2019年07月17日

Vol.2431「まずは、“自分がサボリ魔だと自覚すること”がスタート」


毎日ブログを書いていると、たまに、

「意志が強い」とか「努力家」

とか言われることがあるのですが、

私(安野)は元来、相当なサボり魔です。



具体的なサボり事例(!)を書き出すと切りがないので

やめておきますが(汗)、

とりわけ、自分が興味関心を持てないことや、

苦手意識の強いことに対しては、

手を抜く傾向があります。



会社でも、

「やる」と言って、いつの間にか「無かったことにした」

企画は、数知れず・・



したがって、決して、

「意志が強い」訳ではないですし、

私自身、自分がサボり魔であることを、

全面的に認めています(笑)。




実は、この点について、

以前、南海キャンディーズの山里亮太氏(=通称、山ちゃん)が、

インタビュー(*)の中で

こんなコメントを残していました。


(ここから)
  ↓
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

まずは、自分がサボり魔だって自覚することです。


サボっちゃう自分を当たり前だと思う。


そしたら、どうすればサボらないか…ってことに考えが回ります。


ボクの場合は、

「サボったらオレは終わる」

っていう危機感をいつも持っています。

−−−−−−−−−−−−−−ー−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  ↑
(ここまで)


https://r25.jp/article/560344115553796638



記事によると、山ちゃんは、

10年以上、ほぼ毎日、

反省ノートを書き続けているそうです。



天才肌のお笑い芸人かと思いきや、

めちゃくちゃ努力家だったのですね・・。



それはさておき、私も、

山ちゃんと同じように、


「自分がサボリ魔だと自覚すること」がスタート


だと考えています。



ヘタに、

「自分だってやる気を出せばいつでもできる!」

とか

「まだ本気を出していないだけ!」

とは思わない方がよいでしょう。



だからこそ、このブログにしても、

「毎日更新」をホームページ等で公言することによって、

自分で自分に縛りをかけています。



逆に言うと、縛りが無ければ、

色々な言い訳をつくってサボることが、

自分でも分かっているのです・・。




また、これも山ちゃんがコメントしているのですが、


「努力に対する捉え方」


はとても参考になります。


(ここから)
  ↓
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−ー

努力って、目的を成し遂げる行為であり、

自分の自信を保つ行為でもあると思うんですよ。


「オレはこんな努力をちゃんと続けているぞ」

っていう自信の貯金になる。


毎日反省ノートを書き続ける理由も、

「今日も1日頑張ったな」

っていうことを可視化できるようにする作業なんです。


その作業って意外と睡眠をよくしてくれるんですよね(笑)。


だからやめたいなんて1ミリも思わないですよ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−ー
  ↑
(ここまで)



確かに、

努力が辛く、苦しいものではなく、

自分の自信を保つ行為だとすれば、

努力に対してポジティブになれそうです。



そして、

そうやって努力を積み重ねていく上で、まずは、


「自分がサボリ魔である」


と肯定するところから、

スタートしてみるのもよいかもしれません。




何かのご参考までに。


***********************************
 

【本日のまとめ】

■ 努力が辛く、苦しいものではなく、

  自分の自信を保つ行為だとすれば、

  努力に対してポジティブになれる。

■ まずは、「自分がサボリ魔である」

  と肯定するところから、

  スタートしてみてはどうだろうか。


posted by 安野 広明 at 22:10| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。