2018年01月06日

Vol.1874「人は、人に喜ばれることによって幸せを感じる」


先日の、

『コメディ・クラウン・サーカスin益田』(*)

の開催を通して改めて思ったのが、


人は、人に喜ばれることによって「幸せ」や「やりがい」を感じる


ということです。


*ご参照下さい。   
   ↓
Vol.1872「第3回コメディ・クラウン・サーカスin益田”は、無事に終了しました!」
http://bplan.seesaa.net/archives/20180104-1.html




イベント終了後、

会場から出てきた子供たちが

満面の笑みで喜んでいる姿

を見れただけで、

私(安野)自身、本当に幸せな気持ちになれました。



と同時に、

集客のために

ポスターの掲示をお願いしたり、

保育園にチラシを配ったり、

ケーブルテレビに出演してPRしたりと、

エネルギーを使いましたが(笑)、


開催できて良かったな〜と、

やりがいを感じることもできました。



とりわけ、

こういったイベントの場合、


参加者の反応がストレートに伝わってくるため、

分かりやすい(=「幸福感」や「やりがい」を感じやすい)

というのもあるかもしれません。




そして、この、


人は、人に喜ばれることによって「幸せ」や「やりがい」を感じる


という事実は、

イベント以外の仕事(=本業)

に置き換えても同じです。



誰しも、仕事を通じて、

相手(=お客様や他のメンバー)に喜ばれた時にこそ、

「幸せ」や「やりがい」を感じるもの

だと思います。



とはいえ、仕事の場合、

イベントほど分かりやすくはありません。



むしろ、

仕事の成果によって

お客様に心から喜んでもらうこと、


言い換えれば、

お客様から「ありがとう」をいただくことは、


決して楽ではないし、

ハードルは高いと言えましょう。




それでもなお、

仕事の成果で

たくさんの「ありがとう」をいただけるよう

努力することこそが、

楽ではないけれども、幸せに近づく道である・・



今回のイベント運営を通じて、

その想いが、確信に変わった気がします。




ちなみに、

弊社の経営ビジョンは、


「たくさんの“ありがとう”を集め、日本の中小企業を元気にする!」


ですので、

社員さんの「幸せ」や「やりがい」へとつながるこの道を、

これからも邁進して参ります!


******************************************


【本日のまとめ】

■ 人は、人に喜ばれることによって「幸せ」や「やりがい」を感じるもの。

■ 仕事の成果で

  たくさんの「ありがとう」をいただけるよう

  努力することこそが、

  楽ではないけれども、幸せに近づく道ではないだろうか。










posted by 安野 広明 at 21:22| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする