2017年06月18日

Vol.1672「行動を加速させるなら、“見切り発車”くらいが丁度いい」


昨日は

『相田みつを美術館』(*)へお邪魔し、

相田一人(かずひと)館長にご挨拶&(簡単な)打ち合わせ。


*ご参照下さい。
   ↓
http://www.mitsuo.co.jp/museum/index.html



相田館長は、言わずと知れた

書家の相田みつを先生のご長男でいらっしゃいます。



1991年に先生が亡くなられた後、

『相田みつを美術館』を開館されました。



私(安野)は、当ブログのタイトルである

「一生勉強 一生青春」を

作品から拝借していることからお分かりの通り、

相田みつを先生のファンでして、

美術館へは何度も足を運んでいます。



毎回、

その時の心の状態によって

自分に響く作品(=言葉)が変わり、

新たな気付きが得られる、

貴重な場(=パワースポット!?)の1つです。



今回、相田一人館長とのご縁は、

以前より懇意にしていただいている方からのご紹介

で生まれました。



10月には、

弊社の経営計画発表会の基調講演の講師として

お招きします。



ちなみに、打ち合わせの結果、

ご講演テーマは


「一生勉強 一生青春 〜父、相田みつをを語る〜」


になる予定。



私の一番好きな言葉を入れていただきました(笑)。



とても謙虚なお人柄で、

相田館長に益田で再会できるのが

いまから楽しみです!


****************************************


上記の通り、弊社では、

10月に経営計画発表会を開催します。



対外向けに実施するのは、

33期目にして初。



しかも、相田一人館長を

ゲスト講師としてお招きすることに決めました。



外部会場(発表会&懇親会)も、既に押さえてあります。




これだけ聞いた方は、もしかすると、


自社の経営計画書に余程自信があり、かつ、入念な準備がなされているんだろうな〜


と思われるかもしれません。



いや、私自身、そうであって欲しい・・。



しかし、正直に申しますと、

ざっくりとしたスケジュール以外、

現時点ではほぼ白紙の状態です(汗)。



むしろ

まだまだ経営計画書を使いこなせていないし、

社員やお客様に対しても説明不足だし、

若干、焦っている状況。



完全に、見切り発車でございます。



もちろん

当日ご参加いただく皆様に失礼のないよう、

これから急ピッチで仕上げていきますけど。




何が言いたいかというと、

いままでにやったことのない新しい取組み

を、スピード感を持って行動に移すには、


「完璧な準備ができてから」ではなく、

「見切り発車」くらいが丁度よいのではないか


ということ。



これまでも、

自分が講師を務めたセミナーで、初開催のものは、

ほとんどすべて、

やることを公言してから本格的な準備をしています。



一定の負荷はかかりますが、

そうやってゴールを決めて公言し、

逆算の思考で準備をすれば、

確実に行動が加速するからです。




もしも

いまよりも行動にスピードをつけたいのであれば、

この「見切り発車」効果を活用してみては

いかがでしょうか。




ということで、

私の場合、しばらくの間は

経営計画書で頭がいっぱいになりそうです・・


**************************************


【本日のまとめ】

■ いままでにやったことのない新しい取組みを、

  スピード感を持って行動に移すには、

  「完璧な準備ができてから」ではなく、

  「見切り発車」くらいが丁度よいのではないだろうか。

■ ゴールを決めて公言し、

  逆算の思考で準備をすれば、

  確実に行動が加速する。








posted by 安野 広明 at 19:12| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする