2018年07月04日

Vol.2053「尊敬する人物は、多い方がよい!?」


たまに、


「尊敬する人物は誰ですか?」


と聞かれることがあるのですが、

そんな時、いつも、

返答に困ってしまいます。



「歴史上の人物で1人だけ」

と言われれば、

吉田松陰先生を挙げるかもしれませんが、

それでも、

特定の人に絞るというのは、

なかなか難しいもの。



なぜならば、私(安野)の場合、


これまでに講師としてお招きした方々、

こちらからお邪魔してお話を伺った方々、

研修等で継続的に学ばせていただいている方々、

本の中で出会った方々など、


尊敬する人物(=師匠と(私が勝手に)呼んでいる人)が、

数え切れない程いらっしゃるからです。




この点、人によっては、


「尊敬すべき人物(または師匠)は、数名に絞るべきだ」


という考えもあるかもしれません。



まあ、確かに、

それも一理ございます。



ただ、何より大事だと思うのは、

自分が悩んだり迷ったりした時や、

困難にぶつかった時などに、

尊敬する人物の顔を頭に浮かべ、


「あの人ならどうするだろうか?」


と、思いを巡らせることです。



それはあたかも、

日本古来の発想でもある、


「お天道様が見ている」


というのと似たような感覚。



自分だけではない、

第三者の目線が入ることで、

自然と背筋が伸びたり、

苦しい場面でも踏み止まれる

のではないでしょうか。




そういう意味において、

個人的には、

尊敬する人物が多ければ多いほど、

シチュエーションに応じて

様々な師匠の顔が浮かぶため、


尊敬する人物や師匠は、たくさん持っておいた方がよい


と思っています。




何かのご参考までに。


*************************************


【本日のまとめ】

■ 尊敬する人物の顔を頭に浮かべ、

  「あの人ならどうするだろうか?」

  と、思いを巡らせることによって、

  苦しい場面でも踏み止まれるもの。

■ 尊敬する人物や師匠は、

  たくさん持っておいた方がよい

  のではないだろうか。






posted by 安野 広明 at 23:05| 島根 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。