2017年02月21日

Vol.1555「自らの感情の起伏にどう対処するか?」


昨日は

職業訓練校の生徒さん十数名が来社され、

「中小企業が求めるジンザイ」

をテーマにお話しさせていただきました。



話している内に

テーマからかなり派生してしまいましたが(汗)、

多少なりともお役に立てたなら幸いです。


*****************************************


質疑応答の中で、


「(自身の)感情が落ち込んだ時に、どのように対処しているか?」


といったニュアンスのご質問がありました。



それに対する私(安野)なりの回答は、


「自分と向き合う時間をつくり、冷静さを取り戻し、感情を言語化する」


です。



誰だって感情は揺らぎますし、

常に冷静沈着な人なんていません。



ある本に書いてあったのですが、

合気道の創始者である植芝盛平氏は、

弟子から、


「なぜ先生は、常に体の中心を守れるのか?」


と聞かれた時に、


「私も皆のように中心がずれてしまうのは同じだが、

 元に戻るのが速い。


 ずれないようにするよりも、立て直す方が速い。」


という話しをされたそうです。 



このエピソードからも、

精神的な修業を重ねている達人レベルの方でさえ感情が揺らぐ

ということが分かります。


ただし、元に戻すのが速い。



凡人の私としては、

感情が揺らぐことは当たり前として、

できるだけ速い段階でニュートラルに戻すための努力は

する必要があると考えており、

そのための訓練が、

「言語化」だったりします。



例えば、

いま自分が落ち込んでいることに気付いたら、

いったん冷静になり、

その感情を言葉にしてみる。



いま怒っていることに気付いたら、

同じようにいったん冷静になり、

その感情を言葉にしてみる。



これをやり続けていると、

自分の気持ちが上手く表現できずに深みにハマる

なんてことはなくなりますし、

立ち直りも、徐々に速くなるのではないでしょうか。




感情が揺れ動いたりモヤモヤした時には、

言語化(=アウトプット)する訓練を積み重ね、

できるだけ速くニュートラルに戻すように

心がけたいものです。


****************************************


【本日のまとめ】

■ 精神的な修業を重ねている達人レベルの方でさえ、感情が揺らぐもの。

  ただし、元に戻すのが速い。

■ 感情が揺れ動いたりモヤモヤした時には、

  言語化(=アウトプット)する訓練を積み重ね、

  できるだけ速くニュートラルに戻すよう心がけたいもの。









posted by 安野 広明 at 13:32| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

Vol.1554「“他者依存思考”が成長の足かせとなる」


セミナーや勉強会に何度か足を運んだけれども、


「あまり意味が無い(無かった)」


と思い込んで学びを止めてしまう人は

けっこう多い気がします。



そういう人を見る度、

「残念だな〜」と思うのは、


「あまり意味が無い」

のも含めてすべて自分自身に原因があるのに、

そこに気付けていないから。



つまり

「誰かに何とかしてもらおう」

という他者依存の思考が根底にある

のです。



セミナーにしろ勉強会にしろ、

その場に行けば

ある日突然人生が好転したなんてことは

100%あり得ません。



考えてみれば当たり前

だと思うのですが、

他者依存思考が強い人は、

そこに気付けていない・・




学びの場は、

依存するものではなく、

ヒントを得るために参加するものです。



そして、そのヒントは、

どんな内容のセミナーであれ、

様々な形で落ちています。



あとはそれを

アンテナの感度を高く保ち、

拾えるかどうかの話し。



ここに気付けている人は、

みるみる進化していくのでしょうし、

他者依存思考の人は、

いつまでも同じところで留まり続けるのでしょう。



その差たるや、

数年後、十数年後には、

歴然としたものになっているはずです。




かくいう私(安野)自身、

まだまだ修行が足りませんので(汗)、

これからもアンテナの感度を高く保ち、

学びの場に足を運び続けたい

と思っています。


****************************************


【本日のまとめ】

■ 「誰かに何とかしてもらおう」

  という他者依存の思考が根底にある人は多い。

■ 学びの場は、

  依存するものではなく、

  ヒントを得るために参加するもの。

■ ここに気付けているかどうかで、

  数年後、十数年後の成長の差は、

  歴然としたものとなる。








posted by 安野 広明 at 16:32| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

Vol.1553「“図形を用いたキャッシュフローの説明”をテーマに、セミナーを開催します」


先月に引き続き、

「次世代リーダーの会+(プラス)」

のセミナーを開催いたします。



今月のテーマは、

「図形を用いたキャッシュフローの説明」



経営判断に使えるお話しです。

難しくはありませんので、ご安心下さい。



これが分かると、どんないいことがあるか?


▼ 社員を入れるのは1人がよいのか2人がよいのかなど悩んだ時に、納得の判断ができる

▼ 売上目標をつくる時に、単純に昨年対比〇%だけではなく、

 根拠のある売上目標をつくれるようになる

▼ いくらまでなら借金していいかという基準が分かるようになる


などなど。


お金に関する意思決定が、図形(=ストラック表)を使えば、

全て判断できるようになります。



開催日程は以下のとおり。


日時 2月27日(月) 19時半〜21時

場所 ビジネスプラン会議室

持ち物 筆記用具 電卓

対象 ご興味ある方ならどなたでも

参加費 無料(試験的に行うため)


*セミナー後、メールにてご感想をいただくことが前提となります。

*準備の関係上、参加をご希望される方は、h-anno@sx.miracle.ne.jp まで事前にご連絡下さい。

*遅れてのご参加は他の方のご迷惑になりますので、できる限り開始前にお越し下さい。

*これまで「次世代リーダーの会」にお越しになられたことのない方であっても、大歓迎です。



ちなみに、先月開催したセミナーへのご感想は以下のとおり。


テーマ 「事業発展の魔法の書、“経営計画書”のポイントについて語ります」


ここから

−−−−−−−−−−−−−−ー−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

はじめに、

この度、講習会を開催して下さった、安野様、

御世話になりました社員様に、感謝申し上げます。

また、大変貴重な経営計画書を頂戴させて頂き、本当にありがとうございました。


はじめ計画書に触れさせて頂き、中を開いた時には驚きました。

一体どれだけの時間を掛け、どんな方にどれだけ会えば、

こんな計画書が作れるのだろうと感じ、畏怖すら覚えました。


聴かせて頂いたお話しも、

ポイントをしっかりと押さえて下さった説明で、

とてもわかりやすかったです。


利益を意味づけする事の大切さ、

戦略方法のノウハウには費用を払わねば聴けないような話ばかりでした。


質問もさせて頂きました。

わかる範囲の情報と状況で、丁寧に向き合って回答して下さり、

とても感謝しております。


また機会があるなら、費用が発生しても『また行きたい』セミナーでした。

貴重なお時間を頂き、本当にありがとうございました。


和菓子処三松堂 本店 阿部 龍太郎 様

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ここまで

ここから

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−ーー

経営計画書といえば次年度の目標であったり、

具体的な数字とその目標が書いてあるものというイメージがありましたが

会社の方針書として考えて、

方針や考えを記すことが大事という点が印象に残りました。


トップの考えを言葉や文章にして社員に浸透させていくツール

として様々なものがありますが、

経営計画書として社員に身近な存在として活用してもらえれば、

より効果的に思いを伝えることができると思います。


具体的には、

社員や事業の未来像を示すことが大事とありましたが、

社員にはこの先の働き方や処遇がイメージしやすくなり

働くことに対しての取り組み方も大いに変わると思いますので、

自社で作成する際には参考にさせて頂きたいと思います。


また、頂いた(株)ビジネスプランの経営計画書には、

様々な先生の言葉だったり考え方が随所にちりばめられているので、

自分が経営を進めていく上での教科書的なものとして

活用させてもらいたいと思います。


この度は、とても勉強になりました。有難うございました。


H.M 様(建設業)

−−−−−−−−−−−−−−ー−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ここまで

ここから

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

前回の「どこに手を打てば利益が出るのか?」

に引き続き参加させていただきました。


恥ずかしい話ではありますが、

私は自社の経営計画書は見たことがありません。


そもそも

経営計画書がどういった内容が記載されているのかすら、

ぼんやりとしている状態でした。


その私が参加しても、理解出来るのか不安でした。


正直、どこまで理解出来たのか頭の中で整理ができていませんが、

強く感じたことがあります。


環境や風習を言い訳にせず、

未来像を明確にし会社の隅々まで浸透させることが企業にとって

大切なことであると感じました。


この度のセミナーはとても有意義な時間を過ごすことが出来ました。

この機会を設けていただき、ありがとうございました。


H.M 様

−−−−−−−−−−−−−−ー−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ここまで

ここから

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

経営計画のない事業運営は、

まるで地図や日程表を持たずにに気ままな旅に出るようなものだと感じました。


プライベートであればたまには良いのかもしれませんが、

取り巻く環境が外部・内部ともに大きく変化している中で

自らの感性だけを頼りに経営することはむしろリスクになりかねません。


経営者自らが、自社の現状をきちんと把握し、

この先どんな会社にしていきたいのかを真剣に考えることが

経営計画の策定には必要ですし、

当然ながら経営計画を策定することが目的ではありません。


経営計画の策定は明るい未来を築くために必要不可欠だと思いましたし、

なにより自社(自分自身)の未来に真正面から向き合う経営者の勇気こそが

一番必要なことかもしれません。


今回のセミナーは、その実現のための大きな一歩になる内容とお話でした。

ありがとうございました。


匿名希望

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ここまで



以上、よろしくお願いいたします!










posted by 安野 広明 at 18:36| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする