2019年11月29日

Vol.2566「"変化”を楽しみましょう!」


仕事をする中で、「変化」と聞くと、

どちらかといえば、

ネガティブな印象を受ける人が多い

気がします。



もしかすると、それは、

経営者やリーダーが、


「生き残るのは、強い者でも賢い者でもない、

 時代の変化に対応できる者だけだ!(by ダーウィンの進化論)」


みたいに、

「変化しなければ生き残れない」的な、

危機感と共に語るからかもしれません。



もちろん、現状維持を好む人間の本能

に影響される側面もあるでしょう。



その結果、人によっては、

できるだけ「変化」は避けたい

という思考が染みついているようです。



ただ、個人的に思うのは、

十年一日のごとく、

何も「変化」のない仕事ぶりでいて、

本当に楽しいのだろうか?

ということ。



まあ、慣れてしまえば

楽は楽なのでしょうけど、

数週間、数ヶ月なら耐えられるにしても、

それが、3年、5年、10年続くとなると・・。



少なくとも、

私(安野)にとっては苦痛でしかありません(汗)。



やはり、

仕事にも「変化」があり、

「大変だけど、充実感が得られる」方が、

いつまでも楽しく働ける

のではないでしょうか。




「もうこのくらいでいい」

と守りに入った瞬間から、

その人の衰退が始まる

と言われます。



自身が成長し続け、

大変だけど、いくつになっても楽しい人生

と、

衰退モードに入り、

楽だけど、歳を重ねるにつれて閉じていく人生。



どちらか選ぶとすれば、

私は迷うことなく前者です。



そして、そのためにも、

「変化」に対して受け身になる

のではなく、

こちらから向かっていく

くらいの気持ちで臨む必要がある

と考えています。



何事も、受け身なだけだと、

徐々に苦しくなりますので・・。



ということで、

「変化」を楽しみましょう!(笑)


*************************************


【本日のまとめ】

■ 仕事にも「変化」があり、

  「大変だけど、充実感が得られる」方が、

  いつまでも楽しく働けるのではないだろうか。

■ 「変化」に対して受け身になる

  のではなく、

  こちらから向かっていく

  くらいの気持ちで臨む必要がある。


posted by 安野 広明 at 18:16| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。