2018年07月31日

Vol.2080「仕事の最終形をイメージしてますか?」


私(安野)がセミナーやイベントを企画する際には、

必ず、早い段階(2〜3ヶ月前)で

会場の下見や打合せをするように

心掛けています。



そうやって、頭の中に

当日のイメージ(=最終形)をできるだけ鮮明に描くことで、


「このイメージを実現するためには、

 どういった準備(行動)が必要か?」


という、

逆算思考が働くからです。



もしもこのイメージを持たないままに、

行き当たりばったりで準備したなら、

当日が近づくにつれ、

「あれが足りない」、「これもやらないと・・」

といった感じで

すべてが後手後手に回り、


当日にエネルギーを集中させるどころか、

集中力散漫で、穴だらけの、ぐだぐだな企画

となってしまいかねません。



それでは、

ご来場者をはじめ、

関係各者にご迷惑をかけてしまうでしょう・・。




そして、よくよく考えると、

このことは、

セミナーやイベントに限らず、

すべての仕事において同じ

といえます。



与えられた仕事の最終形を

具体的にイメージできる人は、

逆算の発想で、


「いつまでにどんな準備をしなければならないか?」


を考えながら行動するため、

前倒しでものごとが進み、

そこに無駄がありません。



仮に、何かのミスが生じたとしても、

時間的に余裕があれば、

リカバリーできます。



そうすることで、

次工程に携わるメンバーをはじめ、

会社全体として、

仕事がスムーズに流れるはずです。




これに対して、

先のことをあまりイメージせず、

思考停止したまま作業に取り掛かると、

まったく逆の現象が起こります。



例えば、


▼ 仕事が後手後手に回り、上司やお客様に言われてはじめて動く

▼ 期限はギリギリ、もしくは期限を守れない

▼ 資料の不足・漏れ・ミスが多い

▼ 周りのメンバーにしわ寄せが行く


などなど。



もしも、社内において、

このような状態を放置しているとすれば、

いくら「働き方改革」を声高に叫び、

生産性アップのためのIT投資をしたところで、

意味を為さないでしょう。



はっきり言って、

「働き方改革」以前の問題ですので・・




そこで、個人的には、

会社全体の仕事の流れをスムーズにし、

生産性アップを奏功させるためにも、


社内メンバー1人1人が、

朝か夜、5分でも10分でもいいので、

手帳を見ながら、

「今日(または明日)1日」、「1週間先」、「1ヵ月先」

の仕事の最終形をイメージする習慣

を持つことが望ましい

と考えています。



そうすることで、

行き当たりばったりの成行き思考から、


「いつまでにどんな準備をしなければならないか?」


という逆算思考へと切り替わるはず

だからです。


************************************


【本日のまとめ】

■ 手帳を見ながら、

  「今日(または明日)1日」、「1週間先」、「1ヵ月先」

  の仕事の最終形をイメージする習慣

  を持つことで、逆算思考に切り替われば、

  仕事がスムーズに流れるようになるはず。







posted by 安野 広明 at 22:30| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。