2017年11月22日

Vol.1829「徳望塾”での学び〜トップリーダーの条件」


昨日は、

致知出版社主催の『徳望塾』に参加。



毎回、経営者としての「あり方」

を見つめ直すことのできる、

貴重な時間です。




昨日のゲスト講師は、

ジョンソン・エンド・ジョンソンやフィリップスなど、

数々のグローバル・エクセレント・カンパニーで

経営を担って来られた、

新将命(あたらしまさみ)氏。



<おすすめ本>

『心に火が付く! 最強のリーダー力』(新将命 著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4537261684/

『王道経営――勝ち残る企業だけがやっていること』(新将命 著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4478101655/



勝ち残る企業の創り方や、

トップリーダーに求められる条件

などをテーマにご講義いただきました。




その後は、

致知出版社の藤尾秀昭社長のお話しを拝聴。



とりわけ、


「何事も、続けていると不思議なことが起こる」


という言葉には、

自らの実体験も重なり、ハッとさせられました。




新先生、藤尾社長、ありがとうございます!




『徳望塾』終了後は、

元〇〇証券のI氏と、

地元の経営者2名と私(安野)の4名で会食。



I氏は、証券マン時代、

数千億単位のお金を動かしていらしたそうで、


私が生きている世界とは別次元のお話しに、

終始、興味津々でした。



いや〜、世の中、

まだまだ知らないことだらけです・・(汗)




以下、新先生の講義の中で、

印象に残った言葉(一部)を書き残します。



▼ 会社を潰さないことが、トップリーダーの最大の責任

▼ 成功(失敗)する会社はなぜ成功(失敗)するか? → 成功(失敗)するようにやっているから

▼ 勝ち組会社は、価値生み会社

▼ 社会責任の中で一番大事なのは、税金を払うこと

▼ 顧客満足を満たす主役は、社員

▼ 魚も組織も、頭から腐る

▼ 人ザイには、人財、人材、人在、人罪の4つある

▼ 人財と人在の差は、指示待ちかどうか?

▼ 8割は人在で、自ら仕事をつくることができない

▼ 人は、論理によって説得され、感情により動く

▼ リーダーとは、リードする人、人を導く人

▼ 人がついて来なければ、リーダー足りえない

▼ 人間の最高の欲求は、自己実現欲求

▼ トンネルの先に光が見えているか? → 理念、方向性 

▼ 利口な会社は、過去の経験から学ぶ

▼ 日本の会社は、PDCのC(=チェック)が苦手

▼ 人は結局、思った通りの自分になる

▼ 人は、想像を絶するくらいに他人の影響を受ける

▼ まずは自分がやる → 真似する人が出てくる → 会社の中に吹く風(=社風)が変わる 

▼ 会社の品質は、社員の品質の総和

▼ 会社育ては人育て、人育ては自分育て


などなど・・




本日は、備忘録ということで。








posted by 安野 広明 at 22:22| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする