2017年09月09日

Vol.1755「情報に埋もれぬよう、1日1日を自分の中に刻み込む」


スマホの普及に伴い、

どこにいても、

インターネットを通じた過剰な情報

にさらされるようになりました。



ある調査によると、現代人は、

平均的に1日170回スマホに触れている

のだとか。



1回1分だとしても、

1日のうちの約3時間が

インターネットの世界とつながっている・・



これが現代人の

平均的なライフスタイル

ということになります。




もちろん、

スマホによって

便利になったし、情報処理能力が高まったし、

プラスの面を数え上げればきりがありません。



ただ、大きなデメリットとして、


上記のような環境に慣れてしまうと、

情報過多ゆえに、常に気が散り、


立ち止まって考えることが難しくなる


という点があります。



もしも、このまま、

自分の頭で考える時間が奪われ続け、


過剰な情報に埋もれて

日々がなんとなく過ぎ去ってしまうとすれば、


それは、非常にもったいないことです。



いくらお金をかけても、

過ぎた時間は取り戻せませんので・・




したがって、私(安野)は、

1日1日、立ち止まって、


その時の自分なりの思考を自分の中に刻み込む


ために、

こうしてブログを書き綴っているつもり。



過去のエントリを見れば、

これまで(=4年半以上)の思考の形跡が

分かりますし、

当時の心境が、一瞬で蘇ります。




立ち止まることが難しい時代


だからこそ、あえて(半強制的にでも)、


立ち止まることに価値がある。



ブログでも日記でも何でもよいので、

その(=立ち止まる)ための習慣を持つことは、


これから先、

ますます重要性が増してくる

ような気がしています。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 情報過多ゆえに、常に気が散り、

  立ち止まって考えることが難しくなっている。

■ 立ち止まるのが難しい時代だからこそ、

  立ち止まって思考することの価値が増してくる

  のではないだろうか。










posted by 安野 広明 at 19:50| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする