2017年06月19日

Vol.1673「リーダーは、“メダルを集めるサル”であってはならない」


サルにバナナを与える代わりにメダルを与え、

そのメダルとバナナを交換するように習慣付けると、

サルはやがて

メダルを集めるようになります。



そして、その後、

メダルをバナナと交換するのをやめても、

サルはメダルを集め続けるそうです。



「バナナを手に入れる」

という当初の目的を忘れ、

本来は手段であるはずの

「メダルを集める」

という習慣の奴隷になってしまうのです。




実は、このことは、

人間社会にもそのまま当てはまります。



つまり、人間も、

「メダルを集めるサル」の如く、


習慣や思い込みによって、無意識に、

時代にそぐわない役立たないものを

集め続けてしまうということ。




例えば、ひと昔前まで

多くの人にとってのステータスだった、

「学歴」や「地位」や「名誉」なんていうのもそう。



いまだに学歴志向や大企業志向から抜け出せない人は、

時代が変わったにもかかわらず、

過去の常識にとらわれている

としか思えません。



このようにして、多くの人は、

役に立たないメダルに心を奪われ、

集めようとし続けるのです。



もはや

バナナは手に入らないにもかかわらず・・




ただし、

経営者や組織のリーダーが、

「メダルを集めるサル」の状態(!?)

であってはなりません。



ちなみに

ここでいうメダルとは、

バナナを得るための手段であり、そして、

バナナに当たるのが「利益」や「信用」

といったところでしょうか。



リーダーは、

そのメダルがもはや役に立たないものであることを

自分で見抜き、


次の時代に必要なものを

自分で発見しなければ、


時代の変化に取り残されてしまいます。




過去のエントリ(*)にも書かせていただいたように、

リーダーとして、常識を疑う勇気を持ち、


「われわれが集めようとしているメダル(=個別具体的な手段)は、

 バナナを手に入れる(=目的を達成する)ために、

 本当に必要なものなのか?」


を、意識したいものです。



*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1666「勇気を持って常識を疑い、可能性を広げる」
http://bplan.seesaa.net/archives/20170612-1.html


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 人間も、「メダルを集めるサル」の如く、

  習慣や思い込みによって、無意識に、

  時代にそぐわない役立たないものを

  集め続けてしまう。

■ リーダーは、そのメダルがもはや役に立たないものであることを自分で見抜き、

  次の時代に必要なものを自分で発見しなければ、

  時代の変化に取り残される。










posted by 安野 広明 at 23:45| 島根 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

Vol.1672「行動を加速させるなら、“見切り発車”くらいが丁度いい」


昨日は

『相田みつを美術館』(*)へお邪魔し、

相田一人(かずひと)館長にご挨拶&(簡単な)打ち合わせ。


*ご参照下さい。
   ↓
http://www.mitsuo.co.jp/museum/index.html



相田館長は、言わずと知れた

書家の相田みつを先生のご長男でいらっしゃいます。



1991年に先生が亡くなられた後、

『相田みつを美術館』を開館されました。



私(安野)は、当ブログのタイトルである

「一生勉強 一生青春」を

作品から拝借していることからお分かりの通り、

相田みつを先生のファンでして、

美術館へは何度も足を運んでいます。



毎回、

その時の心の状態によって

自分に響く作品(=言葉)が変わり、

新たな気付きが得られる、

貴重な場(=パワースポット!?)の1つです。



今回、相田一人館長とのご縁は、

以前より懇意にしていただいている方からのご紹介

で生まれました。



10月には、

弊社の経営計画発表会の基調講演の講師として

お招きします。



ちなみに、打ち合わせの結果、

ご講演テーマは


「一生勉強 一生青春 〜父、相田みつをを語る〜」


になる予定。



私の一番好きな言葉を入れていただきました(笑)。



とても謙虚なお人柄で、

相田館長に益田で再会できるのが

いまから楽しみです!


****************************************


上記の通り、弊社では、

10月に経営計画発表会を開催します。



対外向けに実施するのは、

33期目にして初。



しかも、相田一人館長を

ゲスト講師としてお招きすることに決めました。



外部会場(発表会&懇親会)も、既に押さえてあります。




これだけ聞いた方は、もしかすると、


自社の経営計画書に余程自信があり、かつ、入念な準備がなされているんだろうな〜


と思われるかもしれません。



いや、私自身、そうであって欲しい・・。



しかし、正直に申しますと、

ざっくりとしたスケジュール以外、

現時点ではほぼ白紙の状態です(汗)。



むしろ

まだまだ経営計画書を使いこなせていないし、

社員やお客様に対しても説明不足だし、

若干、焦っている状況。



完全に、見切り発車でございます。



もちろん

当日ご参加いただく皆様に失礼のないよう、

これから急ピッチで仕上げていきますけど。




何が言いたいかというと、

いままでにやったことのない新しい取組み

を、スピード感を持って行動に移すには、


「完璧な準備ができてから」ではなく、

「見切り発車」くらいが丁度よいのではないか


ということ。



これまでも、

自分が講師を務めたセミナーで、初開催のものは、

ほとんどすべて、

やることを公言してから本格的な準備をしています。



一定の負荷はかかりますが、

そうやってゴールを決めて公言し、

逆算の思考で準備をすれば、

確実に行動が加速するからです。




もしも

いまよりも行動にスピードをつけたいのであれば、

この「見切り発車」効果を活用してみては

いかがでしょうか。




ということで、

私の場合、しばらくの間は

経営計画書で頭がいっぱいになりそうです・・


**************************************


【本日のまとめ】

■ いままでにやったことのない新しい取組みを、

  スピード感を持って行動に移すには、

  「完璧な準備ができてから」ではなく、

  「見切り発車」くらいが丁度よいのではないだろうか。

■ ゴールを決めて公言し、

  逆算の思考で準備をすれば、

  確実に行動が加速する。








posted by 安野 広明 at 19:12| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

Vol.1671「“即断即決で、いますぐやれるかどうか”を判断基準とする」


昨日は

午前中から夕方にかけて、

古田土会計主催の研修に参加。



終了後は、

同研修のために全国各地から集まった同業の方々と、

熱気溢れる懇親会でした。



ご一緒させていただいた皆様、

たくさんの刺激をありがとうございます!


****************************************


「試験勉強の7段階」


という戯れ言があります。



1段階 家に帰ったらやろう

2段階 晩御飯を食べたらやろう

3段階 お腹がいっぱいだから、少し休んだらやろう

4段階 このテレビ番組を観終ったらやろう

5段階 徹夜して頑張ろう

6段階 明日の朝、早起きしてやろう

7段階 ええい、こんちくしょう(=ぶっつけ本番 笑)




高校時代の私(安野)は、

まさに7段階の状態が続き、

当初は学年上位だった試験成績も、

みるみるうちに転落し、授業についていけなくなった・・

という苦い経験があります。



いま思い出しても、

あの頃は本当に酷かった(というかまともに勉強した記憶が皆無)

です(汗)。



なので、当時のトラウマもあり、

社会人になってからは、

できるだけ「前倒し」「前のめり」を心がけているつもり。



とはいえ、たまに

「先延ばし癖」が顔を出すことはありますけど・・。




ところで、なぜ、

やると決めたことが先延ばしになってしまうのでしょうか?



実は、

「〇〇の後にやろう」という言葉には、

「いまはしたくない」という強い拒否感

が隠れています。



つまり

決心を先延ばしにするということは、

変化を望む表向きの発言とは裏腹に、内心では、


「絶対に変化したくない」


と言っているようなもの(!)

なのです。



したがって

いざ実行すべき時がきても、

あたかも試験勉強の如く、

その決心はさらに延長される可能性が高いでしょう。




少し極端かもしれませんが、

(物理的な事情でできない場合を除き、)


もしもいますぐにやれないのであれば、

それはもう、「やる」とか言わない方がよい

気がします。



心が拒否している訳ですし、また、


「やる」と言っておきながら実行に移さず、

中途半端になっている状態の方が、

その人にとっても、周りの人にとっても、

精神衛生上よろしくありませんので。



よって、

新たな取組みを実行するに際しては、


「即断即決で、いますぐやれるかどうか」


を、1つの判断基準とすべき

だと考えています。




実行に移すのに、

スタートのための完璧なタイミングなんて

ありません。



最も実行に適したタイミングは、

「いま」しかないのです。


*******************************************


【本日のまとめ】

■ 決心を先延ばしにするということは、

  変化を望む表向きの発言とは裏腹に、内心では、

  「絶対に変化したくない」と言っているようなもの。

■ 新たな取組みを実行するに際しては、

  「即断即決で、いますぐやれるかどうか」

  を1つの判断基準にすべき。

■ 最も実行に適したタイミングは、「いま」しかない。









posted by 安野 広明 at 23:43| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする