2018年03月03日

Vol.1930「伝える努力”は、会社にとっての生命線」


過去のエントリ(*)で、


「いくらよいものでも、

 相手に価値が伝わらなければ

 それは価値が無いのと同じ。


 したがって、

 商品・サービスの売り手側としては、

 “売る”のではなく、“伝える”

 という感覚を持つことが重要」


と書かせていただきました。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1919「価値を伝える際に不可欠となる、“与える”スタンス」
http://bplan.seesaa.net/archives/20180220-1.html



今日はその続きです。




「会社」と「お客様」とをつなぐ立場にある社員さんは、

商品・サービスの価値をお客様に伝えるための


「媒体」、「触媒」としての側面


を有しています。



言い換えれば、

社員さんが会社の商品・サービスの価値を理解し、

お客様に伝えようと行動しない

(「媒体」として機能しない)限り、


会社がどんなに時間とお金をかけて

商品・サービスの付加価値を高めたとしても、


「宝の持ち腐れ」になってしまう

ということ。



したがって、経営者は、

何度もしつこく社員さんに

商品・サービスの価値を伝えなければならない

ですし、


それを受けた社員さんは、

何度もしつこくお客様に

商品・サービスの価値を伝えるように

努力する必要があります。




そして、その際、

いきなり相手に100%伝わることを期待しても、

それはなかなか難しい・・。



昨日のエントリで書かせていただいたように、

「長い時間軸」を持ち、


少しずつ、1歩ずつでもよいので、

伝えるための行動を

積み重ねていくことが大切でしょう。



時には、

3歩進んで2歩下がる

こともあるかもしれません(汗)。



しかし、もし仮に、


「このお客様(社員)には、これ以上言っても無理」


と感じたとしても、


伝え方を工夫したり、

手を変え品を変えしたりして、


価値が伝わるよう工夫改善すべき

だと思います。



何がきっかけで

相手にスイッチが入る(=価値が伝わる)かは、

分かりませんので・・。




とにかく、


「どうすれば、もっとお客様に価値貢献できるだろうか?」


を真剣に考えて、


(社員さんやお客様に)伝えることを諦めたり、


「これ以上は無駄・・」と

自己限定しないことが重要です。




そいうった、

経営者および社員の

「(商品・サービスの価値を)相手に伝えようとする努力」が、


「会社にとっての生命線」


だと考えています。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 社員さんは、商品・サービスの価値をお客様に伝えるための

  「媒体」、「触媒」としての側面を有している。

■ 経営者および社員の「相手に伝えようとする努力」が、

  「会社にとっての生命線」である。











posted by 安野 広明 at 22:33| 島根 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。