2017年11月23日

Vol.1830「大阪・松岡会”での学び〜優しさのオーラをまとう」


昨日は、

タニサケの松岡会長からのご案内により、

『大阪・松岡会』に参加。



この会は、


▼ タニサケ塾(*)での学びの実践を継続し、

▼ 感動を共有し、

▼ 異業種交流する


ことを目的とし、

昨年起ち上がりました。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.980「“タニサケ塾”体験記 その1」
http://bplan.seesaa.net/article/423107785.html


Vol.981「“タニサケ塾”体験記 その2」
http://bplan.seesaa.net/article/423151676.html



私(安野)は初参加だったのですが、


松岡会長を起点として

同じ価値観を持つ皆さんとご縁が繋がる、

素晴らしい会でした。



参加者(約40名)の

レベルの高さにも、驚きです(!)



そんな中、懇親会の席では、

松岡会長からのご指名により、

代表で感想発表をさせていただくことに・・(汗)



少し緊張しましたが、

これもまたよい経験。



お招き下さった松岡会長に、

感謝いたします!




昨日のゲスト講師は、

熊本で愛される、トタン屋根のケーキ屋、

ア・ラモート代表の新本高志さん。


*HPはこちら → http://www.aramoto.jp/



体から、謙虚さや優しさが滲み出ていらっしゃる、

本当に素敵な方でした。



新本さんは、

お客様に元気を届けるため、

県内各地への自転車販売(↼自動車ではありません!)

をモットーとされており、

時には、50キロ離れた場所から注文が入ることも・・



それでも、

自分が決めたこと、

約束は守ることを貫いて来られました。



その過程においては、

様々なご苦労があったようです。



そういった難儀なことを、

「ありがたい」と捉え、乗り越えて来られた

新本さんだからこそ、


優しさのオーラを身にまとっていらっしゃるのが、

お話を聞いて、よく分かりました。



自分はまだまだ未熟ですが、

新本さんのようなオーラを目指したいと、

心から思います。



以下、新本さんのお話しの中で、

印象に残った言葉(一部)を

書き記します。


▼ 間に入った人(=ご縁を繋いでくれた人)を疎かにした時、間違いは起こる

▼ 反省とは、成長のチャンス

▼ 心の中の自分と直視して、約束を守る

▼ 子供にとって身近な存在である親が、約束を破ってはダメ

▼ 自分の仕事にどれだけ誇りを持っているか?

▼ 自分が辛い時、隣の道が明るく見えることもあるが、選んだ道を歩いて行く

▼ 続けることは、新しい

▼ 辛いこと、きついことは、互いに分け合い、励ましあった方がいい

▼ 心の偏差値を高める=優しさ

▼ 人よりも少し頑張ることはできる

▼ 1人1人が信念を持って生きていれば、どんなに辛くても光り輝くことができる

▼ 自分1人ではなく、仲間の心の仕組みを知った上で、寄り添っていく

▼ 感動のある職場や人生

▼ 人にも感謝、自分にも感謝

▼ 心が折れそうな時、映画のワンシーンだと思うようにしている


などなど・・



本日は、備忘録ということで。








posted by 安野 広明 at 20:51| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする