2020年12月02日

Vol.2935「読書感想文のすすめ!?」


学生時代に

読書感想文を書くのが好きだった

という人はあまりいない

と思います。



課題図書を与えられ(もしくは自分で本を選び)、

決められた文字数(枚数)の感想を書く・・



私(安野)自身、

苦痛だったイメージしか残ってません(汗)。



おそらく、大人になっても

苦手意識を引きずっている人は

多いでしょう(私を含め)。



ですので、会社から、

感想文の提出を強制されようものなら、

心の中では「あ〜めんどくさ〜」

となるはずです。



ちなみに、弊社では、

毎月、社内木鶏会(=『月刊致知』を用いた社内研修)

を行っており、その際、

月刊致知の推薦記事を読んだ上での感想を、

A4用紙1枚の3分の2程度のスペースに

書いてもらいます(もちろん、私も書きます)。



かれこれ8年以上続けてますが、

毎回、社員さんの苦労の跡

が見受けられるので、

皆さん、「あ〜めんどくさ〜」と思いながら

書いているのかもしれません w




ただ、私自身、

やっていて思うのは、

インプット(=読書)した内容を咀嚼し、

自分の言葉に変換して

アウトプットする(=感想文を書く)ことで、

(読書によって得られた学び(=価値)の)

その後の残り方が違ってくる

ということ。



「簡単に手に入れたものは

 簡単に価値を失い、

 苦労して手に入れたものは

 なかなか価値を失わない」


と言いますが、

まさにそんな感じです。



そのように考えると、

読書に投じた時間とお金が

無駄にならぬ(=すぐに価値を失わぬ)よう、

面倒臭くとも

できる限りアウトプットは

すべきだと思います。


(とはいえ、

 文章を読み込まず(=自分の中で咀嚼せず)、

 表面的にさらっと読んで、とりあえず文字で埋める

 ようなアウトプットの仕方では、

 意味がありませんが・・)



したがって、

もしも社内で

何かしら読書の取組みをなさっている、

もしくはこれから始めるのであれば、

社員に「あ〜めんどくさ〜」と思われたとしても(笑)、

「読書感想文」までやられることを

おすすめします。



何かのご参考までに。


*********************************


【本日のまとめ】

■ 簡単に手に入れたものは

  簡単に価値を失い、

  苦労して手に入れたものは

  なかなか価値を失わない。

■ 社内の仕組みとして、

  読書感想文を取り入れてみてはどうだろうか。




<<<  お知らせ  >>>

「桃栗(ももくり)メルマガ」(無料)を始めました。

毎週月曜日の配信予定です。

メルマガでしかないご案内もあります。

よろしければ、こちらからご登録下さい!

https://prime.shien-juku.com/index.php?action=R1&a=78&g=4&f=8


posted by 安野 広明 at 21:50| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月01日

Vol.2934「自らの“意思決定基準”を見直していますか?」


会社経営をしていると、

否が応でも、次から次へと

大なり小なりの意思決定

を求められます。



その意思決定の量たるや、

サラリーマン時代とは

比べものになりません。



また、経営者の場合、

「後ろを振り返っても壁しかない

 (=誰も助けてくれない)」

訳ですので、

意思決定したことに対して最終責任を負う

という意味では、

意思決定の質も求められます。



このように、日々、

一定水準以上の量と質の

意思決定をし続けるのだから、

経営者が(精神的に)鍛えられるのは、

当然です。



ただここで、もし仮に、

意思決定の判断基準が間違っている

としたらどうか?



量が多く、質が高いだけに、

加速度的に、

組織が誤った方向へと進んでしまう

かもしれません。



そうならないためにも、

経営者(リーダーを含む)の立場にある人は、

時には、自らの意思決定基準を

見直す必要があるでしょう。



例えば、私(安野)であれば、

意思決定基準の1つに、


「自分しかできないこと以外はやらない」


があります。



これは自分の中で

けっこう重要な基準でして、

だからこそ、社内では、

バシバシ球を投げまくる(=社内に仕事を振りまくる)

といったことをしています。



社内の人からすれば

はた迷惑な話かもしれませんが(汗)、

個人的に、経営者の仕事は


「将来の事業の道筋をつけることと

 現場のフォローアップ」


と考えているので、

それを実現するべく、

上記の意思決定基準を持ち、

経営者の仕事に該当しない

自分以外の人でもできる仕事は、

どんどん振るようになりました。



実際には、

全部が全部スタッフに任せられている

訳ではありませんが、少なくとも、

基準があるのとないのとでは、

日々の1つ1つの意思決定が変わり、

現在の形にはなってないはずです。



もしこれが、

職人の世界にありがちな、


「できるだけ自分で担当を持つ」


みたいな誤った基準

を持っていたとすれば、

プレイングマネージャーのようになり、

会社の将来を考える時間的・精神的な余裕がなく、

何ら手を打てていないかもしれません。



そのまま放置すると、おそらく、


「なんだか忙しいし頑張っているけど、

 組織として前に進めておらず、

 明るい未来へ向かっている感じがしない(むしろジリ貧・・)」


といった、

残念な状況に陥っていた可能性も・・。




したがって、

なぜか歯車が噛み合っていない、

なんだか前に進んでいる感がない、

という感覚をお持ちの方は、いま一度、

自らの意思決定基準を疑ってみては

いかがでしょうか。



とりわけ

経営者(またはリーダー)の方は、

その影響がかなり大きいため、

定期的な見直しをおすすめします。



私自身、引き続き、

経営者としての意思決定基準を

ブラッシュアップしていこう

と思い、書き記した次第です。


********************************


【本日のまとめ】

■ 経営者(リーダーを含む)の意思決定基準が間違っていると、

  加速度的に、

  組織が誤った方向へと進んでしまう。

■ なぜか歯車が噛み合っていない、

  なんだか前に進んでいる感がない、

  という感覚をお持ちの方は、いま一度、

  自らの意思決定基準を見直してみては

  どうだろうか。



<<<  お知らせ  >>>

「桃栗(ももくり)メルマガ」(無料)を始めました。

毎週月曜日の配信予定です。

メルマガでしかないご案内もあります。

よろしければ、こちらからご登録下さい!

https://prime.shien-juku.com/index.php?action=R1&a=78&g=4&f=8


posted by 安野 広明 at 22:29| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月30日

Vol.2933「“今”を充実させるための“振り返り”を」


「過去を振り返る」


と聞くと、多くの人は、

ネガティブなイメージを持たれるかもしれませんが、

私(安野)は定期的に、

できれば1日単位で、

振り返ることが必要だと考えています。



もちろん

当ブログに書き残している内容も、

振り返りの一環です。



ただ、ここで

気を付けなければならないのが、


「あの時、もっと○○すればよかった・・」

とか

「なんであんなことしたんだろう・・」


などと、


「振り返り=後悔」


にしないこと。



まあ、たまに私も

やってしまうのですが・・(汗)




実際のところ、

「過去」を悔やんで「未来」を憂いても、

何も変わりません。



むしろ

ネガティブなマインド

に囚われすぎると、

心にブレーキがかかり、

行動できなくなってしまいます。



大切なのは、「過去」を振り返り、

そこから掴んだことを「今」に生かし、

それを積み重ねて

「未来」をつくっていくこと。



「未来」とは、「今」の連続

なのです。



そして、その「今」を

より充実させるためにも、

振り返る習慣が不可欠

だと考えています。



本日は、短めで。


*****************************


【本日のまとめ】

■ 「過去」を悔やんで「未来」を憂いたところで、

  何も変わらない。

■ 「今」をより充実させるためにも、

  振り返る習慣が不可欠

  ではないだろうか。



<<<  お知らせ  >>>

「桃栗(ももくり)メルマガ」(無料)を始めました。

毎週月曜日の配信予定です。

メルマガでしかないご案内もあります。

よろしければ、こちらからご登録下さい!

https://prime.shien-juku.com/index.php?action=R1&a=78&g=4&f=8


posted by 安野 広明 at 23:06| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする