2020年09月29日

Vol.2871「“パラダイム・シフト”と時間軸について」


何か革新的な変化があった時、

パラダイム(=認識の枠組み)が転換した、

すなわち、


「パラダイム・シフトが起こった」


と言うことがあります。



そして、人類史上、

最も劇的なパラダイム・シフトといえば、

天動説から地動説への転換でしょう。



空が動いている

と思っていたのが、実は、

自分たち(=地球)が動いていた

に転換するのだから、

かなりの衝撃ですよね。



ではどのようにして、

世の中に地動説が広まったのか?



この点、

何か決定的な出来事があって、

それまで主流だった天動説支持者が

間違いを認めた・・

という訳ではないそうです。



むしろ、

天動説支持者のほとんどは、

「地球が世界の中心である」

と最期まで信じていたのだとか。



やはり一度、

心の底から信じたものを捨てて

新たな説を信じるというのは、

難しかったのだと思います。



そうすると、なぜ、

天動説が消えたのか?



その理由は、


「世代が入れ代わったこと」


だと、ある本に書いてありました。



つまり、

天動説支持者がこの世を去り、

新しい世代のほとんどの人が、


「天動説なんていう非科学的な考えは間違っている」


と思うようになったことで、

パラダイム・シフトが起きたのです。



そのように考えると、

世の中の大きな変革は、


世代交代が引き起こす


といった側面もありそうですね。




そしてこういった変革は、

現代においても、

あらゆる業界で起きているはずです。



例えば、

弊社が属する会計業界でも、

天動説と地動説とまではいきませんが、

大ベテランの税理士と若手税理士とでは、

仕事に対する見方や考え方が

まったく異なる場合があります。



今は若手は少数派ですので、

ベテラン先生の牙城を切り崩すのは至難の業

かもしれませんが、

その考え方が間違ってさえいなければ、


中小企業の経営者または税理士の世代交代と共に、

パラダイム・シフトが起こり、いずれ、

その正しさが証明され、

主導権を握れる時がやって来るでしょう。



したがって、

どんな業種においても、

若手や少数派にとって大事なのは、


自分の中に長い時間軸を持ち、

自らの信じた道を諦めずに追求し続けること

だと思っています。



途中であきらめたら、

そこで試合終了。



その道を深く掘り下げていれば、

世代交代と共に、必然的に

パラダイム・シフトは起きる

はずです。



少なくとも私(安野)は、

そう信じていますし、

それくらいの長い時間軸で

(虎視眈々と!?)考えています。



何かのご参考までに。


*********************************


【本日のまとめ】

■ 世の中の大きな変革は、

  「世代交代が引き起こす」

  といった側面がある。

■ 若手や少数派にとって大事なのは、

  自分の中に長い時間軸を持ち、

  自らの信じた道を諦めずに追求し続けること。



<<<  お知らせ  >>>

「桃栗(ももくり)メルマガ」(無料)を始めました。

週1〜2回の配信予定です。

メルマガでしかないご案内もあります。

よろしければ、こちらからご登録下さい!

https://prime.shien-juku.com/index.php?action=R1&a=78&g=4&f=8


posted by 安野 広明 at 22:33| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月28日

Vol.2870「求められるのは、カリスマではなく小さなリーダー」


いつの時代にも、

「カリスマ待望論」

はあるものです。



とりわけ、現在のように、

時代の混迷期というか、

先行きが見えない状況下では、

自分たちを導いてくれるカリスマ的リーダー

を求めがち。



「自分の代わりに世の中をよくしてくれる誰か」


が現れるのを期待しているのです。



半沢直樹みたいな人が、

世直ししてくれないかな〜

といった感じでしょうか(笑)。



その気持ち、

分からなくはありません・・。




しかし、残念ながらそれは、

妄想に過ぎないでしょう。



少なくとも、他力本願でいる限り、

自分にとっての現実は

いつまで経っても変わらないはずです。



いくら半沢直樹の最終回を見て、

「興奮した!」「最高だった!」

と熱くなったところで、

いままでと同じ日常生活を送っていては、

何も変わらないのです。




大切なのは、

自分発で、具体的に行動を変えていくこと。



さらに言えば、

自らの人生を主体的に生きることで、

多少なりとも周囲に対して影響を与える、

ある意味、


小さなリーダーシップの発揮


が求められるのだと思います。



そうやって、

1人1人が主体性を発揮し、

至るところから小さなリーダーが生まれれば、

当の本人はもちろんのこと、

その組織や地域は少しずつ

変わり始めるでしょう。



ちなみに、私(安野)が

次世代リーダーの会(*)を運営している意図も、

小さなリーダーを生み出すこと

にあります。


http://annokaikei.com/leader




ですので、これからは

カリスマ的リーダーに牽引される

のではなく、

凡人が小さなリーダーシップを発揮する、

いわば、

群雄割拠の時代と言えます。



「自分以外の誰か」ではなく、

あなたも私も、

リーダーになるのです。



そしてそのためにも、まずは、

目の前の知人や同僚やお客様に対して、

「感謝」、「恩」、仕事での「付加価値」など、


相手にプラスの痕跡を残せるものの倍返し(!)


から取り組んでみてはいかがでしょうか。




・・と、

強引に半沢直樹ネタをねじ込むの巻。



かなりの遅咲きですが、

第8話から見始めて、

はまってしまいました(笑)。


*********************************


【本日のまとめ】

■ これからの時代は、

  小さなリーダーシップの発揮

  が求められる。

■ まずは、目の前の知人や同僚やお客様に対して、

  「感謝」、「恩」、仕事での「付加価値」など、

  相手にプラスの痕跡を残せるものの倍返し(!)

  から取り組んでみてはどうだろうか。



<<<  お知らせ  >>>

「桃栗(ももくり)メルマガ」(無料)を始めました。

週1〜2回の配信予定です。

メルマガでしかないご案内もあります。

よろしければ、こちらからご登録下さい!

https://prime.shien-juku.com/index.php?action=R1&a=78&g=4&f=8


posted by 安野 広明 at 20:00| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月27日

Vol.2869「“当事者意識”が場にエネルギーを生み出す」


昨日は、

とあるオンライン研修を受講しました。



約2か月前からスタートし、

今回で3回目。



参加者は全国各地の士業やコンサルタント十数名で、

皆さん経営者であり、かつ、

セミナー講師等で活躍されている方ばかりです。



まだ主催者側でオープンにされてない、

ある意味、実験的な研修(?)なので、

詳細は書けませんが、ありがたいことに

私(安野)にもお声がかかり、

勉強させていただいてます。



全10回のうち、3回が終わって感じるのは、


参加者から発せられるエネルギーがすごい


ということ。



Zoom越しでも熱が伝わってくる

くらいなので、リアルで集まったら、

ものすごい熱気になるのだろう

と思います。

(ちなみに、10回目のみリアル開催)



では、そのエネルギーはどこからくるのか?



それは、

圧倒的な当事者意識です。



社員のせい、外部環境のせいにする人は、

誰一人としていません。



どこまでも自分自身にベクトルが向いていて、

会社をよくするため、

社員に幸せになってもらうため、

世の中をよくするために、

自分に何ができるのか?

だけを考えている。



そんな人たちが集まり、

意見交換するからこそ、

場にエネルギーが生まれる

のだと思います。



以前、


よい波動を出す人の周りにはよい人が、

悪い波動を出す人の周りには悪い人が集まる


と聞いたことがありますが、

まさにその通り。



おそらく今回は、

当事者意識の塊のような人たちが

引き寄せられたのでしょう。

(私はまだまだですが・・)



ですので、

研修についていくのは大変ですけど(汗)、

参加者の皆さんと話すのは勉強になります。



少し大げさかもしれませんが、

教育者である森信三先生の


「人間は一生のうち逢うべき人には必ず逢える。

 しかも一瞬早過ぎず、一瞬遅すぎない時に。」


のように、

今回の参加者や講師先生とは、

会うべきして会えた、

そんな気がしています。



企画・運営していただいている

主催者の方々にも、

感謝の気持ちで一杯です。




そしてこの、


圧倒的な当事者意識が場にエネルギーを生み出す


というのは、会社でも同じ。



経営者はもちろんのこと、

社員1人1人が

当事者意識や主体性を発揮できるようになれば、

組織という場に、

プラスのエネルギーが生まれ、

切磋琢磨の環境ができ、結果として

生産性も高まるはずです。



これとは逆に、

自分以外の誰かのせいや何かのせいにして

常に言い訳しながら仕事をする

他責思考の人が集まった組織であれば、

そこに負のエネルギーが生まれます。



そうなると、

いくらITツールに投資したところで、

生産性が高まらないのは当然でしょう。




まあ、実際のところ、

会社組織において、

メンバー全員が当事者意識を持つのは

難しいかもしれません。



また、主体性のない人に、


「もっと当事者意識を持ちなさい!」


と注意したところで

無駄なような気もします。



ですので、とにかく

経営者やリーダーが

当事者意識を持って主体的な行動を示し、

よい波動を出し続けること、

これに尽きる。



長い目で見れば、それが

良い人との新たなご縁を生み出したり、

場合によっては、

既存のメンバーの意識の改善につながる

と信じています。



そんなことを考えました。


********************************


【本日のまとめ】

■ よい波動を出す人の周りにはよい人が、

  悪い波動を出す人の周りには悪い人が集まる。

■ 圧倒的な当事者意識が、場にエネルギーを生み出す。



<<<  お知らせ  >>>

「桃栗(ももくり)メルマガ」(無料)を始めました。

週1〜2回の配信予定です。

メルマガでしかないご案内もあります。

よろしければ、こちらからご登録下さい!

https://prime.shien-juku.com/index.php?action=R1&a=78&g=4&f=8


posted by 安野 広明 at 22:17| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする