2020年12月03日

Vol.2936「中小企業の見本!?最強の虫、コブゴミムシダマシ」


先日の日経新聞に、


「最強の虫の謎に迫る」


という、私(安野)好みの(笑)、

興味深い記事が掲載されていました。



記事の中で紹介されていたのが、

車に踏まれてもつぶれない、

カリフォルニア西部に生息する

コブゴミムシダマシ(*)。


* こんな虫です。
   ↓
https://www.asahi.com/articles/ASNC93RN5NC4ULBJ00C.html



天敵から飛んで逃げるのをやめ、

徹底して体を頑丈にした結果、

鋼のような体を手に入れたのだとか。



その硬さは、

ゾウ400匹分の重さにも耐えられるそうで、

もし鳥やトカゲに食べられても

かみつぶせずに吐き出し、命拾いする

というのだから驚きです。



まさに最強ですね。



「飛ばない」という戦略をとることで

飛ぶ必要がなくなった分、

有り余ったエネルギーを

防御や繁殖に投じるようになり、

特殊な形に進化したのではないか

と書かれていました。



個人的には、

まさに中小企業が見本とすべき虫だな〜

と感じます。



ここで、

中小企業にとっての「飛ばない」とは、

むやみやたらと

「売上規模拡大を狙わない」

と置き換えられるでしょうか。



中小企業が、

できるだけ速く、かつ遠くへ飛ぶこと

ばかりにエネルギーを注ぐ、

つまり、

急成長によって売上高を追い求めることに

血眼になっていると、

ろくなことはありません。



ヒト・モノ・カネのどこかに

歪みが生じ、いずれ

足元をすくわれてしまうでしょう。



少なくとも、

体力のない中小企業がとるべき戦略

ではないと考えています。




あたかもコブゴミムシダマシの如く、

中小企業は

「飛ばない」戦略をとり、

仮に売上規模は小さくても

しっかりと利益を出すことにエネルギーを注ぎ、

そのプロセスで独自の進化を遂げる。



そして、最終的には、

つぶそうと思っても簡単にはつぶれない

くらいの財務体質を

手に入れたいものです。



本日は、備忘録を兼ねて。


***********************************


【本日のまとめ】

■ 中小企業にとっての「飛ばない」とは、

  むやみやたらと「売上規模拡大を狙わない」

  ということ。

■ つぶそうと思っても簡単にはつぶれない

  くらいの財務体質を手に入れたいもの。



<<<  お知らせ  >>>

「桃栗(ももくり)メルマガ」(無料)を始めました。

毎週月曜日の配信予定です。

メルマガでしかないご案内もあります。

よろしければ、こちらからご登録下さい!

https://prime.shien-juku.com/index.php?action=R1&a=78&g=4&f=8


posted by 安野 広明 at 22:00| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。