2018年02月28日

Vol.1927「一流の人、器の大きい人の特徴」


昨日は、

「大阪・松岡会」(*)に参加。


*ご参照下さい。 
   ↓
Vol.1830「大阪・松岡会”での学び〜優しさのオーラをまとう」
http://bplan.seesaa.net/article/455081306.html



強行スケジュールでしたが、

尊敬するタニサケの松岡会長から

直々にお誘いいただいたので、


「ハイ! か Yes! か 喜んで!」
 

の精神で(笑)、足を運びました。




今回のゲスト講師は、

新宿調理師専門学校の校長であり

和食伝承家の、上神田(かみかんだ)梅雄先生。



上神田先生は、

約7年前に校長にご就任後、

毎朝8時に、自ら学校の入り口に立って

生徒たちに挨拶していらっしゃる

そうです。



そして、そのベースには、


生徒は専門学校にとってのお客様

でもあるのだから、

先生たちが偉そうにするべきではない。


もしも

生徒が挨拶してくれないなら、

まずは自分(=先生)たちが実践すべき


というお考えがあるのだとか。



なるほど、言われてみれば、

その通りかもしれません。



ただ、就任当初は、

他の先生からかなりの反発・抵抗を受け、

時には複数の先生がクーデターを起したことも・・。



それでも、粘り強く

継続された結果、

いままでとは見違えるほど

校風が変わったとのことでした。



トップの率先垂範が

組織に良い影響をもたらす

というのは、

どんな世界でも同じなんですね〜。




また、個人的に、

上神田先生のお話しの中で

興味深かったのは、


銀座の一流和食料理店で

料理長をされていた頃のエピソード。



そこは著名人がよく訪れるお店で、

お客さん同士が

裃(かみしも)を脱いでくつろぐことも多く、


必然的に、その人の「ありのままの姿」を

目のあたりにします。



そして、当時を振り返り、


「偉そうな人はたくさんいるけど、

 本当に偉い人は少ない」


とおっしゃっていました。



社会的な地位はあっても、


「お金を払っているから自分が偉い」


と勘違いしている、

チンピラみたいな人(!?)が多かったそうです。



ただ、割合的には少ないけれども、

成功されている著名人の中には、


お店に対しても偉ぶらず、

謙虚な態度を取られる方がいた

とのことでした。



一流料理人目線での

こういったお話しを聞いたのは

初めてだったので、


「そういうものなんだな〜」

と、深く考えさせられます・・。




そして同時に、やはり、

一流の人、器の大きい人

というのは、


▼ 相手によって態度を変えない、

▼ 陰日向なく、誰とでもフラットに接する、

▼ いつも謙虚さを忘れない


などといった特徴を持っているものだ


と、私(安野)自身、

これまでの出会いを振り返りながら、

改めて思った次第です。




その他にも

たくさんの気付きがございますが、

それらについてはまたの機会に。



上神田先生、そして貴重な機会を与えて下さった松岡会長に、

心より感謝いたします!


*************************************


【本日のまとめ】

■ トップの率先垂範が

  組織に良い影響をもたらすというのは、

  どんな世界でも同じ。

■ 一流の人、器の大きい人というのは、

  相手によって態度を変えない、

  陰日向なく、誰とでもフラットに接する、

  常に謙虚さを忘れない、

  などの特徴を持っている。









posted by 安野 広明 at 23:06| 島根 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。