2019年11月13日

Vol.2550「人生は、バランスボールの如し」


昔から、


「人間万事塞翁が馬」

「禍福は糾える縄の如し」


というように、人生においては、

よい時期もあれば悪い時期もあります。



そんな中で、一番よろしくないのは、

禍の時に腐ったり、やけになったりして、

健康を害したり、敵をたくさんつくること。



もちろん、福の時でも、

有頂天になって派手な生活をする

みたいなのはダメです。



陰(=禍)と陽(=福)は表裏一体、

相互に補い合う関係にあるのだから、

どちらか一方に極端に振れることなく、

バランスを取ることが重要

だと考えています。




それはあたかも、

バランスボールみたいなもの。



右に落ちそうになれば左に重心を移動させ、

左に落ちそうになれば右に重心を移動させる

といった感じで、

常に反対側を意識しなければ、

バランスを崩し、そのまま落っこちてしまうでしょう。




・・おとぎ話のように、

「めでたしめでたし」

で終わらないのが人生です。



シンデレラだって、

王子様と結婚した後の人生は何も書かれていませんが、

もしかすると、

王子の両親にいじめられているかもしれませんし、

王子が失脚したり、国が滅ぼされているかもしれません(笑)。



この先、何が起こるか分からないからこそ、

厳しい状況に置かれた時には

腐らずに努力し続け、

順調な時には

偉ぶらず謙虚にと、

常に「反対側」を意識し、バランスを取ることを

心がけたいものです。


******************************


【本日のまとめ】

■ 陰(=禍)と陽(=福)は表裏一体、

  相互に補い合う関係にあるのだから、

  どちらか一方に極端に振れることなく、

  あたかもバランスボールの如く、

  反対側を意識することが重要ではないだろうか。

posted by 安野 広明 at 23:58| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。