2019年10月10日

Vol.2516「成長が止まった痛い人!?にならぬように・・」


人は、年齢と共に、

保守的になる傾向があります。



また、ある程度の経験を積めば、

経験則だけでも、

それなりの仕事はできるでしょう。



それ故に、多くの人は、

だんだんと勉強しなくなります。



ある意味、

仕方ないことかもしれません。



ただ、やはり、


勉強しなくなった人は、成長が止まる


のも事実です。



そしてそれは、

本人が気付かずとも、

周りの人からは、

知識がアップデートされているかどうか

は一目瞭然。



例えば、

十数年前に学んだような

知識やノウハウを、いまだに

得意げに語るコンサルタントを見て、


「ちょっと残念だな〜」


と思った経験があるのは、

私(安野)だけではないはずです・・。




したがって、

新入社員の時のような

必死さや貪欲さを持って勉強する

のは難しいにしても、

「成長が止まった痛い人」にならぬよう(!?)、


学び続けること自体は不可欠


と言えましょう。



また、その際、

「勉強しなければ・・」

という義務感だけだと限界があります。



昨年、ノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑氏が、

研究の原動力は、


「何かを知りたいという好奇心だ」


とおっしゃっているように、

仕事においても、

自身の仕事やお客様に対する「好奇心」

がベースにあると、

学びのモチベーションにつながりやすい

のかもしれません。



そして、そのためにも、

まずは自分と向き合い、


「自分は何をやりたいのか?」

「何に興味があり、何にワクワクするのか?」


といったことを言語化するところから、

始めてみてはいかがでしょうか?



自戒を込めて・・


***********************************


【本日のまとめ】

■ 勉強しなくなった人は、成長が止まる。

■ 自分の仕事やお客様に対する「好奇心」

  がベースにあると、

  学びのモチベーションにつながりやすい。

■ まずは自分と向き合い、

  「自分は何をやりたいのか?」

  「何に興味があり、何にワクワクするのか?」

  といったことを言語化するところから、

  始めてみてはどうだろうか。


posted by 安野 広明 at 22:03| 島根 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月09日

Vol.2515「“人を大切にする経営実践講座(第二期)”の最終講が終了しました!」


昨日は、

『人を大切にする経営実践講座』(*)

の第6講を開催。


*http://annokaikei.com/news/1815



最終講の今回は、この半年間での成果や、

今後の取組みについて、

各社にプレゼンしていただきました。



それぞれ熱のこもった発表で、

後ろで聞いていた私(安野)も

身が引き締まると同時に、


「この講座を企画・運営できて、本当に良かった!」


と、心から思いました。



参加メンバーの皆様、

本当にありがとうございます!



「人を大切にする経営」を実現するため、

これからも共に、切磋琢磨しながら、

「学び」と「実践」を継続して参りましょう。



半年間、お疲れ様でした!!



以下、当日の様子です。


・オープニング

IMG_1686.JPG



・小林先生による最終講義

IMG_1700.JPG


IMG_1697.JPG



・ワーク&シェアタイム

IMG_1701.JPG


IMG_1705.JPG



・最終プレゼンでの皆さんの発表内容には、かなり刺激を受けました!

IMG_1706.JPG



・半年の総括

IMG_1732.JPG



・修了証の授与

IMG_1741.JPG



・最後は集合写真をパシャリ

IMG_1746.JPG



・お仕事の都合で欠席者が多くなってしまったのは残念でしたが、

 今後もこの関係性を継続できればと思います!

IMG_1750.JPG




ありがとうございました!



posted by 安野 広明 at 22:30| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

Vol.2514「誰に(何に)期待するかで、仕事も人生も大きく変わる」


同じ仕事をしていても、

不平・不満だらけでイライラしている人もいれば、

充実感にあふれ、

ワクワクしている人もいます。



一体、この差は何なのでしょうか?



おそらく前者は、

自分以外の他人や環境に期待し、

自分の思い通りになることを望んでいます。



しかし、

他人や環境はなかなか変わらないため、

期待すればするほど、

不満が募り、イライラするのです。



これはある意味、

勝手に期待している訳ですので、

自分で生み出した負の感情

と言えるでしょう。




この点、後者は、

他人や環境は気にせず、

「自分がどうしたいのか」

だけを考えます。



つまり、

自分自身に期待しているのです。



そうすると、周囲に対して、

「こうしてほしい」、「ああしてほしい」

という意識から、

「こうしたい」、「ああしたい」

という意識に変わります。



そうやって、

「自分がどうしたいか」

を突き詰めていくと、やがて、

やりたいことが見つかり、

ワクワクするのです。




自らが、

「他人や環境」に期待しているのか、

それとも、

「自分自身」に期待しているのか。



たったこれだけの違いで、

仕事がネガティブなものにも

ポジティブなものにもなるのですから、

やはり「考え方」が人生に与える影響は、

とてつもなく大きいな〜と感じます。



おそらく、このことは、

職場環境を変えたところで、

「考え方」が変わらない限り、

一生つきまとう課題でしょう。



これから先、

不平・不満でイライラした人生を送るのか、

充実感あるワクワクした人生を送るのかは、

結局のところ、

自分次第なのだと思っています。



・・自戒を込めて。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 「考え方」が人生に与える影響は、

  とてつもなく大きい。

■ 不平・不満でイライラした人生を送るのか、

  充実感あるワクワクした人生を送るのかは、

  結局のところ、自分次第である。



posted by 安野 広明 at 23:57| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする