2020年10月21日

Vol.2893「問題があることに気付けないのが問題」


似たような事象に遭遇しても、

そこから数多くの問題や課題を抽出し、

次につなげる人と、

何も感じない人とがいます。



両者の差は何か?



それは、能力というよりも、

問題を見つけようとしているかどうか

の違いにすぎません。



もっと言えば、


「何か問題はないだろうか?」


といった問いを、

常に頭の中で回しているかどうか

です。



そのように考えると、

疑問を持てない人は、

いつまで経っても、どんな経験をしても、

問題に気付けないことになります。



そもそも

そこに問題があると思ってすらいないのだから、

気付けないのは当然でしょう。




実のところ、問題というのは、

気付いたもの勝ちです。



気付きさえすれば、

あとは解決するのみ。



やるべきことも、

明確になります。



そうやって、一方は、

日常の中から問題を拾い集めては

1つ1つ解決し、もしくは

解決まで至らずとも物事を前に進めていく

のに対し、もう一方は、

何も気付くことなくただ過ごしている・・。



これで両者に

差がつかないはずはありません。



したがって、常日頃、


自分の中にどんな問いを立てているか?


はめちゃくちゃ重要。



それによって、

人生が大きく変わる

といっても過言ではないでしょう。



ちなみに私(安野)の場合、

このブログのお陰で、

何をしていても、常に、


「何かネタはないか?」


といった問いが立つようになりました(笑)。




これからも

人生の質が高まるような問いを持ち、

問題や学びの取りこぼしが無いよう

心掛けたいものです。



自戒を込めて。


*********************************


【本日のまとめ】

■ 似たような事象に遭遇した際、

  そこから数多くの問題や課題を抽出し、

  次につなげる人と、何も感じない人との差は、

  「何か問題はないだろうか?」

  といった問いを、常に頭の中で回しているかどうかの違い。

■ 人生の質が高まるような問いを持ち、

  問題や学びの取りこぼしが無いよう

  心掛けたいもの。



<<<  お知らせ  >>>

「桃栗(ももくり)メルマガ」(無料)を始めました。

毎週月曜日の配信予定です。

メルマガでしかないご案内もあります。

よろしければ、こちらからご登録下さい!

https://prime.shien-juku.com/index.php?action=R1&a=78&g=4&f=8


posted by 安野 広明 at 07:10| 島根 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。