2018年12月09日

Vol.2211「経営に‶予祝(=前祝い)”を取り入れてみる」


先日、福島県での勉強会(*)に参加したメンバーで、

創業83年となる老舗企業のS社長(54歳)が、

「自社の経営指針発表会で使った」

という映像を見せて下さいました。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.2210「経営者に必要な、‶足運び”という‶第二領域”」
http://bplan.seesaa.net/archives/20181208-1.html



それは、同社にとって、

創業100周年の前年に当たる、

いまから16年後。



「70歳になったS社長から、社員さんへのメッセージ」


という設定の映像です。



内容としては、


「素晴らしい仲間に囲まれ、

 皆で協力し合い、苦難を乗り越えた結果、

 16年後には、ビジョンが実現している・・」


といったもの。



途中、

「100周年となる来年には、

 全員でハワイ旅行に行くぞー!」

という微笑ましい場面もありました(笑)。



そして最後に、70歳になったS社長が、

社員の皆さんに対して、

「みんなありがとう!」と心から感謝をし、

同時に、

「みんなおめでとう!」と盛大に祝福している。



そんなS社長の想いが、

写真と音楽と文字を使い

約5分の映像にまとまっており、

見せてもらった私(安野)も、感動しました。


(経営指針発表会では、

 社員の皆さんが涙されたそうです)




S社長に聞いたところ、

これを「予祝」(=前祝い)というのだとか。



ちなみに「予祝」は、日本の伝統的な行事

に取り入れられていることも多く、

例えば、

日本ではなぜお花見をするのか?

というと、それは、

春に咲く満開の桜を、秋の稲の豊作に見立てて、

仲間とワイワイ酒を飲みながら

「予祝」をしているのだそうです。



先に喜び、先に祝うことで、

その現実を引き寄せるという、

いわゆる「引き寄せの法則」

のようなものでしょうか。



S社長は、この「予祝」を、

経営に取り入れたということですね。



素晴らしい取組みだと

感じました。




・・思うに、

社内のメンバー1人1人が力を発揮し、

会社全体として成果を上げるためには、


未来のイメージ(=ビジョン、理念)をどこまで共有できているか


にかかっています。



そして、望むべくは、

ビジョンを達成した先にある、


「関係するすべての人が幸せになっているイメージ」


まで具体的に共有できれば

理想的でしょう。



イメージがメンバーに浸透し、

それが強固になればなるほど、

「引き寄せの法則」が発動される

かもしれませんし。



そのためにも、経営者は、

諦めず、しつこく、何度もビジョンを語り続け、


経営計画書に未来像を明文化したり、

上記のように映像化したりと、

工夫改善を繰り返さなければならない

と考えています。



経営の中に、

日本古来の「予祝」を取り入れる・・



この発想は、ありですね!


**********************************


【本日のまとめ】

■ 先に喜び、先に祝うという「予祝」は、

  日本の伝統的な行事に取り入れられている。

■ ビジョンを社内に浸透させるためにも、

  経営の中に「予祝」を取り入れてみてはどうだろうか。





posted by 安野 広明 at 19:19| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。