2018年10月14日

Vol.2155「感性のアンテナが錆び付くほど、恐ろしいものはない」


先日、駄菓子でも買おうかと、

子供と一緒に

とある個人商店に入りました。



そこは、その地域では

地元の人が利用する昔ながらの商店で、

私(安野)が子供の頃にも利用したことがあったので、

近くを通った際、

懐かしさも手伝い、久しぶりに

立ち寄ってみた次第です。



「さすがに昔とは変わってるだろうな〜」


「いまはどんな風になっているんだろう」


という、僅かなワクワク感を抱きながら

足を踏み入れたのですが、

その実態は・・・

まったく変わってませんでした(笑)。



いや、変わってなさすぎる・・

というか、前よりも残念な感じになっている!?



お店の中は薄暗く、商品は埃をかぶり、

賞味期限切れ(しかも2014年とか)の商品が

ゴロゴロ置いてある・・

そんなレベルです。



他に客がおらず、

さっきまで奥でパソコンゲームに興じていた店主が

レジ前に出てきてじっとこちらを見ているので(汗)、

なんとか賞味期限セーフなジュースを買って

お店を後にしたのですが、久しぶりに

開いた口が塞がらない程に

驚かされました。



もしも弊社のお客様だったとしたら、

お客様のためと思い、

さすがにその場で(もしくは、後日、担当者を通じて)

色々と口を出したかもしれませんが、

そういった関係でもない人間が口を出すのもどうか

と思い、

そそくさとその場を去ることに。



残念ながら、もう行くことは無いと思います。



別に、そのお店をどうこう言うつもりはありませんが、

きっと、感性のアンテナが錆び付き、

この数十年、時間が止まってしまっているのでしょう。




と同時に、

我が身を振り返り、


感性のアンテナが鈍ることほど恐ろしいものはないな〜


と痛感しました。



ただ単に現状を維持するだけ

であれば、

それほど感性を要しませんし、

そちらの方が楽です。



しかし、そのままでは

やがて思考が硬直化し、

変化できなくなり、

時代から取り残されてしまいます。



これほど変化の激しい時代に、

「変わらないこと」は

リスク以外の何ものでもないのです。




年々お客が減る理由について、

大手企業の出店がどうのこうの言う前に、

まずは自社や自分のお店において、

本当にお客様にとって価値のある商品・サービスや店づくり

ができているのか?



そして、

十年一日のごとき仕事ぶりではなく、

外にも目を向け、

常に感性のアンテナを磨く努力をしているのか?


を、意識したいもの。



大手のような設備投資や品揃えや接客は

そのまま真似できないにしても、


自社や自分のお店にしかない価値を

生み出せるように真剣に努力しなければ、

中小零細が淘汰されるのは時間の問題

だということを、

今回の経験を通じて

改めて考えさせられました・・



本日は、備忘録を兼ねて。


*********************************


【本日のまとめ】

■ これほど変化の激しい時代に、

  「変わらないこと」は

  リスク以外の何ものでもない。

■ 自社や自分のお店にしかない価値を

  生み出せるように真剣に努力しなければ、

  中小零細が淘汰されるのは時間の問題である。

■ 中小零細こそ、

  感性のアンテナを磨き続ける努力を

  怠ってはならない。





posted by 安野 広明 at 20:55| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

Vol.2154「‶その気”になる環境へ身を置く」


過去のエントリ(*)でも書かせていただきましたが、

人の「やる気」というのは、

後から湧いてくる側面があります。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.2051「“やる気”は後からついてくる」
http://bplan.seesaa.net/article/460302243.html



したがって、もしも、

もっと「やる気」を出したいのに

自分1人ではそれが難しいなら、

まずは意識的に、


「その気」にさせてくれる環境へ身を置くこと


を考えてみてはどうでしょう。



例えば、

目標に向かって前向きに頑張っている人や

やる気に満ちた人たちに囲まれると、


人間の脳は

その場の空気を感じ取って、

次第に感化されていく(=その気になってしまう)

のだとか。



「資格試験の勉強」や「仕事の打ち合わせ」や「読書」

をしている人の多い

スタバ系の喫茶店に入ると、

自然とこちらも集中力が高まる

ことがありますが、

まさにそんな感じですね。



ただ、これは逆もまた然りで、

やる気のない人たちが集まっていたり

惰性的な雰囲気の漂う環境では、


「その気」になるどころか

悪い方向へと感化されてしまいますので、

注意が必要です。




ちなみに、

弊社で主催している『次世代リーダーの会』(*)は、

参加者が「その気」になってしまう環境を生み出すべく、

運営しているつもり。


http://annokaikei.com/leader



だからこそ、

メンバーが固定化されて惰性やマンネリに陥らぬよう、

縛りは緩くしていますし、


毎月、参加するもしないも

各自の主体性に委ねています。



したがって、少なくとも、

まったく「やる気」の無い人が

参加するはずもなく、かつ、

毎回メンバーが入れ替わり、

いつも何かしらの刺激が得られるのです。



きっと、参加しているうちに、


いつの間にか「その気」にさせられていた(!)


となるはずですので(笑)、

ぜひ一度、足を運んでみて下さいませ。



よろしくお願いします!



お問い合わせは、こちらから → http://annokaikei.com/contact


**********************************


【本日のまとめ】

■ 目標に向かって前向きに頑張っている人や

  やる気に満ちた人たちに囲まれると、

  人間の脳は、その場の空気を感じ取って、

  次第に感化されていく(=その気になってしまう)もの。

■ もっと「やる気」を出したいのに

  自分1人ではそれが難しいなら、

  まずは意識的に、

  「その気」にさせてくれる環境へ身を置くこと

  を考えてみてはどうだろうか。





posted by 安野 広明 at 23:18| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

Vol.2153「くすぶる人生か?やり切る人生か?」


「勝ちに不思議の勝ちあり、

 負けに不思議の負けなし」


と言われるように、

「負ける」とか「うまくいかない」時には、

必ず何かしらの原因があるもの。



ですので、

「運が悪かっただけ」と、

うやむやにすべきではありません。



そして、大抵の場合、

その原因は、

「ほんの僅かな差」

だったりします。



言い換えれば、

準備段階や最終局面での「詰めが甘い」

ということ。



自分の中で

最後までやり切ることをせず、

「まあ、このくらいでいいか」

と手を抜いてしまうのです。




残念ながら、どんな仕事でも、

その都度、やり切らない人(=最後で手を抜く人)は、

経験値こそ上がれど、

成長はできません。



やり切った経験だけが、

次のステップへの糧になります。



まさに、

「神は細部に宿る」。



自分の中で確信が持てるまでやり切ったかどうか?


を自問自答しながら、

仕事に向き合いたいものです。



まあ、実際、

すべての仕事に対して全力投球

というのは、

相当なエネルギーを要しますし、

決して簡単なことではありませんが、


やり切った後には、

ほどよい疲れと充実感が待っているはず。



私(安野)自身、

「くすぶったような人生」よりも、


あたかも

ホセ・メンドゥーサ戦で真っ白に燃え尽きた矢吹丈

のような(笑)、

「やり切る人生」を送りたいと願っております。



・・自戒を込めて。


*************************************


【本日のまとめ】

■ 勝敗の差は、「ほんの僅か」であることが多く、

  大抵の場合、準備段階や最終局面での「詰め」が原因。

■ 「くすぶったような人生」よりも、

  ほどよい疲れと充実感の残る、

  「やり切る人生」を送りたいもの。




posted by 安野 広明 at 18:32| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする