2019年01月29日

Vol.2262「中小企業は、地域の“小さな灯”を目指す」


以前、経営の師匠から、


「地方のお店(会社)は、

 どんなに過疎化が進んだとしても、

 地域の1人1人を結びつける“縁側”のような存在

 を目指しなさい。


 そして、その地域の元気の中心核となり、

 小さな灯(ともしび)となりなさい。」


といった趣旨のアドバイスを

いただいたことがあります。



また、師匠曰く、


「企業の成長力は、地域の人々を結びつける力に比例する」


のだそうです。



この点、弊社では、

これまでに

毎年恒例の「特別講演会」や「コメディ・クラウン・サーカス」、

毎月の「次世代リーダーの会」など

を通じて、

地域の人々が集まる場だったり、

ご縁が繋がる場を提供してきたつもりですが、


「地域の人々を結びつける」

という意味では、

概ね方向性は間違っていないのかな〜

と(勝手に)思っています。



さらに、師匠のアドバイスを踏まえ、

この度、新たなコミュニティとして、

「人本経営サークル」

なるものを起ち上げました。



当該コミュニティは、

弊社が企画・運営している「人を大切にする経営実践講座」

の参加企業によって形成され、

今後、メンバー間でプチ企業視察等を行い、

切磋琢磨の関係を築いていく予定です。



将来的に、このコミュニティから、

地域の元気を発信できるようになれば・・

と考えています。




とはいえ、弊社の場合、

まだまだ力不足なのが現状(汗)。



お互い、


「このお店(会社)があるから、地域の魅力が増した」


と言われるような、

地域の小さな灯を目指して参りましょう!



・・と、宣言するの巻(笑)。


************************************


【本日のまとめ】

■ 企業の成長力は、

  地域の人々を結びつける力に比例する。

■ 「このお店(会社)があるから、地域の魅力が増した」

  と言われるような、

  地域の小さな灯を目指したいもの。



posted by 安野 広明 at 22:58| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。