えないことだらけですが、

少なくとも数年前の自分よりは、

見える範囲が広がっているはず(!?)です。



そして、そうやって視点を高めていくことが、

その人にとっての「成長」と言えるのではないか

と、最近は考えるようになりました。




過去の経験によって「常識」をつくり上げ、

視野が狭くなり、

裸の王様状態になることだけは避けたいもの。



そのためにも、


「見えている(気付いている)人」から「見えていない(気付いていない)人」は見える


けれども、


「見えていない(気付いていない)人」から「見えている(気付いている)人」は見えない


というマジックミラー構造を認識し、

常に思い込みを疑い、

外に目を向け続けなければならない

と考えております。




ちょっと分かりにくくてすいません・・。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 世の中には、どんな分野においても、

  「見えている(気付いている)人」から、「見えていない(気付いていない)人」は見える

  けれども、

  「見えていない(気付いていない)人」から、「見えている(気付いている)人」は見えない

  という、

  マジックミラーのような構造がある。

■ 裸の王様状態にならないためにも、

  常に思い込みを疑い、外に目を向け、

  視点を高めることが大事。








posted by 安野 広明 at 19:08| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

Vol.1578「“感情”は、形にすることで持続できる」


本を読んで発奮したり、

映画を観て感動したり、

人から親切にされて感謝したり、


そうやって得られた「感情」というのは、

「受動的なもの」です。



その本や映画や人によって、

「感じさせられている」

に過ぎません。



そして、一時的に

感動したりやる気になったとしても、

そのまま放っておけば、

2〜3日で元の状態に戻ってしまいます。



(受動的な)「感情」は、


そのまま何もしなければ消えてなくなる


のです。



では、どうすれば、

「感情」を持続させることができるのでしょうか?




この点、以前、

知人から紹介してもらった『心のブレーキの外し方』(石井裕之著)

という本によると、


「感情」を自分のものにするためには、

「感情」が消える前に、「行動」に変えることが大切


なんだとか。



例えば、ビジネス書を読んで、

「このやり方は使える!」と思ったなら、

本を閉じると同時に

「やることリスト」に書き出してみる、


ボクシング映画を観て

「あんな肉体になりたい!」と思ったなら、

観終わったらすぐ

筋トレメニューを決める、またはトレーニングジムに申し込む(笑)、


人から親切にされて

「ありがたいな〜」と思ったら、

すぐに感謝のハガキを送る


などが考えられます。



「そのうちいつか」

にしないことがポイントでしょうか。




言い換えると、


受動的な「感情」を、能動的な「行動」に転換する


ということです。



それはあたかも、

いままで助手席に乗せられていた人が、

自分でハンドルを握るようなイメージ。



ハンドルを握るという能動的な「行動」

に切り替わった瞬間から、

そのドライブは自分のものとなり、

「感情」も持続するはずです。




・・ということで、

せっかくの体験(読書等)を生かすためにも、

「感情」は、消えてなくなる前に

能動的な行動(=形)に転換するよう心がけ、

できる限り持続させたい

と思った次第。




本日は、備忘録ということで。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 「感情」を自分のものにするためには、

  「感情」が消える前に、「行動」に変えることが大切。

■ 言い換えれば、

  受動的な「感情」を、能動的な「行動」に転換する

  ということ。









posted by 安野 広明 at 19:06| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

Vol.1577「“よっしゃ、ラッキー!”は、最強の口癖」


過去のエントリ(*)で、

口癖が自分の思考に与える影響について

書かせていただきました。



*ご参照下さい。


Vol.1565「“くれない族”から“与える集団”へ」
http://bplan.seesaa.net/article/447553854.html


Vol.1202「意識的に自分の口癖をチェックする」
http://bplan.seesaa.net/article/434597835.html


Vol.721「“だからこそ”を口癖にしてみる」
http://bplan.seesaa.net/article/408686427.html


Vol.670「“いや〜、ありがたいな〜”を口癖にする」
http://bplan.seesaa.net/article/405712790.html




実は最近、


「この口癖は最強だな〜」


と感じた言葉があります。



それは、


「よっしゃ、ラッキー!」


というもの。



息子と共に

半強制的に(?)視せられている、

スーパー戦隊シリーズ『宇宙戦隊キュウレンジャー』の

シシレッド(名前はラッキー)の口癖です(笑)。



このシシレッド、

チャンスの時はもちろんのこと、どんなにピンチでも


「よっしゃ、ラッキー!」


と雄叫びを上げて、

困難を打開していきます。



そして、その影響を受けたうちの息子は、

玩具を片付けるように親から叱られても、


「よっしゃ、ラッキー!」


と叫んでおります。



まあ、そうやって

うまく誤魔化しているだけなんですけど・・。




それはさておき、この言葉、

息子につられて口に出してみると、

なんだかそれだけで前向きになれるし、

エネルギーが湧き上がってくる気がします。



いや、ほんとに。



ですので、私(安野)の中では、

習慣にしたい口癖ランキングの上位にランクイン、

というかむしろ、最強かも!?

と密かに思っているところです。




このようにして、ことあるごとに

普段使う口癖を意識的に選別し、

自らを奮い立たせてくれたり、一瞬で気持ちが切り替わるような

口癖を増やしておくことは、

人生のあらゆる場面でプラスに作用する

のではないでしょうか。



別に、


「よっしゃ、ラッキー!」


じゃなくてもよいのですが(汗)、

少しずつ集めておくことをおすすめします。





『秘密戦隊ゴレンジャー』以降、

スーパー戦隊シリーズは5人が常識だと思っていたのに、

ついに9人まで増えたことへの驚きと、

さらに玩具が増えることに憂慮しつつ、

無理やりネタにしてみました。


****************************************


【本日のまとめ】

■ 「よっしゃ、ラッキー!」は、最強の口癖!?

■ 普段使う口癖を意識的に選別し、

  自らを奮い立たせてくれたり、一瞬で気持ちが切り替わるような

  口癖を増やしておくことは、

  人生のあらゆる場面でプラスの作用をもたらすはず。









posted by 安野 広明 at 20:17| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする