2019年06月10日

Vol.2394「変化の力をあなどってはいけない」


先日、社員研修旅行で訪れた

潟с}サコウショウ様は、

宮城県石巻市にて、水産加工業を営んでいらっしゃいます。



創業が昭和9年という老舗企業で、

現在、代表をおつとめの佐々木孝寿社長は、

3代目になるそうです。



弊社でも行っている

社内木鶏会(=『月刊致知』を用いた社員研修)に

長年取り組んでおられ、

2014年に開催された社内木鶏全国大会では、

感動大賞を受賞されました。



佐々木社長曰く、

社内木鶏会の信条でもある

「美点凝視」(=相手の良い点を見る)をベースに、

まずは、石巻市で一番、

次に、宮城県で一番、

そしてゆくゆくは、日本で一番、


「ありがとうで溢れる会社を目指したい」


とのこと。



実際に、

ご対応下さった社員さんの明るい笑顔から、

社風の良さが伝わってきました。




そのヤマサコウショウ様では、8年前、

東日本大震災の津波被害によって工場が半壊。



製造停止状態となったため、

30名の社員を残して、

他の社員は一時解雇せざるを得なかったそうです。



それでも、半年後には、

牛タン入りつくね(*)などの新商品を開発され、

震災前にはほとんどやっていなかった

「消費者への直売」に挑戦するのですが、これが大ヒット。


http://www.yamasakousho.com/?pid=117164602



メイン事業である水産加工品製造販売の方も復活し、

現在では、パートや外国人実習生を含め、

140名体制になられました。



佐々木社長は、


「津波によって、何も無くなったから、思い切って挑戦できた」


と笑顔でおっしゃっていましたが、

ここに至るまでのご苦労は、

想像を絶するものがあったはずです・・。




そんな佐々木社長のご講話の中で、

特に印象に残ったのは、


「水の力をあなどってはいけない」


という言葉。



詳細は割愛しますが、


「まあ、ここまでは来ないだろう」


という油断が、時に、

生死を分けることを知りましたし、


近年のゲリラ豪雨を含め、

私自身や自社の防災意識を高める

きっかけにもなりました。



また、このことは、

防災のみならず、経営においても同じ

だと思います。



「AI(人工知能)の進化がどうとか言ってるけど、まあ、なんとかなるでしょ」


といった油断は、場合によって、

会社の命運を分けることすらあるでしょう。



決して、


「変化の力をあなどってはいけない」


のです。




ということで、

防災においても、経営においても、

「凍りつき症候群」(*)にならぬよう気を付けねば・・

と強烈に感じたので、

書き記した次第。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.2212「“凍りつき症候群”に陥らぬよう、経営計画書を用いて“バイアス”を打破せよ!」
http://bplan.seesaa.net/article/463150084.html



何かのご参考までに。


************************************


【本日のまとめ】

■ 東日本大震災では、「まあ、ここまでは来ないだろう」

  という油断が、生死を分けることにつながった。

■ 経営においても、「まあ、大丈夫だろう」

  といった油断は、場合によって、

  会社の命運を分けることすらある。

■ 変化の力をあなどってはいけない。


posted by 安野 広明 at 21:38| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。