2019年07月30日

Vol.2444「記録することで、感情を冷凍保存できる!?」


愛読している月刊致知8月号に、


「知覧からのメッセージ 特攻隊の若者たちが遺したもの」


というテーマで、

知覧特攻平和会館の語り部である川床剛士(かわとこたけし)氏

の記事が掲載されていました。



実は私(安野)は、過去に3回、

川床氏のご講話を現地で拝聴したことがあります。



1回目は1人で、

2回目は社員研修旅行で、

3回目は次世代リーダーの会のメンバーと、

知覧へ訪れたのです。



川床氏の記事を読みながら、

懐かしく思い、当ブログ内で

「知覧」をキーワードに検索をかけてみたところ、

ヒットしたのが以下の通り。



Vol.479「“行動のタイミング”を逃さない」
http://bplan.seesaa.net/article/391361142.html


Vol.565「“余韻に浸る時間”をつくり出す」
http://bplan.seesaa.net/article/398966290.html


Vol.566「“精一杯”のレベルを上げる」
http://bplan.seesaa.net/article/398994950.html


Vol.1476「“知覧ツアー”を決行しました」
http://bplan.seesaa.net/article/444599590.html


Vol.1477「問われることで思考が深まる」
http://bplan.seesaa.net/article/444633149.html



ザッと読み返すだけでも、

訪問した当時の出来事や感情が、

鮮明に蘇ってきました。



おそらく、記録していなければ、


「そういえばこの人(川床氏)の話、聴いたことあるな〜」


程度で終わっていたかもしれません(汗)。




・・ここで大事だと思うのは、


「どこどこで なになにをした」


といった単なる事実ではなく、


「その時に、何を考え、どう感じたか?」


まで記録しておくということ。



あたかも、料理や食材を冷凍保存するかのごとく、

鮮度を保ったまま、

感情を冷凍記録(!?)するのです。



そして、いったん記録さえしてしまえば、

その内容を忘れたとしても、

必要な時に解凍する(=記録を見直す)だけで、

当時の感情が思い起こされます。



その上、食材とは異なり、

何度でもそれを味わうことができますので、

これをやらない手は無いのかなと。



私であれば、当ブログの中に、

過去6年分の日々の出来事が、

感情と紐付いた形で冷凍保存されているようなもの。



いつでも過去の感情にアクセスし、

鮮明に蘇らせ、

心で味わうことができるのだから、

それだけでQOL(=人生や生活の質)は高まりますし、


少しずつ(記録が)積み上がることで、

自己成長の実感にもつながっています。




・・ということで、


起こった出来事に感情を付け加えて記録する


を、習慣にしてみてはいかがでしょうか。



知覧の記事を読みながら、

そんなことを考えました。


*************************************


【本日のまとめ】

■ いったん記録さえしてしまえば、

  その内容を忘れたとしても、

  必要な時に解凍する(=記録を見直す)だけで、

  当時の感情を思い起こすことができる。

■ 起こった出来事に感情を付け加えて記録する

  を、習慣にしてみてはどうだろうか。

posted by 安野 広明 at 23:42| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。