2020年01月28日

Vol.2626「思考の山を登り続けるために」


考えても考えても

アイデアや答えが見つからない時には、

「山頂の一歩手前」

だと思うようにしています。



そうやって、考えることを諦めなければ、

そのうち、

おぼろげながらに言葉が浮かび、

やがて、自分なりの答えに

たどり着けるものです。



私(安野)自身、何度も

そのような経験をしてきました。



まあ、あくまで、

現在の自分のレベルにおける山頂であって、

実際には、事後的に、

まだ山の中腹にすらたどり着いていない

ことに気付かされるのですが・・(汗)。



とはいえ、いったん、

自分なりの答え(=山頂)まで

粘り強く考え続けることは、とても重要。



思考を深めるプロセスとは、

そういうものだと思います。




しかしながら、最近は、

スマホの影響なのでしょうか、

自分の頭で考えない、というか、

考えることをすぐに諦めてしまう人が多く、

もったいないな〜と感じます。



楽を選び、頭を使わないクセがつくと、

みるみるうちに思考筋が衰え(*)、

あたかも、

運転方法を忘れたペーパードライバーのごとく、

考え方すら分からなくなる(!)

可能性があります。


* ご参照下さい。
   ↓
Vol.2224「‶見た目は若いけど、思考筋は老化状態”にならぬように」
http://bplan.seesaa.net/article/463322857.html



そうなると、登山どころか、

山のふもとの樹海を彷徨っているようなもの。



クマに襲われるのか、

出口が見つからずに力尽きるのか、

いずれにしても、

考えなくなった人には

悲惨な顛末が待っているはずです・・。




したがって、

完全に思考停止する前に、

いかにして意識的に、

考えるクセを身に付けるかがポイント。



そして、そのためには、

できるだけ多く、

アウトプットの機会を設けることでしょう。



人前でしゃべろうと思えば、

(単に書かれたものを読み上げる形式でない限り、)

いったんは自分の思考のフィルタを

通りますので。



弊社において、

「3分間スピーチ」や「社内木鶏会」など、

アウトプットする機会を設けているのには、

そういった意図もあります。




・・ということで(!?)、

いくつになっても、

思考の山を登り続けたいもの。



そんなことを考えました。


************************************


【本日のまとめ】

■ 考えても考えてもアイデアや答えが見つからない時は、

  「山頂の一歩手前」と捉える。

■ 最近は、自分の頭で考えない、というか、

  考えることをすぐに諦めてしまう人が多い。

■ アウトプットの機会を設けることで、

  考えるクセを身に付け、

  いくつになっても思考の山を登り続けたいもの。

  
posted by 安野 広明 at 23:58| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。