2020年01月31日

Vol.2629「時代が変わっても、ご縁を広げるのは“直感”と“リアル”」


昨日は、

シェアードバリュー・コーポレーション主催の

CHO(チーフ・ハピネス・オフィサー)講座に、

オブザーバーで参加させていただきました。



目的は、

ゲスト講師として登壇された

税理士法人報徳事務所代表の赤岩茂先生に会うためです。



講義のテーマは、

「幸せ基準を満たすために求められる健全財務のあり方」。



講義終了後も、

個別にお話することができて、

大変有意義な時間となりました。



赤岩先生とのご縁に、感謝です!




上記の通り、私(安野)は、

「この人に会ってみたい」

と、直感的にビビッと来たら、

可能な限り、足を運んでいます。



昨日は、

懇意にしていただいている

シェアードバリュー・コーポレーション、

小林秀司先生のご紹介でしたが、

今回のような特段の伝手がなくとも、

飛び込みで、講演会や研修会に参加したり、

(受け入れがあれば)見学を申し込んだりして、

直接、会って話すことを心掛けて来ました。



もしも、

ビビッと来たタイミングで会うことが難しければ、

その時は、森信三先生の、


「人間は一生のうちに逢うべき人には必ず逢える。

 しかも、一瞬早すぎず、一瞬遅すぎない時に。」


の言葉を思い出し、

「今じゃないってことだな〜」

と思うようにしています(笑)。



そんな活動を繰り返してきたお陰で、

ご縁のネットワークが広がったのは、

間違いありません。




また、実際に会ってお話すると、

その人の持つ雰囲気や人柄がよく分かります。



昨日も、赤岩先生は、

元TKC全国会 創業・経営革新支援委員会 委員長

元法政大学大学院 客員教授

人を大切にする経営学会 常任理事

千葉商科大学大学院 特命教授

松下政経塾 実践経営学講座 主任講師

など、

私からすれば立派すぎる方なのですが、

その謙虚さには驚きましたし、

いくつになっても学ばれる姿勢には、

頭が下がりっぱなしでした。

(年間数百冊の本を読まれるそうです)



講義のテーマでもある経営計画について、

赤岩先生のお話から得られるものが多かったことは

言うまでもありません。



私の中で、

尊敬する同業の先輩が、

また1人増えました。



ありがたい限りです。




・・ところで本日、何が言いたいかというと(汗)、

いくらネットの時代になっても、

自身のご縁のネットワークを広げ、強固にしていく上では、

やはり、リアルにはかなわないし、

そしてそこには、タイミングがあるな〜

ということ。



これからも、直感を信じ、

フットワーク軽く足を運び、

ご縁を広げて参ります!



本日は、備忘録ということで。



posted by 安野 広明 at 23:11| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。