2019年07月31日

Vol.2445「経営計画書でビジョンとお金”の両立を目指す」


「新1万円札の顔」

としても有名になった、

日本実業界の父、渋沢栄一氏が、

「論語と算盤(そろばん)」(*)

と説かれたように、


商売をする上で、「ビジョンとお金」は

両立させる必要があります。


* 論語つまり「倫理」と、算盤つまり「利益」を、

 両立させて経済を発展させるという考え方(インターネットより抜粋)



これを言い換えるなら、


「理念と戦略・戦術」


「あり方とやり方」


といったところでしょうか。



もちろん、優先順位が高いのは、

「ビジョン」や「理念」や「あり方」

ですが、

大切なのは、しっかりと

「お金」や「戦略・戦術」や「やり方」も

両立させることだと思います。




例えば、

自己啓発系、つまり、「あり方」系のセミナーや講演会は、

元気が出るし、学びや気付きがあるし、

感動するし、勇気をもらえるし、

自分や自社を見つめ直す上でも、

非常に価値は高いです。



私(安野)自身、一時期、

さんざんセミナーに参加しましたし、

いまでもたまに足を運びますので、

よく分かります。



ただ、そういった、

抽象度高めの勉強だけで

商売において結果を出せるかといえば、

それはまた別の話。



したがって、

「あり方」系のセミナーや講演会にどっぷりとはまり、

それだけで商売を分かった気になるのも、

少し違うのかなと・・。




やはり、両立させるには、

戦略や戦術の勉強が不可欠です。



そしてそのためにも、

自社の「経営計画書」(*)と真剣に向き合うことが、

最も効果的ではないかと考えています。


http://annokaikei.com/plan


*************************************


【本日のまとめ】

■ 「ビジョンとお金」を両立させるには、

  戦略や戦術の勉強が不可欠であり、そのためにも、

  自社の「経営計画書」と真剣に向き合うことが、

  最も効果的ではないだろうか。

posted by 安野 広明 at 23:14| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。