2018年03月11日

Vol.1938「“名演出家”への道は、1歩ずつの積み重ね」


昨日は、


「経営者やリーダーは、

 “演出家”としての技量を磨く必要がある」


と書かせていただきました。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1937「“名経営者”は、“名演出家”である」
http://bplan.seesaa.net/archives/20180310-1.html



今日は、その続きです。




実は、私(安野)には、

「会社経営」とは別に、

「演出力」を磨くべく、

試みていることがあります。



それが、

「次世代リーダーの会」(*)です。


http://annokaikei.com/leader



こちらは、

会費なし、縛りなしの、

メンバーの自主性に基づく勉強会

でして、


私が一方的に話すのではなく、

参加者が発表&意見交換するスタイル

をとっています。



まさに、1人1人が「主役」なのです。



既に5年以上、毎月開催していますが、

任意参加ということもあり、


定例会に、人数が集まることもあれば、

ほとんど集まらないこともある(汗)

といった感じ。



ただ、個人的には、

1ヵ月に1度、

メンバーと対話する時間(約2時間)の中で、


「自分自身を定点観測している」

ようなところがあって、


その場に向き合いながら、

「1ヵ月前の自分よりは、着実に成長できた」

と思えるかどうかを、

自己省察しています。


(いまのところ、毎月、成長できているはず!?)




それはさておき、

当会では、過去に6回ほど、

市内の若者向けに講演会を企画・運営してきました。


*ご参照下さい → http://annokaikei.com/leader



毎回の講師選びは、

代表の私が担っていますが、


それ以外の、

「集客」、「会場設営」、「司会」、(最初の)「挨拶」などは、

経験のためにも、あえてメンバーに割り振っており、


私は裏方に回って、

全体を俯瞰するよう心がけているつもりです。



そして、その際、


▼ ご来場者(毎回、約150名〜200名)への配慮、

▼ メンバー1人1人への配慮、

▼ 講師への配慮(← かなり重要)、

▼ 全体的な時間調整 等々、


毎回、目に見えないところで、

それなりに苦労しております(汗)。



ただ、同時に、

講演会の主催を通じて、


「演出家」としての技量が

かなり鍛えられてるな〜


と、感じるのも事実です。




これが「会社経営」の場合には、

講演会のような短期間のプロジェクト

とは異なり、


長い時間軸を持って、

演出に力を注ぐことができます。



とはいえ、それ故にマンネリ化し、

演出に対する意識が薄れてしまうことが多い

のも事実です。



この点をクリアできるかどうかは、経営者が、


「どんな舞台演出(=未来像)をイメージできているか?」


にかかってくるのでしょうね。




・・「名演出家」への道は、

1日1日、1歩ずつの積み重ね

だと思います。



「役者」としても「演出家」としても未熟な私は、

「会社経営」と「次世代リーダーの会」の両方で、


引き続き、

演出の技量を磨いていくつもり。




ちなみに、

今年も、6月に「次世代リーダーの会」主催で

講演会を開催します。



私は今回も、

「演出家」に徹する予定です(笑)。



講演会の詳細については、また後日、

当ブログでご案内いたしますので、

もうしばらくお待ち下さいませ!


****************************************


【本日のまとめ】

■ 講演会を主催すると、

  「演出家」としての技量がかなり鍛えられる。

■ 「会社経営」において、

  演出に対する意識を高く保てるかどうかは、

  「どんな舞台演出(=未来像)をイメージできているか?」

  にかかっている。

■ いずれにしても、

  「名演出家」への道は、1日1日、1歩ずつの積み重ね

  ではないだろうか。









posted by 安野 広明 at 20:34| 島根 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。