2018年04月25日

Vol.1983「目標達成へのこだわりなくして、目標設定の意味なし」


昨日は、

「第7回 宗味を愉しみつながる会」(*)

を開催。



過去最高の37名

がご出席下さいました。



同会には、これまでに

延べ200名以上がご参加され、

今回も、15名が初参加ということで、

ますますご縁が広がっています。



主催者として、

今後の展開が楽しみです!



*同会の詳細については、以下の記事をご参照下さい。


Vol.1349「“ファースト・ペンギン”を目指し、“やった人にしか分からない経験”を積み重ねる」
http://bplan.seesaa.net/article/440582676.html


Vol.1745「絆が深まるほど、場(=地域)の魅力もアップする」
http://bplan.seesaa.net/article/453104198.html


Vol.1844「“振り返り”と記録”が、進化・成長へとつながる」
http://bplan.seesaa.net/article/455394114.html


****************************************


仕事をする上で、

目標も持たず、ただやみくもに

与えられた作業をこなすことは、


あたかも、

目的地を定めず

手漕ぎボートで大海を漂っているようなもの。



漕げども漕げども

達成感も充実感も得られず、

自己成長にもつながらず、


やがて

漕ぐことすら億劫になってしまうでしょう。



そんな状態が続けば、

仕事に対するやりがい

なんて感じられるはずありません。



したがって、

仕事にやりがいや充実感をもたらすためには、


(自分なりに)目標設定することが不可欠


だと考えています。




とはいえ、

せっかく立てた目標も、


先送り思考や成り行き思考や他責思考によって

ないがしろにしてしまっては、

まったく意味がありません。



1つ1つの目標を達成するのかしないのか、

その差はかなり大きいもの。



目標設定したからには、


何としてでも達成しよう、やり切ろう、こだわろう


というマインドと、

そのための具体的な行動が、

その人の成長につながる

のではないでしょうか。




かくいう私(安野)自身、

自ら設定した目標に対して

気が緩みかけていたので(!?)、


自戒を込めて

書き記してみました。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 仕事にやりがいや充実感をもたらすためには、

  (自分なりに)目標設定することが不可欠。

■ 目標設定したからには、

  何としてでも達成しよう、やり切ろう、こだわろう

  というマインドと、そのための具体的な行動が、

  その人の成長につながる。










posted by 安野 広明 at 21:22| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。