2017年06月23日

Vol.1677「“しるし”の違いを受け入れるということ」


薬師寺執事で僧侶の大谷徹奘(てつじょう)氏によると、

人の心をつくっているものの一番の基は、


「体験」や「経験」の「験」という字


なのだとか。



この一字で、

「しるし」と読みます。



わたしたちは、

様々な体験や経験をすることで、


真っ白な心に「しるし」を付けながら生きている


のです。



おそらく

人の価値観や常識というのも、

この「しるし」によって形成される

のでしょう。




そして

自分に付いた「しるし」と異なる人に出会うと、

イライラしたり、腹が立ったり

することがあります。



「あの人はなんでこんなこともできないんだろう?」

「あんな態度をとらなくてもいいのに・・」

「あの人には何度言っても分からない!」


みたいな感じで。



ただ、実際には、

その人が悪いとかどうとかではなく、


これまでに付けてきた「しるし」の違い


に過ぎません。



また、

長年に渡って身に沁みついた「しるし」は、

いまさらそう簡単に変えられるものではない

というのも事実です。



にもかかわらず、

自分の「しるし」に合わない部分を相手の欠点とみなしたり、

異なるところばかり見つけて否定していたら、

コミュニケーションが円滑にいくはずがありません。




したがって、まずは


お互いの「しるし」の違いを受け入れる、


そういう視点を持てるといいな〜

と思っています。



その人にとっての常識(=「しるし」)は、

相手から見たら常識とは限らない

のですから・・。




本日は、短めで。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 人の心をつくっているものの一番の基は、

  「体験」や「経験」の「験」(=「しるし」)という字である。

■ お互いの「しるし」の違いを受け入れることができれば、

  コミュニケーションが円滑に図れるのではないだろうか。










posted by 安野 広明 at 22:47| 島根 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

Vol.1676「社員教育についてのあれこれ」


7年近く経営者をやらせていただいて

痛感するのは、

社員教育の難しさです。



私(安野)はもともと

自分1人の世界に籠もりたいタイプ(=職人タイプ)の人間

ですので、

(自分の子供を除き、)人を育てるなんて

おこがましいし、できるならしたくはない

という考えを持っています。



ただそうはいっても、

よりよい会社にするために、

立場上、社員教育せざるを得ない

というのが本音です。



そして実際、

時間とお金をかけて

あれやこれやと学びの機会をつくってきた

つもりではあります。



その結果、私が直面したのは、

1週間も経てば元の木阿弥となり、

(少なくとも目に見える限り)以前と何も変わっていない・・

という現実でした。



そんなことを

何度も繰り返していますので、


「あの研修時間は、一体何だったのだろう」


と、正直、虚しさすら感じます。



その立場になった人にしか分からない

かもしれませんが、

これは結構なストレスです・・。




そんなことを考えながら

それとなく本を読んでいると、


「過去と他人は変えられない、変えられるのは未来と自分だけ!」


みたいなことが書いてたりして(汗)、


「いや、まあ、その通りなんだけど、ちょっと辛いな〜」


と、

自らの未熟さ故に凹んでしまう

こともあったりします。




ただ、そうやって思い悩んでいる時に、

ふと、脳裏に浮かんだ言葉があります。



それは、漫画『スラムダンク』に登場する安西先生の、


「諦めたら、そこで試合終了ですよ・・?」


という名言(笑)。



もちろんこれは、漫画の設定上、

バスケの試合について使われた言葉

ではありますが、


社員教育にしても、

どこかで諦めてしまえば、

状態が悪くなることはあれど

良くなることはあり得ません。



諦めたら、試合終了(=それ以上改善されない)なのです。



であるとすれば、


0.1%、いや、0.01%でも可能性がある以上は、

諦めずに挑戦し続けてみよう


と、思い至りました。



ちょっと単純過ぎるかもしれませんけど・・。


(実際には、ここに至るまでに

 かなり悩みました)




今日は、地元の若手経営者と

社員教育について本音で語り合う機会があったので、

少しネガティブな内容を含め、

本音で(!?)書き残してみた次第。



まあ、やっぱり、

行き着くところは「自分」

なんでしょうね。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 何度やっても元の木阿弥になる状態が続くと、

  社員教育が虚しくなる時はある。

■ ただし、どこかで諦めてしまえば、

  状態が悪くなることはあれど、良くなることはあり得ない。

■ 0.1%、0.01%でも可能性がある以上は、

  諦めずに挑戦し続けるべき。

■ 諦めたら、そこで試合終了です!









posted by 安野 広明 at 20:08| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

Vol.1675「人にすすめる前に、どれだけ自分が信じているか?」


どんな商売であれ、

成果を出す人とそうでない人との決定的な違いは、


自分が心から自社の商品・サービスを信じているかどうか


だと思っています。



あたかも自己暗示がかかっているかの如く、

自社の商品・サービスに惚れ込み、


「うちの商品を使ってもらえれば、絶対に会社がよくなりますよ!」

「うちのお店に来ていただければ、最高に楽しんでいただけますよ!」

「うちの商品・サービスを使わないなんて、もったいない!」


などといったことを、嘘偽りなく、

本気で思い込んでいる人は、強い。



もしも自分がお客の立場だとしたら、

そういう人からものを買いたい

と思うはずです。



そして、商品・サービスを利用した結果、

その内容に満足すれば、

積極的に友人・知人に紹介するかもしれません。



もちろん

世の中には怪しい商材も出回っていますので、

その辺りの選別は必要ですが・・。




逆に言えば、

商品・サービスを売っている張本人が、


「別にたいしたものではない、他で買っても同じだ」

「うちと付き合ってくれてもくれなくても、どっちでもいい」

「上から言われて、仕方なく売っている」

「お客が増えると、やることが多くなって面倒だ」


なんてことを考えながら商売している

としたら、どうでしょう。



そんな人から買いたくはないですし、

おそらくその人は、

たいした成果を出せないはずです。




少し話しは変わりますが、

弊社では、昨年末から、

「あんの式月次決算書」と「経営計画書」を、

自社の付加価値商品として

一押ししています。



私(安野)は、上記の商品について、

お客様に説明したり、セミナー等でお話しする都度、


「これらの商品は、中小零細企業がよくなるために必要不可欠な商品だ!」


と、確信を強めているところです。



正直、


「事業に活用しないなんて、もったいない!」


とすら感じています。



あとは、その想いを社内で共有し、

全てのスタッフが


「心から自社の商品・サービスを信じている」


という状態に至れば、


やがて到来するAI(人工知能)時代にも負けない、

自社の付加価値として確立できるはず。



そして、そのためにも、

まずは私自身が、もっと熱を込めて

社内外に発し続けて行かなければならない

と考えています。


(*そのための取組みの1つが、10月の経営計画発表会です)




・・どんなことであれ、

人に何かをすすめるには、

すすめる側の姿勢が何より重要ですし、

すすめたからには責任も生じるでしょう。



したがって

中途半端な気持ちですすめることのないよう、

自社の商品・サービスについて

価値を理解し、確信を持ち、

常によりよい内容にするべく、

磨きをかけていきたいものです。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 成果を出す人とそうでない人との決定的な違いは、

  自分が心から自社の商品・サービスを信じているかどうか。

■ 中途半端な気持ちで人にすすめることにならぬよう、

  自社の商品・サービスについて

  価値を理解し、確信を持ち、

  常によりよい内容にするべく、

  磨きをかけていきたいもの。










posted by 安野 広明 at 18:23| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする