2018年03月23日

Vol.1950「リーダーは、“自分の言葉”で語らなければならない」


昨日は、

致知出版社主催の『徳望塾』に参加。



今回のゲスト講師は、

全日本柔道男子代表監督の井上康生氏でした。



井上氏といえば、現役時代、

シドニーオリンピック金メダルを始め、

世界選手権と全日本選手権で3連覇を果たした

絶対的エースであり、


現在は、指導者としても

目覚ましい結果を残されている

日本柔道界を代表する人物です。



名刺交換等で

私(安野)と同じ歳だと分かり、

とても親近感がわきましたので、


2020年の東京オリンピックは、

柔道男子を応援したいと思います!(笑)


****************************************


致知出版社の藤尾秀昭社長もおっしゃっていましたが、

井上氏は、


言葉を表現する力に優れている(=言語化する能力が高い)


と感じます。



どちらかというと、

無口なイメージを持っていたので、


選手や柔道界のことについて

細部に渡るまでご自身の言葉で言語化され、


時にユーモアを交えながら

流暢にお話しされていたのには驚きました。



おそらく、常日頃から、

選手たちにも自分の言葉で語り、

対話していらっしゃるのだと思います。



だからこそ、

はじめて監督をつとめられた

リオオリンピックでも、

見事な結果を残されたのでしょう。




リーダーたるもの、

自らの言葉で話す力を磨かなければならない。



今回、改めて、

強く認識できました。



私自身、当ブログや朝礼等の場を通じて、

引き続き、

自分の言葉を磨いて参ります!




以下、井上氏、藤尾社長のご講義の中で、

心に残った言葉(一部のみ)です。



▼ ちょっとの差でメダルの色が変わる。

▼ いかに覚悟が持てるか。腹をくくる。中途半端ではダメ。

▼ ゴールまでの過程で、楽なことはない。どれだけ耐えられるか?

▼ ルールを守らない選手は、罰する。責任を取らせる。

▼ 超一流選手は、特別なことをやっている訳ではない。

  当たり前のこと、小さなことの積み重ね。

▼ 自分にしかできないことを、突き詰めて伸ばす。

▼ 短所・弱点から目を逸らさない。

▼ 一流と二流の差は、準備力。

▼ 準備はネガティブに、試合はポジティブに。

▼ 効率と非効率のバランスが重要。

▼ 人間は、10年経つと基礎工事ができる。

  20年で道の入り口に入る。30年で道の風景が見えてくる。

▼ 1つのことをコツコツやっていると、不思議なことが起こってくる。

▼ 現実は、否定しても肯定してもダメ。容認しなければならない。

▼ 教育とは、心に火をつけること。




ちなみに、今回で、

『第7回徳望塾』は最終講。



半年間、本当にたくさんのゲスト講師に

学ばせていただきました。



*ご参考


Vol.1921「AOKIホールディングス青木会長から教わった、学び続けることの重要性」
http://bplan.seesaa.net/article/457075685.html


Vol.1893「日本一の旅館・加賀屋の女将に学ぶ、おもてなしの神髄」
http://bplan.seesaa.net/article/456450480.html


Vol.1858「“やり切る社風”を生み出すために」
http://bplan.seesaa.net/article/455702807.html


Vol.1829「徳望塾”での学び〜トップリーダーの条件」
http://bplan.seesaa.net/article/455057119.html


Vol.1796「その話し、自分ごと”として聞いていますか?」
http://bplan.seesaa.net/article/454312978.html




もちろん、これらの学びを、

単なる知識で終わらせたのでは

意味がありません。



これから先、

様々な経験を積むことによって、

講師から教わった言葉の意味が腹落ちする

なんてこともあるでしょう。




そして、そのためにも、


とにかく一歩踏み出し、実践すること


に、こだわり続けたい。




そのように考えています。




・・何はともあれ、

致知出版社の皆様、ありがとうございました!








posted by 安野 広明 at 22:05| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。