2020年07月13日

Vol.2793「“モチベーション”を死守せよ!」


現在、

人間が行っている仕事の半分近くが

コンピュータやAI(人工知能)に置き換わる

と言われて久しいですが、


コロナ禍によって、その速度は、

一段と加速しているように感じます。



ITリテラシーの著しく低い私(安野)は、

いままで以上に

危機感を抱いているところです(汗)。



そんな中で、


「人間にしかできないこと(価値)」


とは何か?



どんな分野においても

専門性はもちろん必要ですが、

やはり、それだけでは足りません。



この点に関して、

AI等のシステムには無くて人間だけにあるもの、

それは、「モチベーション」だと、

ある本に書いてありました。



確かに、システムには、

「これがやりたい!」

という動機がありません。



目的を与えれば、

驚くようなスピードで処理できますが、それは、

「やりたくてやっている」訳ではなく、

「やれ」と指示されたから

やっているだけです。



つまり、

「何を目的にするか?」

「何を実現したいか?」

といった「モチベーション」は、

人間にしかないということ。



逆に言うと、

何に対しても「モチベーション」が発揮されず、

日々を受け身かつ惰性で過ごしている人は、

真っ先にシステムに使われる側になってしまう

かもしれません。



例えば、

スマホ依存に陥っている人は、

アプリを使いこなしているように見えて、

実際には、

誰かが作ったシステムの中で動かされているだけ

と解釈することもできるでしょう。



まあ、

それでも(=システムに使われる側でも)いい

という方は別として、

少なくとも私は、

「モチベーション」が最後の砦になるのなら、

人として、そこは死守すべきではないか

と考えています。



そして、そうすることで、

システムは、むしろ

自分の目的・目標を実現するための

強力なツール(=サポート役)となり、

将来を悲観する必要もなくなるはずです。




ということで、

いくつになっても

自らの目標を定め、目線を上げて、

「モチベーション」だけは失わぬよう、

心がけたいもの。



AIに取って代わられないように、

「モチベーション」を死守しましょう!(笑)


************************************


【本日のまとめ】

■ AI等のシステムには無くて人間だけにあるもの、

  それは、「モチベーション」である。

■ いくつになっても

  自らの目標を定め、目線を上げることで、
  
  モチベーションだけは失わぬよう心がけたいもの。




<<<  お知らせ  >>>

「桃栗(ももくり)メルマガ」(無料)を始めました。

週1〜2回の配信予定です。

よろしければ、こちらからご登録下さい!

https://prime.shien-juku.com/index.php?action=R1&a=78&g=4&f=8


posted by 安野 広明 at 22:46| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。