2017年08月13日

Vol.1728「リーダーは、ボスザルに学ぶべし」


先日、

とある動物園を訪れた時のこと、

ニホンザルのコーナーで、

若いガイドさんが色々と教えて下さいました。



中でも興味深かったのは、


ボスザルにもタイプがある


という話し。



腕力だけでのし上がったボスザルは、

リーダーでいられるのは一時的

なのに対し、


仲間の猿の毛づくろいをしたり、

周囲への配慮ができるボスザルは、

長期的にリーダーの座にいられる

のだとか。



そして

この「ボスザル理論」(と勝手に名付けました)は、

人間社会にもそのまま当てはまります。




リーダーとして認められる理由が

「能力」だけだとすると、

いまのリーダー以上に力のある者が現われれば、

あっという間にその人の立場は無くなってしまうでしょう。



しかし、

人間も猿も(?)、感情の生き物です。



時には相手を思いやったり、

人情味溢れるところを見せ、


能力以外の部分においても

周りから認められ、

人間的に尊敬されているリーダーは、


その組織においてなくてはならない存在


となり、

仮に能力においては他に劣ったとしても、


組織を1つにまとめるために必要とされ続ける


のだと思います。




・・私(安野)の場合、

約7年前に経営者という立場になったものの、

能力面でも人間性の面でも

リーダーとしてまだまだ未熟ですので、


これからも経営者として長く活躍できるよう、

両方の側面を磨いて参ります!




猿山のボスザルから、

リーダーはどうあるべきかについて

学ぶことができました(笑)。



本日は、備忘録を兼ねて。


*******************************************


【本日のまとめ】

■ 「ボスザル理論」によると、強いだけがリーダーではない。

■ 時には相手を思いやったり、

  人情味溢れるところを見せ、

  能力以外の部分においても周りから認められ、

  人間的に尊敬されているリーダーは、

  組織を1つにまとめるために必要とされ続けるはず。










posted by 安野 広明 at 09:36| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

Vol.1727「マイナスループから抜け出すべく、まずは小さな行動を!」


昨日は、


「心の起動」の早さが仕事の成果にもつながる


という内容を書かせていただきました。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1726「“心の起動”を早めるという発想」
http://bplan.seesaa.net/archives/20170811-1.html



今日はその続きです。




私(安野)の経験上、

人は基本的に、同じパターンを繰り返します。



例えば、仕事を


前倒しでやる人は、コンスタントに前倒しするし、

ギリギリでやる人は、コンスタントにギリギリだし、

先延ばしにする人は、コンスタントに(?)先延ばしにする


のです。



そして、

「ギリギリ」や「先延ばし」といった

マイナスのループ(循環)にハマっている人は、


そのままでよいかというと、

そんなことはありません。



「心の起動」を早め、

「前倒し」で仕事に取りかかり、

ミスや漏れをなくし、できることを増やし、

お客様に喜ばれた方が、

間違いなく仕事は楽しいはず

だからです。



したがって、

いつも「ギリギリ」もしくは「先延ばし」傾向

にある人は、


小さくてもよいので行動を変える、


これしかないと思います。



そうすることで、少しずつ、

「前倒し」のスピード感に慣れる

のです。



自動車でもそうですが、

免許取立ての頃は、

公道を制限速度で走るのが精一杯

だった人も、


徐々にスピードに慣れてくると、

やがてスピードを出すのが楽しくなってくるもの

ですよね。



そんな感じで、

一度、「前倒し」のスピード感に慣れてしまえば、

苦ではなくなるはず。



まあ、車の場合は

スピード出し過ぎはダメですが(汗)、

仕事の習慣という意味では、

そういう感覚に慣れることが大事

ではないでしょうか。




ほんの少しの行動の変化が、

長い目で見れば、

仕事の成果、ひいては、

その人の人生をも変え得るのです。


*************************************


【本日のまとめ】

■ 人は基本的に、同じパターンを繰り返す。

  マイナスのループ(循環)にハマっている人は、

  同じことを繰り返すもの。

■ いつも「ギリギリ」もしくは「先延ばし」傾向

  にある人は、

  小さくてもよいので行動を変える、

  これしかない。

■ ほんの少しの行動の変化が、

  長い目で見れば、

  仕事の成果、ひいては、その人の人生をも変え得る。









posted by 安野 広明 at 15:04| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

Vol.1726「“心の起動”を早めるという発想」


仕事の成果は、

準備段階でほぼ決まる

と言われます。



そして、

「心の起動」が早ければ早いほど、

意識のアンテナが立ち、

準備も早まり、成果につながるはずです。



ここで

「心の起動」というのは、

あたかも車のエンジン始動のようなもの。



車を発進させる前に、

「暖機運転」といって、

しばらくエンジンをかけたままにしておく方が、


車に負担がかからなかったり、

燃費がよくなったり、

出発後がスムーズにいく

のと同様(?)、


実際の仕事に入る前に

「心の起動」をしておくことで、


▼ 来週訪問するお客様のために、いまのうちから〇〇の準備をしておかないと


とか


▼ 今度あのお客様には、〇〇のアドバイスをしてみよう


などといったことに思いが致り、


結果として

漏れやミスを無くし、かつ、お客様に貢献し、

成果を上げることができるのです。




逆に、

「心の起動」が遅い人は、


カーナビに目的地を入力する余裕もなく、

どれくらいの時間を要するかも正確に把握せず、


エンジンかけると同時にドタバタで出発する


ようなもの。



これでは、

冷静さに欠け、十分な準備が為されず、

目の前の仕事に追われる結果となります。



もちろん、

事故(ミス)に遭う確率も高まるでしょう。



とても

その道のプロとは呼べませんよね。




そして

「心の起動」を早めるための方法としては、


▼ ことあるごとに手帳やカレンダーを見てスケジュール確認する習慣を身に付ける、


▼ 早起きして、始業前には完全なる仕事モードに切り替えておく


などが考えられます。



いずれも

プロとして当たり前の内容かもしれませんが、


コンスタントに仕事の成果を出すためにも、

常に心がけておきたいものです。




特に、連休中は、

仕事モードが完全オフになる人がほとんど

だと思いますので、


連休明けの「心の起動」は、

できるだけ早めに行いたいですね(笑)。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 「心の起動」が早ければ早いほど、

  意識のアンテナが立ち、

  準備も早まり、成果につながるはず。

■ その道のプロとして

  コンスタントに仕事の成果を出すためにも、

  「心の起動」を早めることは

  常に心がけておきたいもの。










posted by 安野 広明 at 06:50| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする