2018年09月30日

Vol.2141「“まずはやってみる”のスタンスが、多面的な視点をもたらす」


昨日は、

地元にある金比羅神社の秋季例大祭

が翌日に控えているということで、

準備のお手伝いをした後、

前夜祭の神事に参列。



いわゆる、当番が回って来た訳ですが、

初めてのことだらけで、

なかなか刺激的でした。



準備の際には、雨が降りしきる中、

祭りののぼり旗を立てたり、

紙垂(しで)付の竹をフェンスにくくりつけたり。



途中、

「“くも”をつくる」よう指示され、

「え?“くも”って・・何だ?」

と思いながら手伝っていたのですが、


どうやら、石見神楽の際に

雲を見立てて天井に取り付けられる「天蓋(てんがい)」(*)

のことを、「くも」と呼ぶそうです。


http://iwamikagura.jp/enmoku/tengai/



あれって、毎回、

本物の竹を取ってきて枝を削ぎ落とし、

手作りしてたんですね・・。



ちょっと驚きました。



その後の神事も含め、

ひと通り携わってみて感じたのは、

こういった準備やしきたりは、

やってみて初めて大変さが分かるな〜

ということ。



講演会やイベントの主催はしたことがありますが、

地元の祭りで主催側に回ったのは、

今回が初めて。

(とはいえ、私はお手伝い程度ではありますが)



けっこうな手間暇のかかることを

長年、受け継いで来られたという事実は、

ありきたりな表現ですが、

凄いことだと心から思います。



この感覚は、

客として祭りに足を運ぶだけでは、

決して分からないでしょう(過去の私がそうでしたので 汗)。



むしろ、

祭りが滞りなく行われるのが当たり前で、

少しでも不備があれば文句を言う人

もいるかもしれませんね。



でも、今回の経験によって、

少なくとも私自身は、

祭りを支えて下さっている方々に

感謝の念が湧きましたし、

これまでとは視点や見え方が変わりました。



言い換えれば、

新たな視点を手に入れ、

一面的ではなく、

より多面的に見れるようになった

ということです。



まあ、今回の場合は、

「当番だったから」

というのもありますが、やはり、

やったことが無いことを避ける

のではなく、

「これもよい経験」と捉え、


「まずはやってみる」


という姿勢が、

多面的な視点を手に入れるためにも大事だな〜

と、

改めて考えさせられた次第です。




・・本日は、備忘録を兼ねて。


**********************************


【本日のまとめ】

■ やったことが無いことを避ける

  のではなく、

  「まずはやってみる」

  という姿勢が、

  多面的な視点をもたらすのではないだろうか。







posted by 安野 広明 at 21:00| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。