2017年07月17日

Vol.1701「“思考の深掘り”にブログを活用する理由」


当ブログも、

昨日で、Vol.1700に達しました。



4年半以上、

毎日書き続けた計算になります。



4年半と言えば、ブログを書き始めた当時、


産まれたばかりの赤ちゃんは幼稚園の年中組となり、

小学校に入学したばかりの人は5年生となり、

中学校に入学したばかりの人は高校2年生となり、

大学に入学したばかりの人は卒業して社会人となっている、


そのくらいの期間。



まあ、期間を当てはめてみただけですが、

上記のように置き換えて考えると、


「けっこう継続できとるな〜」


と、ちょっと悦に入れます(笑)。



当面の目標は、2000日。



これからも

致知出版社の藤尾秀昭社長に教わった、

「在平素(=平素に在り)」の精神(*)で、

1日ずつ積み重ねて参ります!



*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1010「“特別”に惑わされない、すべては“平素”にあり(=在平素)」
http://bplan.seesaa.net/article/424833962.html


******************************************


ご存知の通り、同じ「ブログ」でも、


▼ 読者が元気になるようなブログ

▼ 知識やプロとしての見識を詰め込んだ、情報源としてのブログ

▼ 営業・集客目的のブログ

▼ 日記的なブログ


などなど、

その内容は様々です。



いずれも「ブログ」というツールを用いて

情報発信する以上は、

何かしらの目的があるはずですが、


個人的には

ブログを書く目的は人それぞれでよい

と考えています。




ちなみに、私(安野)の場合は、

8割方、「自分の思考を深める」ことが目的。

(あと、たまにセミナー案内も)



もちろん

読んで下さった方に対して、

多少なりとも何か参考になれば・・

という想いは常に持っています。



また、ブログを通して、

弊社の社員さんに私の想いや考えが伝われば・・

と願っているのも事実です。



ただし、主目的はあくまで、

「自分のため」

でございます(すいません!)。




そのように書くと、


わざわざブログを使わなくとも

思考を深めることはできるのではないか?


と思われるかもしれません。



確かに、

他にも有効な方法はあるのでしょう。



にもかかわらず、

私がブログを活用している理由は、

「文字化」と「強制力」の2つ

にあります。




まず、「文字化」についてですが、

人は、常に頭の中で思考しています。



そうすると、

ブログや日記など書かなくとも、

自分は常日頃、充分に考えている

という気になるものです。



しかし、多くの場合、それは


考えているのではなくて、ただ思っているだけ


であって、しかも、


グルグル同じようなことを思っている


のだとか。



したがって、

思考が先に進まなくなります。



ところが文字として書き出していくと、

いったん書いたことををまた書き続ける

ということはしないはずなので、


書いている内に思考が進む(深まる)


訳です。




また、もう1つの「強制力」の方は、


誰にも見られないプライベートの日記だけだと、

手を抜いたり、続かなくなりがちなところ、


ブログという、

「誰かに見られる」

という環境をつくり出すことで、

継続につながり、結果として、


思考の深掘りが習慣化できる


というメリットがあります。




私の場合、

上記の2つの理由から、

自らの思考を深めるためにブログを活用しており、

これからも続けていくつもり。



思考を深く掘り下げたい人にとって、

「ブログ」はおすすめのツールです。




以上、何かのご参考までに。


***************************************


【本日のまとめ】

■ 人は、多くの場合、

  考えているのではなくて、ただ思っているだけ。

■ また、誰にも見られないと、

  手を抜いたり、継続できなくなりがち。

■ 「文字化」と「強制力」の2つによって

  思考を深めるためにも、

  「ブログ」は有効活用できるのではないだろうか。










posted by 安野 広明 at 22:55| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする