2018年03月04日

Vol.1931「これから出会うすべてが、自分自身”をつくっていく」


以前、ある方から、


「自分自身”とは、これまでに出会ったすべての総合体」


だと教わりました。



ここでいう「すべて」には、

出会った「人」、「モノ」、「出来事」など、

あらゆるものが含まれます。



つまり、

この世に生を受けて現在に至るまでの

出会いの中で、


何か1つでも欠けていたなら、

少なくとも


「いまの自分」にはなっていない


ということです。



「自分自身」を言い現す言葉として、

とても分かりやすい説明だと思います。




もしもこの表現が正しいとすれば、

もう1つのことが言えるでしょう。



それは、


「これから出会うすべてが、自分自身”をつくっていく」


ということ。



そして、その出会いの多くは、

「自分の意志」で選択することができます。




どんな「人」に出会うかに関しては、

例えば、

(家庭や職場の顔ぶれは変わらないにしても、)

休みの日を使い、会いたい人に会いに行くことはできる

でしょうし、


直接会うのが難しければ、

ネットを通じてつながることだってできるでしょう。



また、1人1人とのご縁を大切にしていれば、

その先にある出会いに恵まれる

なんてことも起きるはずです。




どんな「モノ」に出会うかは、

例えば、

スマホを四六時中いじっているのか、それとも

書店に足を運び、本を一冊手に取るのか。



これなんかも、自分で選べますよね。




どんな「出来事」に出会うかについては、

もちろん不可抗力で不幸な出来事が起こる

こともありますが、


それを自分がどのように解釈し、行動につなげるか

によって、


次に起きるであろう出来事は

変わってくるはずです。




いずれにしても、

どんな出会いが待っているかは、自分次第ですし、


それらの総合体が「自分自身」となっていく

という感覚は、

持っておきたいもの。




1年後、3年後、5年後に

どんな自分になっているのか、

これからの出会いが楽しみです!


**************************************


【本日のまとめ】

■ 「自分自身」とは、これまでに出会ったすべての総合体である。

■ これから出会うすべてが、「自分自身」をつくっていく。

  そしてその出会いは、「自分の意志」で選ぶことができる。










posted by 安野 広明 at 19:11| 島根 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。