2020年05月31日

Vol.2750「リーダーが裸の王様にならぬように」


良かれと思ってやったことが、

相手に正しく伝わっていなかったり、

まったく喜ばれていなかったり、

違う意図で解釈されていたり、

むしろ迷惑がられたり(!?)した時には、

けっこうヘコむものです。



例えば、経営者が、

「社員のために!」と、

良かれと思って取組んでいても、

実際、社員さんには、

まったく伝わっていなかったり、

むしろ面倒くさがられている・・(汗)



これって、けっこう

あるあるだと思います。



経営者も人間ですので、

その事実を知ったら、愕然として、

心が折れそうになるかもしれませんね。



とはいえ、そのまま放置しても、

裸の王様になるだけ。



ですので、勇気を持って、


「社員にどう伝わっているのか?」


を確認する作業が不可欠

だと考えています。



具体的には、

(できるだけ1対1で)社員と向き合う時間を

(定期的に)設けるのがよいでしょう。



経営者から社員の方に寄り添い、

聞き役となって、

「本音ベースで、どう感じているのか?」

を聞き出すのです。



そういったきっかけでも無ければ、

社員から経営者には、

言い出しにくいでしょうし・・



もちろん、本音を出さない社員もいますが、

それでも、何もしないよりはマシ。



ちなみに弊社では、

毎月、個別面談を行っていますが、

私(安野)自身、

社員さんとの認識のズレに気付かされ、

ヘコんだことは、数知れず。



お陰で、だいぶ

メンタルが鍛えられました(笑)。



それはさておき、

せっかく「社員のために!」と、

良かれと思ってやっていることが、

まったく相手に響かず、あたかも、

「のれんに腕押し」「ぬかに釘」の状態で放置され、

かつ、

それに経営者が気付いていないことほど、

報われないものはありません。



お互いにとって不幸です。



したがって、

繰り返しにはなりますが、


「相手にどう伝わっているか?」


の確認作業をおすすめします。



あと、誤解の無いように付け加えておくと、

ここで言いたいのは、

社員が面倒くさがっているから止める

とか、

そんな単純な話ではありません。



つまり、

それが本当に社員の成長につながるのであれば、

相手が面倒くさいと感じようが、

取組みを強制する場面もあるはずです。




・・ということで、

経営者やリーダーは、


「自分が裸の王様になっていないか?」


を定期的にチェックしましょう!



自戒を込めて。


************************************


【本日のまとめ】

■ 経営者が、「社員のために!」と、

  良かれと思って取組んでいても、

  実際、社員さんには、

  まったく伝わっていなかったり、

  むしろ面倒くさがられている

  なんてことは、よくあるもの。

■ そんな裸の王様状態を避けるためにも、

  (できるだけ1対1で)社員と向き合う時間を

  (定期的に)設けてみてはどうだろうか。


posted by 安野 広明 at 21:33| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。