2019年06月17日

Vol.2401「粘り強さ”を手に入れ、自分を諦めない」


人間的な「強さ」というと、

自ら立てた目標をやり遂げる強固な「意志力」や「克己心」

をイメージされる方は多いと思います。



確かに、

そうした「自分に対する厳しさ」を持っている人には、

人間的な「強さ」を感じるものです。



ただし、現実問題として、

それができる人は、そう多くありません。



私(安野)を含め、

目標を立てては、三日坊主で挫折・・

を何度も繰り返すのが、

世の中の大勢でしょう。



そしてその都度、


「あ〜、やってしまった・・自分は弱い人間だ」


と、思い悩むのです。



ただ、最近、

人間的な「強さ」には、

他の要素もあるのではないか?

と考えています。



その1つが、

「粘り強さ」

です。



3歩進んで2歩下がったとしても、

1歩でも半歩でも進めば、それでよし。



何度失敗しても挫折しても、

自分を諦めない強さです。



これなら、別に、

能力や才能に恵まれなくても、

凡人の私でも、

磨くことができるのかなと。




中学や高校の部活動では、

3年間という期限がありますので、

いくら粘り強く頑張ったとしても、

努力が報われる前にタイムアップ

ということはあり得ます。



しかし、

社会人には時間制限が無いため、

この、七転び八起きの精神で、

粘り強く自分を諦めなければ、

どこかのタイミングで努力が花開くはず。




「粘り強さ」を手に入れ、


「5年後、10年後の自分が楽しみ」


と言えるようになりたいものです。


***********************************


【本日のまとめ】

■ 「意志力」や「克己心」だけではなく、

  「粘り強さ」も、人間的な「強さ」である。

■ 「粘り強さ」を手に入れ、

  「5年後、10年後の自分が楽しみ」

  と言えるようになりたいもの。

posted by 安野 広明 at 23:38| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。