2019年04月23日

Vol.2346「“未来”は“現在”の意思決定によって創られる」


現在、会社で起きている事象は、

「過去」に行った意思決定によるものです。



▼ どのような商品・サービスを市場に投入するか?

▼ どんな人を採用し、教育するか?

▼ 経営資源をどこに配分するか?

▼ 社内にどんなルールを構築するか?


などなど、

「過去」に決めたことを実行に移した結果が、

「現在」の事象として現れています。



したがって、

もし仮に、現在、

自社にとってマイナスの事象が起きているとすれば、

それは、


「過去」から続けてきた行動を見直すタイミング


と解釈すべきでしょう。




また同時に、

会社の「未来」は、

「現在」の意思決定によって創られます。



ですので、

よりよい「未来」を目指すためにも、

過去の成功体験や過去に築いたビジネスモデル

に固執するのではなく、


市場に対してアンテナを立て、

現場に足を運ぶことで、


「現在」から何を読み取り、意思決定するか?


がとても重要。



もしかすると、その意思決定が、

「未来」の会社の明暗を分けることになる

かもしれません・・。




このように、会社経営は、

過去・現在・未来の時間軸で捉えなければならない

と考えています。



そして、当然ながら、

「過去」は変えられませんので、常に、


「現在」の意思決定のアップデート(=新たなことに挑戦)


をしていく必要があるでしょう。




・・ちなみに、弊社では現在、


「人を大切にする経営実践講座全6回」(*)


をご案内しております。


http://annokaikei.com/news/1815



テーマが「人づくり」なだけに、

即効性は期待できず、

それこそ長い時間軸を要するものではありますが、


時間がかかるが故に、

早目に取組まなければならないテーマ

でもあります。



まさに、

「現在」の意思決定が、

社風がよく、社員がやりがいを持って働き、人手不足に悩まされない、

そんな「未来」を創造するのです。



ということで(?)、

御社にとっての明るい「未来」のために、

ぜひ、この機会に

「ご参加」を意思決定されてみてはいかがでしょうか?(笑)



ご応募、お待ちしてます!


************************************


【本日のまとめ】

■ 会社経営は、

  過去・現在・未来の時間軸で捉えなければならない。

■ よりよい「未来」を創造するためにも、

  市場に対してアンテナを立て、現場に足を運ぶことで、

  「現在」から何を読み取り、意思決定するか?

  がとても重要。

■ 「過去」は変えられないので、常に、

  「現在」の意思決定のアップデート(=新たなことに挑戦)

  をしていく必要がある。



posted by 安野 広明 at 22:08| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。