2019年12月02日

Vol.2569「仕事の成果は、“準備”しだい」


仕事が上手くいかず、成果が出ない時、


「自分はなんてダメなんだ・・」

「まだまだ実力不足だ・・」


と自分を責め、落ち込むことは、

誰にでもあると思います。



そこで奮起し、

次のアクションにつながればよいのですが、

それがなかなか難しい・・なんてことも。



そこで、

上手くいかない時は、常に、


「準備不足だった」


と思うようにしてみてはいかがでしょう。



「実力不足」だと、

そこで思考が停止しますが、

「準備不足」と解釈すれば、

まだまだやりようはあった訳ですし、


「どんな準備が必要だったのだろう」

「次はしっかりと準備しよう」


と、

前向きに捉えることができるはずです。



ちなみに、

ここでいう「準備」には、

短期的なものと長期的なものとがあって、

特に重要になってくるのは、

長期的な「準備」。



現に、目の前の成果は、

数年前に蒔いた種が実ったもの

かもしれません。



ですので、常日頃、

地道にコツコツと知識や経験を蓄え、

「準備」しておくことが、

何よりも大切なのだと考えています。




仕事の成果は、準備しだい。



壁にぶつかったら、

自らの「準備」に目を向けてみることを

おすすめします。


******************************


【本日のまとめ】

■ 仕事で上手くいかない時は、常に、

  「準備不足だった」

  と思うようにしてみてはどうだろうか。

■ 地道にコツコツと知識や経験を蓄え、

  「準備」しておくことが、何よりも大切である。


posted by 安野 広明 at 22:07| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。