2017年08月11日

Vol.1726「“心の起動”を早めるという発想」


仕事の成果は、

準備段階でほぼ決まる

と言われます。



そして、

「心の起動」が早ければ早いほど、

意識のアンテナが立ち、

準備も早まり、成果につながるはずです。



ここで

「心の起動」というのは、

あたかも車のエンジン始動のようなもの。



車を発進させる前に、

「暖機運転」といって、

しばらくエンジンをかけたままにしておく方が、


車に負担がかからなかったり、

燃費がよくなったり、

出発後がスムーズにいく

のと同様(?)、


実際の仕事に入る前に

「心の起動」をしておくことで、


▼ 来週訪問するお客様のために、いまのうちから〇〇の準備をしておかないと


とか


▼ 今度あのお客様には、〇〇のアドバイスをしてみよう


などといったことに思いが致り、


結果として

漏れやミスを無くし、かつ、お客様に貢献し、

成果を上げることができるのです。




逆に、

「心の起動」が遅い人は、


カーナビに目的地を入力する余裕もなく、

どれくらいの時間を要するかも正確に把握せず、


エンジンかけると同時にドタバタで出発する


ようなもの。



これでは、

冷静さに欠け、十分な準備が為されず、

目の前の仕事に追われる結果となります。



もちろん、

事故(ミス)に遭う確率も高まるでしょう。



とても

その道のプロとは呼べませんよね。




そして

「心の起動」を早めるための方法としては、


▼ ことあるごとに手帳やカレンダーを見てスケジュール確認する習慣を身に付ける、


▼ 早起きして、始業前には完全なる仕事モードに切り替えておく


などが考えられます。



いずれも

プロとして当たり前の内容かもしれませんが、


コンスタントに仕事の成果を出すためにも、

常に心がけておきたいものです。




特に、連休中は、

仕事モードが完全オフになる人がほとんど

だと思いますので、


連休明けの「心の起動」は、

できるだけ早めに行いたいですね(笑)。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 「心の起動」が早ければ早いほど、

  意識のアンテナが立ち、

  準備も早まり、成果につながるはず。

■ その道のプロとして

  コンスタントに仕事の成果を出すためにも、

  「心の起動」を早めることは

  常に心がけておきたいもの。










posted by 安野 広明 at 06:50| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする