2020年02月09日

Vol.2638「希望は“未来”にしかない」


人間にとって最後まで残るもの、

失ってはならないものは、

「希望」だと思います。



したがって、組織のメンバーに

希望を与えることが、

リーダーの重要な役割と言えましょう。



しかしながら、現在の、

先行き不透明で閉そく感が漂う中、

多くの経営者やリーダーが、

希望を持てず、ビジョンを語れなくなっている

気がします。



それでは、

その組織で働くメンバーまで希望を失い、

社風や雰囲気も、悪化するかもしれません。



そこで、弊社では、

中小企業の経営者に希望を持っていただくこと

を目的とし、

今期より、事業の定義を、


「希望提供業」


としました。



われわれが関わることで、

お客様である中小企業を元気にしたい

という想いがあるからです。



その際にポイントとなるのが、

「未来思考」。



当然ながら、

「過去」・「現在」・「未来」で言えば、

希望は「未来」にしかありません。



したがって、

「過去」と「現在」に囚われている

経営者の脳内を、

いかに「未来思考」に切り替えていただくか

がネックになります。



そして、そのための商品が、

「あんの式月次決算書」(*1)



「経営計画書」(*2)。


*1 http://annokaikei.com/future

*2 http://annokaikei.com/plan



これらのツールを用いることで、

「未来」に希望を抱いていただき、

中小企業を元気にするのが弊社の本業

だと考えています。



・・まあ、

まだまだ商品の価値を伝えるスキルを

磨き切れていないのですが(汗)、


引き続き、社内での訓練等を重ね、

少しでも「希望提供業」に近づけるよう、

精進して参る所存です。


***********************************


【本日のまとめ】

■ 人間にとって最後まで残るもの、

  失ってはならないものは、「希望」である。

■ 「過去」・「現在」・「未来」で言えば、

  希望は「未来」にしかない。

■ 「過去」と「現在」に囚われている経営者の脳内を、

  いかに「未来思考」に切り替えていただくか

  がネックとなる。

posted by 安野 広明 at 20:37| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。