2019年05月21日

Vol.2374「“本物”は、冷めてもおいしい」


食事をする際に、

温かいうちはおいしく感じるけど、

冷めるといまいち(場合によっては、食べれたものではない!?)

みたいな食料品は

結構あると思います。



おそらく、

素材の質を誤魔化すために、

防腐剤や化学調味料や着色料などの添加物が

使われているからでしょう。



本物の素材で勝負していれば、

冷めてもおいしいはずです。




そして、このことは、

人間関係に置き換えても同じ

ような気がしています。



例えば、相手の会話が

軽妙かつユーモアのあるもので、

その場は盛り上がったとしても、

冷静になって振り返った時に、

あたかも、冷めるといまいちな食料品の如く(!?)、


「あの人は面白いけど、話の中身は全く何も残らない・・」


と感じた経験はないでしょうか?



もちろん、プライベートの時間に

その場限りで楽しむだけならそれでよいのですが、

そうではない場合、


「あの人と喋ったけど、何も残らなかった(場合によっては、時間の無駄だった!?)」


なんて思われてしまうのは、

大変残念なこと。



やはり、せっかく

相手と時間を共有するのであれば、


「この人からは学びが得られる」

「いい出会いだった」

「また会いたい」

「この人とは長く付き合いたい」


と相手に思っていただきたいですし、


トーク力による

一時的な盛り上がりやテンションではなく、

冷静になった時、上記のように感じさせる人、

言い換えると、

冷めてもおいしい人(!)こそが、

「本物」ではないかと考えています。



まあ、一番いいのは、

話しも上手で、学びのある人

なんですけど。




・・どちらも兼ね備えていない私(安野)は(汗)、

まずは目の前の相手に価値提供できるよう

努力して参る所存です!


*************************************


【本日のまとめ】

■ トーク力による一時的な盛り上がりやテンションではなく、

  冷静になった時に、

  「この人からは学びが得られる」

  「いい出会いだった」

  と感じさせる人こそ、「本物」である。

■ そんな「本物」を目指すためにも、

  まずは目の前の相手に価値提供することから

  意識してみてはどうだろうか。


posted by 安野 広明 at 23:26| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。