2017年12月17日

Vol.1854「気付くのが遅かった・・では済まされない!?“変化への感度”を上げましょう」


iphoneが世の中に登場して、

今年で10周年だそうです。



インターネットはもちろんのこと、

LINEやFacebook、電子決済や音声案内など、

もはやスマートフォンは、

現代人にとってなくてはならない存在

となりました。



10年前、ここまで環境が変化することに

気付けていた人は、

どれだけいらっしゃるでしょうか?



過去を振り返ってみて初めて、

変化のスピードに気付かされる人が

ほとんどだと思います(私を含め)。




このように、人は、

変化の真っただ中にいる時には、

変化に気付けなかったりします。



なぜなら、ある日突然、

環境がガラリと変わる訳ではなく、

じわりじわりと変化しているから。



地殻変動は、

深いところで起きているのです。



そして、もちろんそれは、

今も、現在進行形で起こっています。




もしも


「代わり映えのしない日々だ・・」


「今日と同じ明日がやって来る・・」


と感じているとすれば、

それは単なる錯覚に過ぎません。



その人が、

「気付けていない」だけです。



そして、ここでいう「その人」が、

会社の「経営者」や「リーダー」であるとすれば、

その組織はちょっとマズイかもしれません。



環境の変化によって、

魚のいなくなった(=ニーズの無くなった)ポイント(=市場)で、

いくら魚釣りを頑張ったとしても、残念ながら、

その努力は報われないですよね。



やはり

トップやリーダーが、

変化への感度を高め、

自分たちがどこへ向かうのか指し示すこと。



まずは、それこそが求められる

のではないでしょうか。




少なくとも

ゆでガエル状態(*)にはならぬよう(汗)、

緊張感をもって仕事に取り組みたいものです。




自戒を込めて。





* 熱いお湯にカエルを入れると驚いて飛び跳ねる。

  ところが常温の水に入れ、徐々に熱していくとその水温に慣れていく。

  そして熱湯になったときには、もはや跳躍する力を失い飛び上がることができずに

  ゆで上がってしまうという例え(インターネットより引用)。


********************************************


【本日のまとめ】

■ 人は、変化の真っただ中にいる時には、

  変化に気付けないもの。

■ トップやリーダーが、変化への感度を高め、

  自分たちがどこへ向かうのかを指し示すこと

  が求められている。









posted by 安野 広明 at 18:50| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする