2019年07月20日

Vol.2434「何のために”が強く求められる時代」


先日、ご講演を拝聴した、

アリババ(株)代表取締役社長CEOの香山誠氏

もおっしゃっていましたが、


これからはデータテクノロジーとAI(人工知能)によって、

産業の境目がなくなっていくことが

予測されます。



現に、アマゾンは、

書店のみならず、アパレル、家具、スーパー、百貨店など、

様々な業種・業態を飲み込んでいますし、

その影響(=アマゾンエフェクト)は、

まだまだ拡大していくでしょう。



アマゾン銀行の誕生も、

現実味を帯びてきました。


*ご参照下さい。
   ↓
『アマゾン銀行が誕生する日〜2025年の次世代金融シナリオ』
https://www.amazon.co.jp/dp/4822289664/



そうなってくると、

もはや誰がライバルなのか分かりませんし、

まさに市場は、混乱状態。



市場トレンドが右に振れたら右へ、

左に振れたら左へといった、

場当たり的な対応を繰り返していると、

やがて体力が尽き、

その他大勢のライバルと共に、

時代の波にのまれてしまう

かもしれません・・。




したがって、

このような混迷期だからこそ大事なのは、


自分たちが「何のために」この仕事を続けているのか?


という根っこの部分です。



この、「何のために」さえ定まっていれば、

あたかも

岩場にしっかりと根を張りながら

海流に合わせてユラユラと揺れる

ワカメや昆布のごとく、

会社として、

時代の荒波にも耐え、生き残ることができる

と考えています。




「何のために」自社が存在するのか?


「何のために」この仕事をするのか?


を、いま一度、

言語化しておくのもよいかもしれません。



そしてその際、

ぜひ、経営計画書(*)をご活用下さいませ!


http://annokaikei.com/plan


*************************************


【本日のまとめ】

■ 混迷期だからこそ大事なのは、

  自分たちが「何のために」この仕事を続けているのか?

  という根っこの部分。

■ 経営計画書を用いることで、

  「何のために」を言語化してみてはどうだろうか。

posted by 安野 広明 at 20:37| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。