2020年02月14日

Vol.2643「自身の未熟さに気付いたら、“ただいま成長中”」


昨日・一昨日と東京に滞在し、

経営計画作成指導員として、

中小企業の経営計画書作りのサポートを

行って参りました。



ご縁をいただいた皆様、

ありがとうございます!


************************************


今回のような指導員役は、

過去にも何度か経験してきましたが、

短期間で初見の企業をサポートしたり、

評価される立場になる(←最終日に指導員としての評点を付けられる)

というのは、実は、

それなりに緊張感があります。



私(安野)は人見知りなので、

なおさらです(汗)。



そして、ほぼ毎回、

自身の未熟さに気付かされます。



「もっと自分に実力さえあれば、〇〇の面でもアドバイスできるのに・・」

とか

「他の指導員に比べて、自分はまだ〇〇が弱いな〜」

とか。



ですので、サポートが終わった後は、

やり切った充実感よりも、

なんとも言えない、

もどかしい気持ちの方が上回るのが

正直なところです・・。



とはいえ、個人的には、

このような感覚は、

必ずしもネガティブなことではなく、


そうやって未熟さに気付けるうちは成長の余地がある


とも感じています。



現時点で足りない部分は、

これから補強していけばよい

のですから。



それよりも、よろしくないのは、

「いつもと同じ場所、いつもと同じお客様」

という、

自分にとって居心地のよい場(=ホームグラウンド)

に身を置き続けて、


いつの間にか緊張感がなくなって弛緩し、

未熟さに気付けず成長が止まり、

お山の大将化(*)すること

だと思っています。


* ご参照下さい。
   ↓
Vol.1289「“自分の未熟さ”に気付かせてくれる機会はありますか?」
http://bplan.seesaa.net/article/438473626.html




ということで(!?)、時には、

あえて緊張感のある場、他者から評価される場

に身を置くよう、

意識されてみてはいかがでしょうか。



もしもそれで凹むことがあれば、

以前、植松勉さん(*)から教わったように、


「ただいま成長中」


と、自分に言い聞かせればよいのです(笑)。


* ご参照下さい。
   ↓
Vol.1398「昨日の特別講演会、無事に終わりました!」
http://bplan.seesaa.net/archives/20160917-1.html



この2日間を振り返り、

そんなことを考えました。


*************************************


【本日のまとめ】

■ あえて緊張感のある場、他者から評価される場

  に身を置くことで、自身の未熟さに気付くことができる。

■ もしもそこで凹むようなことがあれば、

  「ただいま成長中」

  と、自分に言い聞かせればよい(笑)。

posted by 安野 広明 at 23:01| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。