2019年06月07日

Vol.2391「経営はやり過ぎない”がいい」


社内のルールを細かく決めてチェックし、

それを徹底させる。



そしてルールが守れなかった社員に対して、

ペナルティを与え、罰する。



こういった西洋的な発想を信奉している経営者は、

多いと思います。



それもそのはず、

世の中に出回っている経営書の大半が、

欧米から輸入されたものだからです。



かくいう私(安野)も、

以前は、信奉者の1人でした。




ただ最近では、私自身、

経営者として色々な勉強をさせていただく中で、

だいぶ考え方が変わった気がします。



もちろん、

お客様あっての会社ですので、

サービスの根幹となる最低限の行動に対しては、

業務がスムーズに流れるよう、

チェックしなければなりません。



時には、そこに

厳しさも必要でしょう。



しかし、それ以外の細かなルールについては、

完璧を求めない方がいいのかなと。



まあ、だからといって、

いつもルーズでよい訳ではありませんが(汗)、

ルーズすぎてもダメだし、タイトすぎてもダメ、

ルーズとタイトが、

交互に、「いい加減」に、丁度よく出てくる・・

そんなイメージです。




「過ぎたるは及ばざるがごとし」


のことわざの通り、

何事もやり過ぎると、長くは続きません。



ルールを絶対視し、

あまりに無駄を排除すれば、

そこで働く人たちに余裕がなくなったり、

息苦しい雰囲気で

コミュニケーションが図りづらくなったりして、

むしろ非効率なことすらあると思います。



効率一点張りではなく、

お互いの人間的な弱さも認めながら、


ルールよりも、思いやりで成り立つ経営


を目指したいものです。



そんなことを考えました。


*********************************


【本日のまとめ】

■ 世の中には、
 
  西洋的な発想を信奉している経営者が多い。

■ あまり細かなルールについてまで、

  完璧を求めない方がいいのではないだろうか。

■ 効率一点張りではなく、

  お互いの人間的な弱さも認めながら、

  ルールよりも、思いやりで成り立つ経営

  を目指したいもの。

posted by 安野 広明 at 23:27| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

Vol.2390「地味だけれど最強の習慣とは?」


ある本に書いてあったのですが、

心理学者のロバート・キーガン氏によると、


「人が大きく変わるのは、一歩下がって内省し、

 その結果について判断を下す時」


だそうです。



このことが正しいとすれば、

もしも本気で変わりたい人は、


内省(=自分と向き合い、思考を言語化する)を地道に繰り返していく


のがよさそうですね。



そして、

どんな時に内省するのが効果的か?

というと、圧倒的に、

順境の時よりも逆境の時でしょう。



これは、私(安野)自身の経験からしても、

確信を持って言えます。




実際、わりと順調な時というのは、

内省しても、たいした気付きは得られません。



当ブログも、私にとっては

内省ツールの1つなのですが、

つつがなく事が運んでいる時には、

あまりネタが浮かばずに苦労します(汗)。



しかし、逆境の時には、

気付きの量が倍増し、

ブログのネタもポコポコと浮かんでくるのです。



やはり、

問題や課題に直面すると、

否が応にも真剣に考えるからでしょうか。



そういう意味では、

逆境の時期に内省することは、


自分が大きく変わるチャンス


と言えそうです。




内省の習慣は、

逆境すらプラスにしてしまう、


地味だけれど最強の習慣である


と、改めて思った次第。



日常生活の中に、

内省の時間を取り入れてみてはいかがでしょうか。


**************************************


【本日のまとめ】

■ 本気で変わりたいなら、

  内省(=自分と向き合い、思考を言語化する)を地道に繰り返していく

  のが効果的。

■ 日常生活の中に、

  内省の時間を取り入れてみてはどうだろうか。

posted by 安野 広明 at 23:52| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

Vol.2389「謙虚さは、力なり」


ある程度の年齢を重ねると、

エゴやプライドが頑固になり、

いつの間にか

謙虚さを失うものです。



その結果、素直に


「ありがとうございます」

「すいませんでした」


と言えなくなった人は、やはり、

周囲との関係性も崩れていきます。



謙虚さを失うことは、

良好な人間関係を保つ上で、

百害あって一利なし。



きっと、誰しも、

頭では理解しているでしょう。




少し話は変わりますが、

海には、川の水が流れ込み、

そしてその水には、

森の栄養分が含まれています。



なぜ、海に、

栄養たっぷりの水が流れ込むのか?



当然ですが、それは、

海が低いところに位置しているからです。



水は、高いところには流れず、低きに流れる。



こういった自然の摂理と同様、

低く低く、謙虚にしていれば、

人を通じて、いい情報やチャンスが入ってくると、

以前、ある方に教わりました。




そういう意味では、

謙虚でいることは、

人間関係を良好に保つだけではなく、

人生にもよい流れをもたらす

と言えそうです。



また、そうだとすれば、

過去のエントリ(*)にも書かせていただいたように、

成功されている一流の人ほど謙虚である

というのも、頷けます。


* ご参照下さい。
   ↓
Vol.1927「一流の人、器の大きい人の特徴」
http://bplan.seesaa.net/article/457220799.html




もちろん、

謙虚であり続けるというのは、

口で言うほど簡単ではないですし、

ある意味、修行のようなものでしょう。



常に、自身のエゴやプライドとの葛藤

が生じますので。



それでも、その都度、


「これは修行だ!」

とか

「下へ下へ、低く低く!」

とか

「(よい流れをもたらすという意味で、)謙虚さは力だ!」


みたいな言語を脳内で回しながら、


してもらったことには

「ありがとうございます」、


誰かに迷惑をかけた時には

「すいませんでした」


を発する(=行じる)よう心がけていれば、

結果として、

ストレスの少ない人間関係やチャンスが手に入る

と信じています。



・・自戒を込めて。


***********************************


【本日のまとめ】

■ 人は、年齢を重ねる程にエゴやプライドが頑固になり、

  いつの間にか謙虚さを失うもの。

■ 謙虚でいることは、

  人間関係を良好に保つだけではなく、

  人生にもよい流れをもたらす。

■ いつでも「ありがとうございます」や「すいませんでした」を

  を発する(=行じる)ことができる人は、結果として、

  ストレスの少ない人間関係やチャンスを手に入れる

  のではないだろうか。


posted by 安野 広明 at 22:09| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする