2017年03月20日

Vol.1582「大事にしたい、“共に成長している”という感覚」


ひと口に「経営者」といっても、

その道何十年のベテランなのか、

起業したばかりの新人なのか、

創業者なのか、後継社長なのかなど、

ピンきりです。



ちなみに私(安野)の場合、現在、

経営者になって7年目。



就任した日をゼロ歳として

人生に換算すると、7年(7歳)といえば

小学校低学年に該当するでしょうか。



そのため、まだまだ経営者として未熟な点も多く、

お客様や社員さんから学ばせていただいてるな〜

と感じます。



本来、経営者であれば、

お客様にはアドバイスし、社員には教育を施す

というのが一般的な理解なのでしょう。



しかし、恥ずかしながら、

いきなりそんな実力が身につくはずもなく、

日々の経営に奮闘する中で

経営者として成長させてもらっている

のが現実です。



一人前になれるのは、

20年(=経営者として20歳)くらい経ってから

かもしれません・・(汗)。




そして、このように、

本来、教える側、導く側の立場にいる人間が、

教わる側から学び、共に成長していく

という関係性は、

「経営者」のみならず、

「学校の先生」や「親」に置き換えても同じ

ではないでしょうか。



相手が子供だからといって

自分より下に見たり、一方的に教えてやるという態度をとったり

するのではなく、

子供から教えられることだって

たくさんあるはず。



仮に子供が1歳であれば、

親としても1年目の新人ですし、

子供が10歳になったとしても、

上記のように人生に換算すれば

まだまだ親として小学生レベルだからです。




教える側と教わる側が共に成長する。



教える立場にある人は、

そういう感覚を持つことが大事

だと考えています。


******************************************


【本日のまとめ】

■ ひと口に「経営者」といってもピンきりで、

  自分のようにまだ年数の浅い経営者は、

  日々の経営に奮闘する中で

  経営者として成長させてもらっているのが現実。

■ 「教える側と教わる側が共に成長する」

  という感覚を持つことが大事ではないだろうか。










posted by 安野 広明 at 19:30| 島根 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

Vol.1581「成功するためのアイデアは、異業種から学ぶべし」


私(安野)は

基本的にテレビは視ないのですが、

『カンブリア宮殿』『プロフェッショナル』『ガイアの夜明け』

の3番組だけは、録り貯めしておいて、

興味があるタイトルの回だけ

時間があるときに視るようにしています。



実は昨日も、

過去に録った『カンブリア宮殿』の中に

面白そうな回があったので、


「このネタは、今度お客さんに伝えてみよう」


「この考え方は、うちの会社にも使えそうだな〜」


などと、色々と思考を巡らしつつ、

メモを取りながら視てました。



異業種の成功事例の中にも、

自社に活かせるアイデアは

たくさんあるんですよね。




結局のところは、


「いかに自分ごととして捉えるかどうか」


なのでしょう。



「何かネタは無いかな〜」


というアンテナを立てて情報に触れていれば、

成功事例から、何も得られないなんてことは

ないはずです。



むしろ、

自分たちの所属する業界向けの情報

にしか触れていないのは、

危険だと思います。



先日のエントリ(*)でも書かせていただいた通り、

気付かないうちに

視野がどんどん狭くなっていくからです。



*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1579「世の中の“マジックミラー構造”を認識する」
http://bplan.seesaa.net/archives/20170317-1.html




ということで(?)、

たくさんの異業種の成功事例を、

テレビよりも鮮烈であろう

ライブで聞ける企画をご用意しました(笑)。



中小零細企業の生々しい成功事例が満載のセミナー(*)

ですので、

是非、ご参加下さいませ!



*詳しくは、こちらをどうぞ。
      ↓
http://annokaikei.com/kouennkaitirasi/kouenkai29.4.pdf


**************************************


【本日のまとめ】

■ 異業種の成功事例の中にも、

  自社に活かせるアイデアはたくさんある。

■ 自分たちの所属する業界向けの情報

  にしか触れていないのはむしろ危険。










posted by 安野 広明 at 13:13| 島根 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

Vol.1580「“振り返り”の習慣は、人生を豊かにする」


たまに、掃除したばかりにもかかわらず、

ホコリが落ちていたり、

周辺に水滴が飛び散っていたり

なんていう状況を目にします。



そして、そうなってしまうのは、

掃除をした人の作業が雑なのではなく、

「あること」をやっていないのが原因ではないか

と思っています。



それは、

「振り返る」ということです。



自分が掃除した箇所を、

作業がひと通り終わった後に振り返って確認していれば、


拾ったつもりのホコリが落ちていることや、

いつの間にか水滴が飛び散っていること

などに気付き、

きっちりと掃除を仕上げることができるはず。



「自分でやったことを振り返る」


というほんのひと手間が、

掃除の精度や充実度を高めるのです。




そしてこのことは、

「掃除」のみならず、

「仕事」や「人生」においても同じ。



自分がやった「仕事」(例えば、上司に提出した資料)の精度は、

その人が、資料を作った後に

きちんと振り返りをしているかどうか

で全く異なります。



また、「人生」という意味では、

日々、何となく過ごすのではなく、

1日の振り返りを欠かさず行っていれば、

1日1日を噛みしめながら丁寧に生きることで、充実感が得られ、

人生を豊かにするのではないでしょうか。




あらゆる場面において、

「振り返り」の習慣を身に付けたいものです。


***************************************


【本日のまとめ】

■ 自分でやったことを振り返る

  というほんのひと手間が、

  「仕事」や「人生」の精度や充実度を高める。

■ 「振り返り」の習慣を、身に付けたいもの。










posted by 安野 広明 at 15:01| 島根 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする