2020年08月05日

Vol.2816「経営計画書で、未来に対して重み付けを」


「ふつうの日が5日あると、人生がダメになる」


と語ったのは、

コメディアンの欽ちゃんこと、

萩本欽一さん(79歳)です。



以前、NHKの『プロフェッショナル』という番組で、

そんなことをおっしゃっていました。



いくつになっても自分を変化させよう、

新しいことにチャレンジしよう

とする姿勢には、頭が下がります。



ただ、(私を含め、)多くの人は、

変わりたくても変われずに、結果として、

昨日と同じような今日、

今日と同じような明日

を送り続けているのではないでしょうか。



上記でいう「ふつうの日」が、

5日どころか、年中続く、

みたいな・・。



いやまあ、仮に、

「ふつうの日」ばかりだとしても、

日々を過ごせること自体ありがたいですし、

「ふつう」で充分という考え方も

あるとは思います。



とはいえ、もしも、

「本当はもっと変わりたいのに・・」

とくすぶりながら過ごしているとすれば、

見直すべき点はあるのかなと。




思うに、変われない人というのは、

未来に対してリアリティがない

というか、重みがない

ように感じます。



現在と未来をシーソーで例えるとすれば、

常に現在の側が重く、

地面にぴったりついているイメージです。



「まずは目標を紙に書き出すことが大切だ!」


という自己啓発セミナー(または本)に触発され、

「目標1億円!」

とか掲げたとしても、

それだけだと、やはり、

未来に対してリアリティも重みもない。



シーソーは

現在に傾いたままでしょう。




ではどうすれば、

未来に重み付けができるのか?



それは、未来に対して

できるだけ具体的なイメージを持ち、

丁寧に言語化していくしかない

と考えています。



まあ、実際のところ、

未来をイメージして言語化するのは

相当なエネルギーを要しますが、

こればっかりは避けて通れません。



少しずつでも言語の量を増やし、

未来を重み付けしていけば、


シーソーはしだいに

未来の側に傾きだし、

現在と未来のバランスがとれるはず。



やがて、

現在よりも未来の側が勝つようになれば、

変わるための行動へと

つながるのです。




そして、会社経営の観点でいえば、

未来に重みを付けるためのツールが、

経営計画書(*)

ということになります。


http://annokaikei.com/plan



私(安野)自身、現在、

来期の経営計画を作成していますが、

未来像や戦略の言語化にはエネルギーを要するものの、

未来の重みが増していくのを

肌で感じているところです。



もしも本気で変わりたいなら、ぜひ、

経営計画書をご活用下さい!



個人の場合とは異なり、

経営においては、

昨日と同じような今日、

今日と同じような明日

を送り続けることは、

命取りになりかねませんので・・。


*******************************


【本日のまとめ】

■ 未来にリアリティを持たせたり重み付けをするには、

  未来に対してできるだけ具体的なイメージを持ち、

  丁寧に言語化していくしかない。

■ 会社経営の観点でいえば、

  未来に重みを付けるためのツールが、

  経営計画書である。



<<<  お知らせ  >>>

「桃栗(ももくり)メルマガ」(無料)を始めました。

週1〜2回の配信予定です。

メルマガでしかないご案内もあります。

よろしければ、こちらからご登録下さい!

https://prime.shien-juku.com/index.php?action=R1&a=78&g=4&f=8


posted by 安野 広明 at 22:45| 島根 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。