2019年02月09日

Vol.2273「経営計画書は、人を幸せに導くツール」


人は「習慣の奴隷」だと言われます。



例えば、

講演会等を聴いて学びを得たり、

考え方が変わったとしても、

数日経てば元の生活に戻ってしまうのは、

習慣が以前のままだから。



結局のところ、

習慣自体に手を加えない限り、

何も変わらないのです。



そして厄介なことに、

習慣というのは容易には変わりませんし、

見直そうと思えば、


「長い時間軸」と「繰り返しの力」


を要します。



ここを乗り切れるかどうかが、

勝負の分かれ目と言えましょう。




少し話は変わりますが、

昨日のエントリ(*)でも書いたように、

職場は、社員さんの「幸福実現の場」でなければならない

と考えています。


* ご参照下さい。
   ↓
Vol.2272「職場とは、‶幸福実現の場”である」
http://bplan.seesaa.net/archives/20190208-1.html



したがって、社員さんには、

仕事を通じて


幸せを引き寄せるような良い習慣


を身に付けていただきたいというのが、

経営者としての私(安野)の想いです。



そしてそのためにも、

弊社の経営計画書には、「方針編」の中に、


▼ 全社員で取り組む11の行動指針

▼ お客様への正しい姿勢

▼ 接客・電話等に関する方針

▼ 環境整備に関する方針

▼ 報・連・相に関する方針


などが盛り込まれており、

社内会議で内容を確認しながら

「繰り返しの力」が働くようにしているつもり。



まあ、(私を含め、)

習慣が身に付くまでには

まだまだ時間がかかるとは思いますが、

それでも「長い時間軸」と共に

良い方向へと向かっていくはずです。



そういう意味では

「方針編」の入った経営計画書

というのは、


社員さんを幸せに導くツール


とも言えるのではないでしょうか。



だからこそ

「人を大切にする経営」には、

経営計画書が不可欠だと考えています。


********************************


【本日のまとめ】

■ 人は「習慣の奴隷」であり、

  習慣自体に手を加えない限り何も変わらない。

■ 習慣を見直そうと思えば、

  「長い時間軸」と「繰り返しの力」

  を要する。

■ 幸せを引き寄せるような良い習慣

  が書かれている経営計画書というのは、

  人を幸せに導くツール

  と言えるのではないだろうか。



posted by 安野 広明 at 19:58| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。