2021年04月08日

Vol.3062「“あの人は特別”を言い訳にしない」


他人と比較して、


「あの人は特別だから(自分はできなくても仕方ない)」


と自らを納得させたり、


「(どうせ)自分はこれくらいが分相応だ」


と自己限定したり。



私(安野)を含め、多くの人が

陥りがちな思考です。



いずれも、自らの可能性を

狭める方向に働くため、

あまりよろしくはないのですが、とりわけ、

「あの人は特別」

といった思考グセは要注意でしょう。



セミナーや講演会に参加しても、

「あの講師は特別だから・・」

となり、

他社(他人)の成功事例を聞いても、

「あの会社(社長)は特別だから・・」

となり、

ビジネス書を読んでも、

「この著者は特別だから・・」

と思考停止する。



それでは、

せっかくの学びのチャンスから、

何も吸収できなくなってしまいます。




「特別な人」という意味では、

テレビの世界はまさにそう。



画面に映る人物は皆、

才能で食べている「特別な人」

に見えますよね。



実際、すべてアドリブで喋れるような

天才的な人もいらっしゃるのでしょう。



ただ、皆がそうかといえば、

そんなこともない訳でして。



例えば、

アドリブの効いた司会で有名な

元SMAPの中居正広さんは、

「準備の中居」と呼ばれるほど

徹底的にシミュレーションをしているそうです。



「事前にちゃんと準備ができないのは、怖い」


と語り、

分厚いノートを1年に3冊ほど更新。



そこには、

気になる文章や言葉はもちろん、

本を読んでいて分からなかった漢字、

いいなと思った音は「〇〇の間奏の〇分〇秒目の音」

といったレベルで

詳しくメモするのだとか。



知人の紹介で先日読んだ

『ジャニーズは努力が9割』(霜田明寛著)

という本の中に書いてありました(笑)。



また、


「中居は、本当は苦手だった話すことも、

 綿密な準備と努力により、

 克服していきました。

 そして日本の司会者の頂点まで

 登りつめていったのです。」


ともあります。



こういう話をすると、


「いやいや、そうは言っても特別でしょ」


と思われるかもしれませんが、

もしかするとそれは、無意識のうちに

「あの人は特別」

というレッテルを貼り、

自分が努力しなくていい、

自分に許しを与えるための言い訳(!?)

になっている可能性があるので、

ちょっと危険です。



大切なのは、

そこから何を学び、

具体的に何を実践するか、

それだけでしょう。




自分のいままの能力では

分不相応な環境に直面した時、

自らの「分」に対して大きすぎると感じて

すぐに逃げ出すのではなく、

その環境の中で

精一杯に努力し続ける。



そうすることで、

「分」自体が大きくなっていくと、

新しい「自分」に出会えるはずです。



自己限定や言い訳はほどほどにして、

目先の努力にフォーカスして参りましょう!



・・と、

自らに言い聞かせるの巻(汗)。


*******************************


【本日のまとめ】

■ 「あの人は特別」といった思考グセは、

  学びのチャンスがあっても、

  何も吸収できなくなるので要注意。

■ 自己限定や言い訳はほどほどにして、

  目先の努力にフォーカスしたいもの。



<<<  お知らせ  >>>

「桃栗(ももくり)メルマガ」(無料)を始めました。

毎週月曜日の配信予定です。

メルマガでしかないご案内もあります。

よろしければ、こちらからご登録下さい!

https://prime.shien-juku.com/index.php?action=R1&a=78&g=4&f=8

posted by 安野 広明 at 22:25| 島根 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月07日

Vol.3061「いつの時代でも、確かなのは肌感覚」


社員教育がしっかりしていて、

社員にやる気があって、

環境整備が行き届いていれば、

それだけで会社に利益が生み出せるかというと、

そんなことはありません。



会社の内部のみならず、


「こんなものが欲しかった」


とお客様に言っていただけるような

差別化された商品・サービスを提供し、

外部のお客様のニーズと接続できてはじめて、

利益が出るようになります。



したがって、


「どうやってうちの商品・サービスをお客様に売るか?」


ではなく、


「どうやってお客様のニーズに

 うちの商品・サービスを合わせていくか?」


が正しい考え方です。



そして、お客様のニーズは、

時代や環境の変化に伴って

常に移り変わりますので、

よくよくお客様を観察する必要が

あるでしょう。



そのためにも、

商品・サービスを開発する立場にある人、

中小企業であれば経営者自身が、

外部のお客様との接点を持つことが重要です。




少し話は変わりますが、最近は、

デジタルツールの普及によって、

直接お会いしなくても、画面上での

コミュニケーションが図りやすくなりました。



ただ、個人的には、

(コロナによる制約がある場合を除き、)

できる限り

お客様の会社に足を運び、

店舗商売であれば店頭に立つことで、

お客様に対する肌感覚を大切にしたい

と思っています。



顧客データ分析などによる

ニーズの把握も有効ですが、やはり、

肌感覚ほど確かなものはありません。



そうやって、

お客様との接点をつくり、

肌感覚でニーズをつかみ、

そのニーズに対して

自社の商品・サービスをつくり変えていく。



そういった営みなくして、

利益は生み出せないのです。




とにかく、気を付けたいのは、

経営者が内部のことばかりに時間を割き、

なおかつ、内部がよければ

それで満足してしまっているパターン。



もしも、商品・サービスが

外部のお客様のニーズとズレていれば、

それは単なる自己満足ですし、

会社としての成果に

つながるはずはありません。



そのままだと、

お客様も社員も不幸にしてしまうでしょう。



経営者やリーダーは、

常に外部へ意識を向け、

肌感覚を大事にしながら

お客様のニーズをつかんでいきたいものです。



自戒を込めて。


*****************************


【本日のまとめ】

■ 「どうやってお客様のニーズに

   うちの商品・サービスを合わせていけるか?」

  が正しい考え方である。

■ 常に外部へ意識を向け、

  肌感覚を大事にしながら

  お客様のニーズをつかんでいきたいもの。



<<<  お知らせ  >>>

「桃栗(ももくり)メルマガ」(無料)を始めました。

毎週月曜日の配信予定です。

メルマガでしかないご案内もあります。

よろしければ、こちらからご登録下さい!

https://prime.shien-juku.com/index.php?action=R1&a=78&g=4&f=8


posted by 安野 広明 at 23:30| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月06日

Vol.3060「毎日続ける方が、キツイようだけれども楽という話」


昨日配信した

桃栗メルマガ(*)の「編集後記」にも書いたのですが、

実は先々週末に、

ぎっくり腰の一歩手前のような状態

になってしまいました。


https://prime.shien-juku.com/index.php?action=R1&a=78&g=4&f=8



おそらく、昨年末から3ヶ月以上、

毎日の筋トレによって

腰にかなりの負荷をかけてきたので、

痛みが一気に出たのだと思います。



あまりの痛さに、

コルセットを巻き、痛み止めを服用し、

会社での朝のラジオ体操もできず・・



もちろん、

筋トレも一時中断しました。



1週間が経ち、だいぶ楽になったので、

先週末から軽めの筋トレを

再開しています。



そうすると、早速、

ふくらはぎや太もも裏に筋肉痛が・・



たった1週間でも、

何もしなければあっという間に

筋力が衰えることを体感しました。



また、それ以上に、

自宅で筋トレモードに入るまでの

心理的なハードルが、

若干高くなった気がします。



例えば、

運動会の玉転がしで、

それなりに大きくて重めの玉を転がす際、

転がっている間は楽ですが、

いったん玉が止まって、再び転がし始める時には

力が必要ですよね。



まさにそんな感じで、

何事も、リスタートには

(肉体的にも精神的にも)

エネルギーをを要するのです。




そのように考えると、

何かを習慣化しようと思うなら、

期間が空くことで

いちいちエネルギーを使うよりも、

毎日続ける方が、

キツイようで、結果的には楽

と言えるのではないでしょうか?



まあ今回は、腰の激痛という

やむを得ない中断でしたが、

人によっては、1週間も空けば、

リスタートのエネルギーに抗えず、

そのまま筋トレが完全にストップする

なんてこともあり得るはずです。



私の場合、

わりとすんなり再開できたものの、

それは、そうなるような環境(=コミュニティ)

を整えていたお陰であって、

もしも環境が無く、独自でひっそり続けていた

とすれば、


「これを機に、しばらく筋トレはお休み!」


となっていた公算が大きい

と思います(汗)。




・・ということで、

「たまにガッツリ」よりも

「毎日少しずつ」の方が結果として楽

ですし、それこそが、

途切れさせずに習慣化させるコツ

であることを、

今回の体験を通じて

改めて考えさせられたので、

書き記してみました。


********************************


【本日のまとめ】

■ 何事も、リスタートには

  (肉体的にも精神的にも)エネルギーをを要する。

■ 「たまにガッツリ」よりも

  「毎日少しずつ」の方が結果として楽。



<<<  お知らせ  >>>

「桃栗(ももくり)メルマガ」(無料)を始めました。

毎週月曜日の配信予定です。

メルマガでしかないご案内もあります。

よろしければ、こちらからご登録下さい!

https://prime.shien-juku.com/index.php?action=R1&a=78&g=4&f=8

posted by 安野 広明 at 23:02| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする