2021年04月06日

Vol.3060「毎日続ける方が、キツイようだけれども楽という話」


昨日配信した

桃栗メルマガ(*)の「編集後記」にも書いたのですが、

実は先々週末に、

ぎっくり腰の一歩手前のような状態

になってしまいました。


https://prime.shien-juku.com/index.php?action=R1&a=78&g=4&f=8



おそらく、昨年末から3ヶ月以上、

毎日の筋トレによって

腰にかなりの負荷をかけてきたので、

痛みが一気に出たのだと思います。



あまりの痛さに、

コルセットを巻き、痛み止めを服用し、

会社での朝のラジオ体操もできず・・



もちろん、

筋トレも一時中断しました。



1週間が経ち、だいぶ楽になったので、

先週末から軽めの筋トレを

再開しています。



そうすると、早速、

ふくらはぎや太もも裏に筋肉痛が・・



たった1週間でも、

何もしなければあっという間に

筋力が衰えることを体感しました。



また、それ以上に、

自宅で筋トレモードに入るまでの

心理的なハードルが、

若干高くなった気がします。



例えば、

運動会の玉転がしで、

それなりに大きくて重めの玉を転がす際、

転がっている間は楽ですが、

いったん玉が止まって、再び転がし始める時には

力が必要ですよね。



まさにそんな感じで、

何事も、リスタートには

(肉体的にも精神的にも)

エネルギーをを要するのです。




そのように考えると、

何かを習慣化しようと思うなら、

期間が空くことで

いちいちエネルギーを使うよりも、

毎日続ける方が、

キツイようで、結果的には楽

と言えるのではないでしょうか?



まあ今回は、腰の激痛という

やむを得ない中断でしたが、

人によっては、1週間も空けば、

リスタートのエネルギーに抗えず、

そのまま筋トレが完全にストップする

なんてこともあり得るはずです。



私の場合、

わりとすんなり再開できたものの、

それは、そうなるような環境(=コミュニティ)

を整えていたお陰であって、

もしも環境が無く、独自でひっそり続けていた

とすれば、


「これを機に、しばらく筋トレはお休み!」


となっていた公算が大きい

と思います(汗)。




・・ということで、

「たまにガッツリ」よりも

「毎日少しずつ」の方が結果として楽

ですし、それこそが、

途切れさせずに習慣化させるコツ

であることを、

今回の体験を通じて

改めて考えさせられたので、

書き記してみました。


********************************


【本日のまとめ】

■ 何事も、リスタートには

  (肉体的にも精神的にも)エネルギーをを要する。

■ 「たまにガッツリ」よりも

  「毎日少しずつ」の方が結果として楽。



<<<  お知らせ  >>>

「桃栗(ももくり)メルマガ」(無料)を始めました。

毎週月曜日の配信予定です。

メルマガでしかないご案内もあります。

よろしければ、こちらからご登録下さい!

https://prime.shien-juku.com/index.php?action=R1&a=78&g=4&f=8

posted by 安野 広明 at 23:02| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。