2019年04月11日

Vol.2334「日常の中に“ぼんやり時間”を設けましょう」


コップの中に入った泥水を

しばらくの間放置しておくと、

やがて泥が沈み、

水と泥とに分かれます。



ここでいう

茶色く濁った泥水は、

仕事や人間関係によって感情が揺らいでいる

心の状態の例えです。



そのままでは視界が悪く、

正しい判断はできません。



したがって、

心の中の舞い上がった泥を静めるために、

心を静かに保つ時間、

言い換えれば、


「ぼんやり時間」をつくることが大切


だと考えています。



それは、

仕事の合間のコーヒーブレイクの時間、

移動時間、お昼休み、就寝前などなど、

つくろうと思えば、誰にでもつくれるはず。



ちなみに、

昔から1人でボーッとするのが好きな私(安野)は、

移動の際の車中から自然の景色を眺める時間



就寝前の1人の時間

などを、「ぼんやり時間」に充てています。



まあ、ほんの数分ではありますが、

この「ぼんやり時間」を持つことで、

それほど感情に流されることなく、

わりと冷静に経営判断ができている気がします。

(正しいかどうかは別として 汗)



また、

ひらめきやアイデアが浮かぶのも、

実はそういった時間です。




ただし、最近では、

暇さえあればスマホをいじって、

この「ぼんやり時間」を確保できない人が

なんと多いことか・・



ネットの記事を眺めたり、

SNSで友人とやりとりしたり、

他人の投稿を読んだり、

スマホゲームをしたりすれば、

むしろ感情は刺激され、

心の中の泥が舞い上がりますので、

いつも視界が悪く、濁った状態になります。



それでは判断を誤るばかりか、

感情に振り回されて

イライラの原因にもつながるでしょう。



世の中に

やたらと不機嫌な人が増えているのも、

それが一因かもしれませんね。




・・ということで、日常において、

「ぼんやり時間」(=心を静かに保つ時間)

を意識的に確保されてみてはいかがでしょうか?



舞い上がった泥が沈み、

泥水が透明な水になった時、必ず、

見えてくるものがあるはずです。


*************************************


【本日のまとめ】

■ 心の中の舞い上がった泥を静めるために、

  心を静かに保つ時間、言い換えれば、

  「ぼんやり時間」をつくることが大切。

■ 舞い上がった泥が沈み、

  泥水が透明な水になった時、

  見えてくるものがあるはず。


posted by 安野 広明 at 21:30| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。